2010/7/13

新宿マンハッタンと東京のしっぽ・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


本日7月12日の首都高4号新宿線。。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

快晴とは行かないまでも今日は雨とは無縁の日になりそう。
九州や四国では大雨で甚大な被害が出ている。
被災された方には心からお見舞い申し上げます。

こうしてしょっちゅう眺めている新宿副都心。
さながら新宿マンハッタンと形容できるスケールになってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

首都高4号線からその全容が臨めるのは高井戸付近のほんの一瞬で、後は防音フェンスに囲まれてしまうから前しか見えない。

クリックすると元のサイズで表示します

ビル好きにはたまらない光景。
ビル好きって意外と周りにいて、ヴィブラフォンの弟子Asuka嬢も無類のビル好き。
まずは生活感のないオフィスビルや商業ビルである事。
なるべくストレートな直線で構成されている事。
できればガラス貼りとかでなるべく無表情な外装である事。。。

そういうビル好きの条件に一番あてはまるのが、やはり新宿の西口側、つまり副都心。
僕が新宿マンハッタンと勝手に命名しているエリアだ。

クリックすると元のサイズで表示します

新宿南口の携帯ビルは上手い具合に霞むとエンパイヤーステートビルもどきに。
その新宿マンハッタン目指して一直線に進む首都高新宿線はいつ通ってもワクワクする。

鉄分多め(鉄道好き)でさらに鉄筋コンクリート分も多め。
鉄道のターミナルでもある新宿が嫌いなわけがない。(笑)
鉄繋がりでお仕事の楽器も鉄琴(ヴィブラフォン)。
どうやら鉄分が僕の人生の基本のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、新宿を通り越すと次は霞が関を過ぎたあたりから落ち着かなくなる。

前にも書いた通り、霞が関ビルはいつも目で追って見つけるとホッとするくらい愛着がある。
日本のビル好きの聖地だ。

2010年3月30日のブログ『37階には男も部屋も無かった・・・超が付いた幸福な時代』→http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20100330/archive

クリックすると元のサイズで表示します
本日も無事に御対面、日本の超高層ビルの元祖・霞が関ビル

そしてもう一つ、やはりココが東京のランドマーク。

クリックすると元のサイズで表示します
東京タワー

地デジ電波を送信するようになって先端の形状が変わった。

クリックすると元のサイズで表示します
先端部の根元が円筒形に変わった東京タワー。地デジ関係のアンテナがあるらしい

多少印象は変わっても、やはりこれが一番のランドマーク。
東京の空へのしっぽだ。
首都高都心環状線は、夢多き古き良き東京ビューの名所だ。

そう言えば第二東京タワーことスカイツリーが湾岸地区からも見えると聞いた。
しかもレインボウブリッヂから。

ちょうど今日は通るので目を凝らしてみた。
すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ううん・・・

クリックすると元のサイズで表示します

どこだ?・・・

クリックすると元のサイズで表示します

意外と湾岸一帯は高層マンションが多くて隠れて見えないのか・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

おっ!カメラ
ひょっとしてサイドミラーの上のちょこんと見える・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱし。
スカイツリーでした。

ただし、写真よりも遥かに大きく肉眼では見えるのですが、なんと言いますか・・・
そのスタイルは御世辞にもカッコイイとは見えず、100均で売ってるような懐中電灯を縦にしたような・・・・。
新しい東京のしっぽとしては・・・ううん。。
まだ100%ではないから何とも言えませんが、どう考えても東京タワーのほうが美しいシルエットに感じてしまうのは僕だけだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
まだ開発中のベイサイド。東京の新しいランドマークである事に違いは無いが・・・

車中ではちょうど家を出る時に流し始めたニューアルバムの仮タイトル『AXIS』最終曲が始まるところ
この曲はもう少し夜の帳が降りて聞くといい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

明日はニューアルバムのジャケット写真のロケハンに出掛ける予定なのだが、空模様が・・・・ううん。。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter


auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ