2010/5/11

便利になって上も下もじゅーたい・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


「便利になった首都高速」

ETC登載車優遇の首都高速。
このまま政権が代わって全国の高速道路のETCサービスが復活するといいねぇ。
上限2000円策なんて後々増税の布石になるような愚策はいらないから。

首都高速のETC利用率は先月の段階で88%に達しているそうです。
様々な割引サービスの効果もあるでしょう。

しかし首都高速は今年の内に値上がりします。一律900円。
ETC登載車は区間料金制度によって短距離なら割引になります。
6キロ区切りらしい。で上限が900円。

その為のショートカットの施策なのでしょうか、中央環状線の中央道と東名高速を結ぶ区間が3月下旬に開通。

クリックすると元のサイズで表示します

東京の西から都心に入る中央道と首都高4号新宿線、東京の南から都心に入る東名高速と首都高3号渋谷線。これらの道を行き来する時、従来なら新宿も渋谷も通り越して皇居の周りを周回する都心環状線を経由(ただでさえ車の多いJR山手線の内側まで入り込まなければならなかった)しなければならなかったのが、新宿や渋谷まで行かずに手前のジャンクションでショートカットして繋がるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します
新規開通区間は西新宿ジャンクションと大橋ジャンクションの間

僕は首都高新宿線を頻繁に利用しているので従来車で行くのがとても億劫だった渋谷方面に行くのが随分楽になった。また富ヶ谷から先の目黒方面へも10分前後の余裕が生まれて開通と共に重宝していた。

この中央環状線の大橋ジャンクションから北行の路線が開通した事で東名高速と中央道、東北道、ちょっと途中の経由区間はあるが関越道、常磐道とも従来渋滞常習路線の都心環状線を経由しないで行くことが出来るようになった。

新規区間に直結する中央環状線の西新宿から北(池袋方面)では、開通後通過車両が開通前の倍近くにあたる6万6千台になったとされ、逆に渋滞常習地区だった都心環状線の霞が関付近の通過車両数は12万台から10万台に減ったとされ、確かに渋滞緩和に役立っているかに見える。

しかし、、、

冷静にこの数値を見れば渋滞緩和になったのは2万台で新たに1万台増えたと考えるべきではないかな?

従来、東名高速と中央道の間を結ぶ一般道で一番重要だったのは山手通りでもなく、環七でもなく、環八でもなく、実はもっと外周を走る国道16号線なのだ。
横浜と八王子、その先は川越、さいたま、柏、とそれぞれ高速道路と密接な関係がある。
そこからの流入が意外とあるように思う。

ともあれ、便利になったのはいいのだけど、、、、
スイスイと流れていたのは開通直後の数週間。

それが、徐々に・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

黄昏時の首都高新宿線。
この時間帯か正午過ぎの時間帯の利用が殆ど。

クリックすると元のサイズで表示します

新宿手前の初台で新宿線の本線から側道へ分岐。

クリックすると元のサイズで表示します
本日は低い雲のため高層ビルの上階は雲の中・・・

一路本線を跨ぐため側道はビルの10階付近まで一気に上昇。

クリックすると元のサイズで表示します
この先右に曲がれば東名方面、左に曲がれば東北道方面

こちらは東名方面に右折し、そこからは一気に地下5階くらいまで急降下・・・

クリックすると元のサイズで表示します

落ちます・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

落ちます・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まだ落ちます・・・・

っんで、

落ちた先は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

じゅーたい!

クリックすると元のサイズで表示します

僕はこのちょっと先の“富ヶ谷ランプ”ですぐ地上に出るのですが、この数百メートルが最近渋滞でノロノロになっているのですね。

イライラしても仕方ないので気晴らしに何か・・・

おっと、こんなショットはどーでしょー?

クリックすると元のサイズで表示します

題して「バックミラー越しの渋滞」。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん動かなくなってきました。
どアップになんかにしたりして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか面白い画じゃないですか?

などと、渋滞停止で遊んでおりますと・・

クリックすると元のサイズで表示します

やっと“富ヶ谷ランプ”なりぃ。。

気を取り直してドライバーズ・モードで地上への誘導路を上がります。

・・・・っと

クリックすると元のサイズで表示します

上(地上)の山の手通りも渋滞中・・・

結局便利になるという事は、そこに新たな流入動を生むだけで、結果渋滞の場所が変わっただけで同じ数の車をどうにも処理出来ないのでありました。
後日、今度は中央環状線を使わずに地上の山の手通りを走ってみましたが、こちらも以前と変わりない交通量で昔からと同じ場所で渋滞。

新たな道路は、開通と同時に新たな渋滞常習地区を大深度トンネル内にまた一つ作ってくれたのでありました。。。

っま、便利と聞くと人が殺到して混乱を招くだけで、なかなか真の実力が発揮できない、というものでありますね。どんな世界でも。

いっその事、「この道、ムッチャ不便ですよー」って宣伝して渋滞緩和策にした方が効果あったりしてね。


いよいよ迫る!

東京地方限定で僕もゲストでマリンバを弾くゾ!

■松島美紀Marimba Sensation〜グランドマリンバの魅力〜
■日時:5月16日(日) 開演14:30〜(開場14:00〜)

■場所:アトリエ「ひらり」 東京都大田区・鵜の木
■料金:¥3000- (お茶菓子付き)
■出演:松島美紀(Mar), ゲスト:赤松敏弘(Mar)
■予約電話 03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちやまで)
■予約メール hirari-hitomi@mbp.nifty.co( ) ←最後のカッコのところに小文字のmを入れてcomで送信して下さい。ジャンクメール対策の為お手数をお掛け致します。

★アクセス
東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)。線路沿い徒歩8分。
クリックすると元のサイズで表示します

・・・おなじみの日本歌曲からオリジナル、ジャズ、ボサノヴァ、洋楽ヒットナンバーまで幅広く、楽しいサンデー・アフタヌーン・ライヴを予定しています。
そしてそして、ゲストは、、、Vib奏者の赤松敏弘!が、な、な、なんとマリンバプレーヤーとして???登場!! 果たして、どんなマリンバ連弾になるのやら???乞うご期待あれ〜〜〜・・・
「コンサート解説より引用」

そない驚かんでもいいのに(笑)
これでもNHKデビューは学生の頃FMの「午後のリサイタル」というクラシックの音楽番組でマリンバが先なのだ(!)。

サンデーアフタヌーン・ライブの成果は続くレコーディングへとフィードバック。
マリンバ、これからの大変身にご注目ですゾ!


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ