2010/7/6

ファイナル・ミックス完了でアルバム二枚分の曲順案に埋もれながらマスタリングへ・・・  ■Produce Notes レコーディングルポ


昨夜は再び世田谷のクレッセント・スタジオ。
ファイナル・ミックス。
本当にこれが最後の最後。今回レコーディングしたアルバム二枚分全18曲のそれぞれの音に関して何か修正が行えるのは。

レコーディングはそれぞれの楽器の音をなるべく忠実に再現出来るように記録する時間。
演奏に満足が行かなかったとか、ちょっぴりミストーンがある、とか、そういう事も想定しつつ一つの曲で2回、又は気分を変えたテイクをもう一つで最大3回くらいのテイクが関の山。この中からベストテイクを選ぶ。
ジャズの場合はバンドであってもリズムトラック(ベースやドラムというリズムセクションのパート)だけを先に別録りすることはない。
全員が「せーの、」で演奏したものを使う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ポップスなどではこれらのリズムトラックは別に録音してその上にいろんなパートをアレンジしながら重ねて行くのだけど、ジャズの場合は演奏上での音によるコミュニケーションも重要な魅力なので全員が揃って音を出さないと成立しない場面が多い。演奏者同士がその瞬間に何を感じて音を発しているのかが「音」から聞こえて来なければジャズにはならないからだ。

なので演奏者はもちろんのこと、録音するエンジニアやスタジオなどはそれに対応出来る技術と設備を揃えないと目指したクオリティーで録音するのが難しくなるケースが多い。

クリックすると元のサイズで表示します

その為にはそれぞれの演奏者の輪郭を明確に分離する為に個別のブースに入って演奏するのがベストだ。

これまでのいろんな経験から、「あ、今の俺、最高に集中出来てたのにアソコで誰か転んじゃったねぇ」で没テイクにして何度も「やり直し」などしていると、時間ばかり過ぎて行き、やがては演奏者もエンジニアも疲れ果ててしまって良い録音にはならない。
別にミストーンのひとつもない演奏を目指すのが目標のレコーディングではない。
記録すべき大切な事はもっと他にたくさんある。

演奏はエキサイトしていても頭の中はもっとクール。クールな部分のない録音は後で聴くと疲れてしまうのだ。演奏者の心理で言えば演奏した時は「特別に何かやったと言うよりも自然に演奏したなぁ」というレベルの録音が後にベストになる。
「やった、やった」的にその時に盛り上がった録音は「浦島太郎が玉手箱を開ける寸前」なんだ。
時間が経つと・・・・、これ以上言うまでもない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海外のジャズの録音の中で飛びぬけた録音を思い起こしても皆クールだ。
「熱さ」だけのセッションは結局本当にその場限りのセッションでそれならライブハウスで聴けばいい。

さて、そんないろんなテイクをミックスでは一つ一つ清音して再び目の前のスピーカーから新たな「音」として飛び出させる作業がどれだけ大変なのかは想像を絶する。

まぁ、ミュージシャンは演奏してナンボのものでその時は「集中」するものだけど、「後はヨロシク!」とか言ってサッサと立ち去って行く。「あ、なるべく上手に聞こえるようにお願いしまーす」とかってセリフを付け足しながら(笑)。

上手に聞こえたければ上手に演奏しろぃ! と僕なんかは思うのだけどね(爆)

このクレッセント・スタジオにある卓(録音用の機械)はフォーカスライトというメーカーのもので都内でも2つくらいしかない。
ある種特殊だと思うけど、演奏したニアンスが他の卓よりも生々しく記録出来ると思う。
だから上手さはさらに上手に、その代わりにヘボいと本当にヘボく聞こえる。
まぁ、それを平均的に聞こえさせる機械(コンプレッサー)もあるのだけど僕等の録音では極力使わない。自分が弾いたニアンスが機械で勝手に処理されてしまうからだ。

そういう特殊な卓だから演奏する側だけでなく、録音するエンジニア側も大変だ。演奏者と同じくらいプレッシャーがかかる。

そんなこんなで昨夜はミックス後にエンジニアの今関氏と何度かメールでやり取りした事を解決すべく作業。

今はメールがあるので、こちらが伝えたい事をつたない文章で送るとそれに対して改善策や修復した音源例を彼が送り返してくれる。昔だとこれがその現場で、どんどんその場の空気が悪くなるのも承知で、しかも専門外の事を言葉で伝えるのに四苦八苦したものだけどね。

いくつかの例を試してもらい、最終的に決めた音に確認しつつミックス。
これで本当に「音」の成形作業は終了だ。

クリックすると元のサイズで表示します
心強い相方、チーフエンジニア今関氏(左)とアシスタントエンジニア井澤氏、そしてフォーカスライトの卓@クレッセント・スタジオhttp://crescente.co.jp/

残るは週中のマスタリング。こちらは曲順なども決まりアルバムの原盤を制作する作業で音の整形作業になる。こちらは銀座のスタジオで行う。

さぁさぁ、いよいよ音の作業は大詰め。
マスタリングまでに曲順を決定しなければ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
赤松=今関チーム第一弾&第二弾完了なう

クリックすると元のサイズで表示します
アルバムA と アルバムB マスタリングまでにはアルバムタイトルも浮上するだろう。。。たぶん。

帰りにガソリンスタンドで給油したら、、、

クリックすると元のサイズで表示します

レギュラー1ℓ=125円。なかなか落ち着いた価格で景気も少し安定か?


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ