2010/3/9

白・黒ハッキリさせなさい! ってグレーに塗ってるんですけど・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


ツイッターを導入した途端に掲示板が復活していました(笑)。今月に入ってずーっと落ちてたのに。。。
こんな状態で表示が安定しない掲示板ですが、よく見ると移設してからでも今年で9年目。ある意味歴史(?)。しばらくの間はツイッターの補間役として温存させます。


対してツイッター導入によってブログの「拍手」機能を廃止しました。
今年に入って試験的に導入していたのですが、シャレも含めて御利用いただいたのが対アクセス数の2-3割。週末は一気に増えますがそれでも半分に満たないものでした。
さらに困ったのが「拍手コメント」機能。

これ、管理画面では「削除」しか操作出来ませんから、いただいたコメントを保存する方法がありませんでした。また、この「拍手コメント」はHTMLに対応しておらず、せっかく教えていただいたソースのURLに飛ぶのも手動入力というロートルなもの。ツイッターの機能で十分補えるとの判断から(もちろん本来のコメント欄でも十分)この「拍手コメント」は機能を停止しました。
ちょっぴり遊びが無くなってしまいましたが、その分はツイッターで盛り上がりましょう!

ブーイング

休暇分散化案。
一体誰の為の何の発想でしょう?
こんなに狭い国土では必要ありませんね。
御都合主義もいいとこです。
東京のイベントに北海道の人も九州・四国の人も来れなくなるっていう単純な不可解がわからないかなぁ。。
とにかく、こんな無駄な事に貴重な時間を使ってほしくないですね。



先週のNewsweek。
地球温暖化疑惑。みんなどこかでそう思ってませんでしたか? 突然ゴア氏の発言を擁護する形でピックアップされた地球温暖化。
それに拍車をかけるように先週「恐竜絶滅は小惑星の地球衝突による気候変動による説」がクローズアップ。
そもそも、凍土で発見されたマンモスの胃の中からツンドラ気候には生息しない植物が多数見つかっていた事は僕らでも子供の頃から知っている。
これは草木が枯れるよりも早くマンモスが急速冷凍された事に他ならない。
そんな温暖化はないしそんな大変化は地球外の影響と考えるのが妥当。

もしも人類文明による温暖化は恐らくこれが初めてという事で過去データ無しの推論。
推論で警鐘を鳴らすのは悪いとは思わないが、マンモスの矛盾をどう説明するのか疑問だった。

クリックすると元のサイズで表示します

同紙では地球温暖化で示された気候変動を予測するグラフのホッケースティックに疑惑を持ち、その部分からこれまでの温暖化論の矛盾をあぶり出しにかかった。
「でたらめ」とまでは言わないが、少々過剰に見えているのも事実。
みなさんはどう思われるだろうか・・・



最近はちょっぴり「色」に目が行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
このところ「赤」の車が増えた。撮っている僕の車も「赤」。近所で信号待ちのこのカット。小田急バスも赤白ツートンなので信号待ちの車全部が「赤」色仲間。。

最近になってようやく生活の中で認識する「色」がしっかりと主張しはじめました。

電車に乗ればこれまでホームだけにあった黄色の警戒ラインが電車内のドア付近に使われて視認性が格段に向上。そして、なによりもそれは「色」使いに関するセンスが垢抜けて来た証拠。これはこれで良い事だと思っています。

まぁ、これからどんどん「色」によるメッセージが生活の中で浸透して行くのでしょう。
東京ではそれが日常で触れる公共の場に目立ってきました。

首都高速を走っていると、急カーブのところの路面全体がオレンジ色に塗装されてきました。
日ごろよく使う首都高4号新宿線だと、びっくりするほど鮮やかなオレンジ道路が代々木の大カーブに出現しました。

→首都高速リアルタイム道路交通情報http://www.shutoko.jp/map/realtime.html

路面がオレンジでラインが白、警戒ゾーンはそれが黄色に。
そんな「色」の上を走っていると、視認性のせいか目の奥が涼しくなります。
これまで道路というのはアスファルト色かコンクリート色でしかなかったから、ドライバーとしての認識に「オレンジの上を走る」というデータが無いのですね。
だから走る度に新鮮な気分になります。(僕だけか?)
なるほど、これから急カーブとかは「オレンジ」たぜー!山ちゃん。

所変わって、こちらは一般道の山手通り。

クリックすると元のサイズで表示します

対向車にも「赤」。
それは関係ないんですが・・・

この路面。
実は写真よりも遥かに不自然な色なんです。

クリックすると元のサイズで表示します

何と申しましょうか・・・・
小学校の頃、絵を描いた時に道路を「グレー」の絵の具で塗る、あの感じ。。。

一見するとまるでグレーのペンキやラッカーで路面を塗ったような感じ。
それに白のラインですから、いかにも作り物、いや、道路は元々作り物なんですが、絵に描いた道路の上にいる気分。

クリックすると元のサイズで表示します

それも、塗ってから「あっ! ちょっとグレーにしちゃ白っぽく塗りすぎちゃったかなぁ、、っま、いいっか!」みたいなやや浮いた感じの明るめのグレー。

僕はどうにもこの上を走っていると昔の遊園地にあったゴーカートに乗ってるような気分になってしまうんですね。

グレーゾーン。

恐らく視認性だけでなく、道路の破水効果などの実験をやっているのでしょうが、このグレーゾーン、目黒警察のまん前だったりします。。。(笑)
或いは交差点全体をこんなグレーゾーンにする計画でもあるのだろうか?

そしてちょっと走ればこの通り、グレーゾーンは終わって、僕もゴーカート場の気分から日常のありふれた光景の中へと戻って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
左と右の道路の色の差。かなりのものです。

あっ!

思い出した!

この色。
免許センターなんかで配られるあの「安全運転のしおり」みたいな本に出て来る道路の色そのものじゃん!。

ぬぬぬ、、、そっちがその気か!って(笑)
だから警察署の前がグレーゾーンなわけ、、、ないでしょ。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ