2010/3/16

駅を出たらそこから一気に・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


初めての場所に行くと、まず駅を目指します。
どんなところなのかも駅を見れば大体の想像がつきます。
街には代表する駅が一つしかない所もあれば二つも三つもあるところもあります。
複数ある時は下調べをして、一番中心とされる駅前を目指します。

大半の街は代表となる駅は一つなので、取りあえずは都市名と一致する名の駅前に立てばよいのです。

この性格は子供の頃からの習慣と言うか流儀のようなもので、デパートなんかに行っても、まずは「正面玄関」を探します。違う入口から入ったりするともう一度正面玄関から入り直したりします。いや、こればかりはマジに。
物には「顔」があって、その中でも正面というものには何か主張や特徴があるもので、そういうものをチェックしてから中身を探索したい主義なんでしょうね。

郊外型のショッピングモールでも同じです。
ただ、横移動が長いので、うっかり正面じゃないところから入ったりすると・・・・家人とかは半ば呆れ顔ですが・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ここはどこでしょう?

地元の人以外でココが何処なのかがわかる人はよっぽどの「栗」好きです!間違いない。。。

この「栗」はかなりのヒント。

正解は岐阜県・中津川市。

中津川と聞いて、ウチの家人などは思わず顔がほころんでしまう。
なぜ?

理由は簡単。

「栗」の名産地。そして「栗きんとん」発祥の地である事。

関東方面、関西方面の人でご夫婦やカップルで秋にフラリと出掛ける場所に困ったら、どうぞ中津川を目指してください。御婦人方が最高の笑みを浮かべてくれますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
JR中央線中津川駅

中津川に着くとこの光景が迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

東京方面からだと塩尻で乗換えて、名古屋方面からだと名古屋から、どちらにしてもこの街へのアクセスの主役は特急『しなの』。新幹線じゃないところが実にいい!
車だと中央道の中津川IC。

まぁ、駅前からして家人ウケの様相でして。。。

クリックすると元のサイズで表示します
僕なんかはこういう国鉄時代を色濃く残したコンクリートとステンレス製の民衆駅と呼ばれた構造の駅舎に心が浮かれ、夢中でバシバシ写真撮ったりするんですが・・

クリックすると元のサイズで表示します
実にいい!シンプルな駅舎。JRになってから建替えられたものは仕方ないとしても、こういう本来の姿そのままの駅舎が珍しくなってしまうほど高度成長期に立てられた駅舎は改装されてしまった。

家人の目は・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

駅前ロータリーに駅舎と並んで建つ観光案内所とプチ物産館のような建物の方向へ・・・

やっぱし!

クリックすると元のサイズで表示します
栗きんとん!!

。。。

そもそも家人がこの中津川市に興味を持ったのも、何度となく通る中央高速道で長距離移動の気分転換に沿線にあるサービスエリアを毎回違うところに入って楽しんでいた頃に「恵那サービスエリア」で見つけた中津川名産の「栗きんとん」がドンピシャ!
その後一緒に名古屋へ行った時も栄の丸栄百貨店( http://www.maruei.ne.jp/ )で再びその「栗きんとん」とお目にかかり、以来家人の頭の中には中津川と入力するとダイレクトに「栗きんとん」が反映されるらしい。

家人お気に入りの店はコチラ→「川上屋」http://www.kawakamiya.co.jp/

実はこの川上屋、旧街道・中仙道沿いに本店があり、そちらを尋ねた。
まぁ、よくもまぁ、これだけ栗だけでメニューがあるなぁ、と思わんばかり。
O型でこういう時に迷い出したら止まらない性格の家人を見かねて、「それじゃぁ、この右から左全部下さい」と事態を収拾に。
それだけ栗は御婦人方の思考能力を翻弄させてしまうほどの好物のようだ。

本店に寄る前に中津川インター方面にある川上屋の支店にも行った。
街中からは随分と離れている場所なのに、まぁ、店内は黒山の人だかり。

買い物するにも規制ラインが敷かれる始末で、これじゃ落ち着いて買えやしない、と。
ちょうどシーズンだったからかもね。

そのシーズンには「栗きんとんめぐり」マップが配布されて市内の栗菓子屋めぐりツアーまである。
ちょうど行ったのがこの時とぶつかったので大混乱だったのだ。

興味がある人向けの「栗きんとんめぐり」PV→http://kurikinton.info/special.html

クリックすると元のサイズで表示します

栗ネタはともかくとして、駅を出たら駅前通りがずーっと上り坂という街のレイアウト、意外に僕は好きだな。信州・松本市がそうで、駅前から初めて眺めた時の印象は30年以上経っても変わらない。

この中津川市も、駅前から見える道は延々と上り坂だ。
但し、急激な上りじゃなく、緩々に上り坂な点が松本と同じくお気に入りだ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんかこう、街の中の緩々の坂道って、ちょっと温かい感じがするのですよ。
街は平らなところが好きですが、緩々に上昇するその先の方が自然と視線に入る「遠近法」みたいなレイアウトに弱いのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは旧中山道。「川上屋」本店の帰りに通ってみました。
緩やかな傾斜地に街が広がっていて、線路に対して垂直方向は駅前からずーっと上り坂、平行する中山道などは平らな通りに。

クリックすると元のサイズで表示します

この信号を左折すると中津川駅方向。
うーん、プラザホテルかぁ。。。ネーミングが渋い。

クリックすると元のサイズで表示します
駅方面へは緩い下り坂

クリックすると元のサイズで表示します

夕暮れが迫りヘッドライトを点灯した車が行き交う坂道の駅前通り。
駅に送り迎えに行く車でしょうか。さっきよりも少し交通量が増えた気がします。
駅が街のランドマークとしてちゃんと機能している光景です。
不思議とこの光景を見るだけで気持ちが温かくなるのでした。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ