2010/3/3

美味しかった今年の“冬”・・・  水曜:これは好物!


「明日(3日)は“あられ”食べる日だよね」
っと言ってはばからない市川さん。

「えーっ?だってそれは雛あられだから女の子のもので僕らは食べないよー」と僕。
そうだ、そうだ、と二本柳、上野両氏も続く。

「いいの。ウチは全部そういうのありにしてるの」と市川さん。

たわいもない会話とは裏腹に、演奏が始まると別人28号に変わる市川さん。
相変わらずミラクルだ。

クリックすると元のサイズで表示します
市川秀男(p)Trio w/赤松敏弘(vib)@横浜・エアジン Mar/2/2010

詳しくはエアジンのマスターうめもとさんの“うめブログ”を参照。
http://umemotomusica.jugem.jp/

市川さんのトリオが先行。メンバーは、

クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ同じ時期から東京で演奏活動を始めた熊本出身の上野哲郎(b)

クリックすると元のサイズで表示します
気が付いたらこの世界でドラムを叩いてた(本人談)北海道出身の二本柳守(ds)

僕は出番まで楽屋で休息。本日はこの後、市川さんとデュオがプログラム。(っと言っても“さっき”言われた/笑)
譜面を見て確認(何をやるのかもさっき言われたばかりなので大慌て/笑)したりトリオを聴いたりしてたら、何やらマスターがこちらにカメラを向けていたような気がした。
複雑な市川さんの譜面を追ってた最中なので愛想する暇は無かったが。。。

この日のデュオの一部分が“エアジン”の動画にあった。市川さんの綺麗なオリジナル曲。

市川さんとデュオを始めてもう随分になるけど、毎回発見の連続だ。同じやり方の演奏を繰り返した事がない。この日は「伴奏、ギターみたいに弾けるといいんだよなぁ」と後でしきりに言ってた。

などと“うめブログ”をチェキラしていますと・・・

やっぱし!

ジャズメンの“気配サーチャー”を侮ってはいけません。
演奏中もそうでない時も、常にアンテナを張って“気配”には敏感なのだ。
だから、ジャズメンになりたけりゃ“音の気配”に敏感になりなさい。
鈍感な人は向いてません。
なんせ演奏中に何が起こるか、一寸先は神のみぞ知る世界ですから。。

さっき“うめブログ”を見たら楽屋姿が・・・(それにしても素早い更新だなぁ)

ならばお返し!

クリックすると元のサイズで表示します
うめブログの本人、うめもとさん。カウンターの中で何やら真剣・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そんなこんなで超速攻テンポから地を這うようなバラードまで、デュオ・トリオ・クァルテットと変幻自在な市川さんのライブは快調に終了。

午後11時10分に楽器を積み込み横浜を後に。

。。。

途中、第三京浜に入ってから雨とは言えぬ霧雨が舞う感じで、このところ雨マークの連続で唯一今日は雨無し日。晴れ男だし、やっぱし。
などと、快調に飛ばす夜の第三京浜。
市川さんが乗った上野君の車としばらくの間併走するが、途中から合流する車もあって、いつの間にかそれぞれのペースで。

このカーブを登ればそろそろ僕の降りるランプが近づいてくるはずなのだが・・・・

が・・・

が・・・

ありゃりゃ。。。

前方でポンピング・ブレーキとハザードが点滅。。。

あれよあれよ、という間に、三車線の第三京浜上り線は車で埋まって動かなくなってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでに何の警告も表示も無かったのに、この停まり方。
これはついさっき、前方で何かトラブルがあった状態特有の停まり方で、過去に何度も経験している。

午後11時半近くとは言え、深夜の帰宅ラッシュの時間帯。まして第三京浜は東京と横浜を結ぶ超幹線自動車専用道。東京から客を乗せて神奈川各地に向ったタクシーが一斉に戻る時間帯でもあるので、あっと言う間に渋滞5キロ。

クリックすると元のサイズで表示します

停まったままピクリとも動かない。
寒いと思ったら外の気温は4℃。道理で楽器を積み込んでいる時に白い息が出るハズだ。

クリックすると元のサイズで表示します

午後11時24分。
停まった車内でボーっとするのもなぁ、と思って外を見たら、ちょうど追い越し車線に市川さんが乗った上野君の車が停まった。若かりし頃は、こういうシチュエーションがあるとついつい悪乗りしたものだけど、大人しく手を振ってどちらが先に流れるかに身を任す。
こちらは次のランプで降りるので真ん中の車線を走っていたのだけど、どうやら一番左の車線がこの先で閉鎖されているようだ。

側道をさっきからパトカー、レスキュー、消防車、などがサイレンを鳴らしながら抜けて行く。
後ろからJHの広報車が事故の状況をアナウンスしながら抜けて行った。
単独事故、この先車線規制中。

なんとなく流れだしたのは午後11時45分過ぎ。
それでも停まったりノロノロ進んだりの繰り返しで、結局三車線の内、二車線が規制され今度は合流渋滞。現場を通過するのに三十分掛かった事になる。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライバーのみなさん、くれぐれも安全運転で。

そんなこんなで帰宅はそのまんま三十分遅れの午前0時半。


さてさて、本日の本題・・・

季節の上では「春」。
でも、まだ白い息が出るくらいだから「まだまだ冬」。

残念ながら先月で「春シリーズ」へと転換した今年の「冬」が実に美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します
『季節の吹き寄せ弁当・冬の彩2009-2010』(日本レストランエンタプライズNRE大増製)
http://www.nre.co.jp/

3月1日からは「春」シリーズに衣替えしたNREの季節の吹き寄せ弁当。
昨年暮から2月いっぱいまで販売されていたのがこの『冬の彩』。
もうすっかりココでは御馴染みの駅弁メーカー、日本レストランエンタプライズの近年の駅弁の中でもベストと呼べる出来栄え。

最初登場した時から先月まで何度口にした事か。
それだけ今回の「冬」は美味しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ふんだんに使われた蟹。
そのアレンジがまた楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

何も余計な事を書かなくても、見たまんまの美味しさなんですから。はい。
ここには蟹の爪。そしてもう見ただけでお約束のカニサラダ。

クリックすると元のサイズで表示します

揚げ物コーナーに添えられた青梅がピリッとしたアクセントに。実にサッパリ。
ここには蟹が天麩羅で。

クリックすると元のサイズで表示します

煮物コーナーはNRE大増の真骨頂。本家大増の煮物よりも旨い、と我が家でも評判。特に「さといも」が・・・・っうーん、たまらん!

クリックすると元のサイズで表示します

もう文句なし!
この蟹ごはん、本当にこれ、メインでした。
味付けも上品で、蟹の風味を生かしたバランスの良さが光ります。

ああ、、、

今年の冬は、、、

実に美味しかった。。。

春シリーズは早速来週JRを利用する時に試してみましょうかねー。
楽しみ。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャル(?)なつぶやきTwitter
赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ