2009/10/12

2009ツアー・満員御礼、松山シュガービレッジ・・・  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往


松山シュガービレッジ2009、
満員御礼!

クリックすると元のサイズで表示します

喋っております。

クリックすると元のサイズで表示します

マイクを持つとついつい長くなる前置きの某・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
話してる間にもどんどん入場されて遂に入口の外にまでお客様が溢れる・・・凄い活気

このブログの読者には御馴染みの光景ですが、、、、
よく見ると、ボサボサだった一昨日の横濱ジャズプロムナード2009から一転、頭がスッキリとカットされております。

激走1000キロの後でチョコチョコっと美容室へ行ってサッパリしたところです

髪もサッパリとしたところで、いざ、スタート!

クリックすると元のサイズで表示します

今回で16回目となる松山シュガービレッジ。
出演会場は毎度御馴染みの「キーストン」。
この付近は一軒置いた隣には「モンク」、向かいのビルには「スタンダード」とシュガービレッジの会場が密集している。
「モンク」では久し振りに再会したキャッシーこと桑原恵子(vo)が地元のピアニスト栗田敬子のトリオで歌っている。
後の打ち上げで久し振りに三人揃って思わず昔話に華が咲いた。そういうお年頃(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
シュガービレッジ、特にキーストンでの魅力はこの超至近距離での演奏の迫力につきる

クリックすると元のサイズで表示します

今年のシュガービレッジは少しだけ内容が変わっていた。
キーストンのマスターでもありドラマーでもある櫻井さんが昨年暮に突然倒れた。
この時は本当にみんなびっくりしたが、さすがドラマーで身体を鍛えていたのが幸いして約三ヶ月の入院で見事に復帰。
しかし、大事をとって目下少しずつペースを元に戻しているところだ。

クリックすると元のサイズで表示します
松山のモダンジャズの牽引者であり、やはりこのシュガービレッジの華でもあるドラマー櫻井康夫さん

今年は1セットの中で櫻井さんともう一人、同じキーストンにレギュラーで出演している若いドラマー河北洋平と二人で分担してもらった。

松山は人口50万の地方都市にも関わらず、プロのジャズ・ミュージシャンがたくさんいる。櫻井さんしかり、ホームページで紹介している堤宏文さんしかり。NHKの四国本部がある事もあって昔は管弦楽団もあり、街にはキャバレーやクラブ、ライブハウスなどミュージシャンの仕事場も多かった。

一番ラッキーだったのは、当時は四国の片隅で中央からは辺鄙な土地という事もあって、いろんな音楽の仕事を地元のミュージシャンを使って行う土壌が先人達によって築き上げられていた事。
同じ規模の地方都市でも東京や大阪からミュージシャンを呼んでいた街にはそういう土壌が根付かなかった。

そして何よりも(僕もその一人だが)、街中にジャズ喫茶が多かった為か、そのままジャズの登竜門を学生時代に開ける若者も多かった。かつては狭い街にある13、4軒のジャズ喫茶がそういうミュージシャンの溜まり場で、やがてそれらがコーヒーからお酒にシフトした店に更新されて現在の姿がある。

クリックすると元のサイズで表示します
ピッチリと埋まった客席との至近距離がまた演奏側の醍醐味

クリックすると元のサイズで表示します
渡部由紀(p)赤松(vib)吉岡英雄(b)そして櫻井康夫(ds)のオリジナルメンバー

クリックすると元のサイズで表示します
第一セットと第三セットが僕らの出番。第二と第四セットはキーストン火曜日レギュラーのバンド「ぞうじるし」が登場。

クリックすると元のサイズで表示します
超至近距離でマレット(バチ)の軌跡を追ってはいけません・・・・・なぜなら。。。

クリックすると元のサイズで表示します
デジカメのシャッター速度でもこの通り、グルグルに目が回りますぅ。。

クリックすると元のサイズで表示します
第三セットの冒頭ではヴィブラフォン・ソロで、先週岡山の奈義町現代美術館でやったような“お題拝借”による完全即興演奏を二つ行ってみた。
美術館とはまったく雰囲気が異なる中でなんとか“出題者”から拍手を頂けた。

クリックすると元のサイズで表示します
櫻井さんのサポートとして参加してくれた河北洋平(ds)

クリックすると元のサイズで表示します
もはや松山のジャズ界の重鎮、吉岡英雄(b)

クリックすると元のサイズで表示します
紅一点、キーストンレギュラーの渡部由紀(p)

クリックすると元のサイズで表示します
第三セットは河北洋平(ds)入りの編成からスタート

クリックすると元のサイズで表示します
第一、第二セットに続いて第三セットも立ち見の盛況

クリックすると元のサイズで表示します
そして後半はベテランドラマー櫻井さんにスイッチ

クリックすると元のサイズで表示します
御来場いただいた皆様に感謝!!

終演後はあと1セットあるので、ちょっと歩いて5分ほどの「グレッヂ」にTock-pang(とくぱん)を観に行った。TOJ、ぱんそに、hisakuni、そしてyuccoのいつもの四人組が温かい音を出していたのが心地良かった。

松山シュガービレッジにお越しいただいたみなさん、運営スタッフのみなさん、そして素晴らしいミュージシャンのみなさん、お疲れさまでした。
そして、ありがとう!

さてさて、明日(ほとんど本日)は松山から大阪へ移動です。

■10月13日(火)午後7時30分-
クリックすると元のサイズで表示します

大阪・ミスターケリーズ/赤松敏弘(vib)宮下博行(p)デュオ!+ 森川奈菜美(vo)

○出演会場: 大阪・西梅田「Mister Kelly’s」
  大阪市北区曽根崎新地2-4-1ホテルビスタプレミオ堂島1F
  アクセス:地下鉄西梅田駅、JR東西線北新地駅徒歩3分。JR大阪駅徒歩10分。
  http://www.misterkellys.co.jp/index.html
○出演者:赤松敏弘(vib) 宮下博行(p) ゲスト:森川奈菜美(vo)
○料金:前売り3.000円 / 当日3.500円
○予約:06-6342-5821(ミスターケリーズ)
 予約PC  http://www.misterkellys.co.jp/index.html
 予約携帯 http://www.misterkellys.co.jp/mobile/

乞うご期待!

世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、ちょっぴり秋用に衣替え・オフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

秋のライブツアー決行中!!
詳細はコチラのブログにも → 『秋到来!ツアー情報』(09年9月4日のブログ)


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ