2010/10/8

まな板の鯉のヴィブラフォン、今年はピアノも弾いちゃいました・・・  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往


無事東京に着いております。

。。。

ブログは整理の為に日付を10月8日にしています。

こういう時ツイッターは便利ですね。
告る事ができるから。

で、

10月7日、福岡の本番当日。

前日の片道移動距離最長記録更新も何のその。
朝起きて、天気も良いしちょいとホテルの近辺でもブラリとウォーキング。

クリックすると元のサイズで表示します
本番の会場兼宿泊地となったホテル・ニューオータニ博多。ステージと宿泊が一緒というのは実にありがたい



いけませんねぇ、福岡、いや天神界隈は。
ウォーキングしながらウォッチングなんですが、ついつい「あ、ここの裏には確か・・・」とか、「この先は何処に抜けるんだっけ?」などと、本来の目的のウォーキングを通り越して“街ぶら”状態。
多少は知っている街となれば、「その先はどーなってるんだ」と歩みを進めたくなるのが人情(?)
気が付けば「ちょっと」の枠を遥かに超えて90分。「ガッツリ」とウォーキングしちゃったし。。
いやはや、街をブラブラするだけでも楽しい福岡はいい。

この模様は後日レギュラーカテゴリーの火曜日“街ぶら街ネタ”にまとめてアップしようと思ってます。お楽しみに。

今日は午後(ゴゴイチ半)からの本番。
ホテルに戻ってシャワーを浴びる。

「午後12時半にセッティングとサウンドチェック」という予定。
只今午前11時半。

「午前10時にウォーキングに出掛けて、夜型人間なのにこりゃまた元気だねぇ」

と、呆れている全国一千万人の夜型人間諸氏、誤解しちゃぁいけませんよ。

本番が夜ではない時は、午前中からかなりのハイテンションを維持しないと本番の時の「閃き」が弱くなるのですね。
だからウォーキングなどは良いイントロダクション。
特に地方に行くと、その街を歩けばいろんな事がわかります。
これ、けっこう演奏者としては重要なんですね。

なので無事にウォーキングでハイテンション。いや、ハイテンションにさせてくれる街福岡、という事ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
宿泊している部屋に上げたヴィブラフォン。微調整も完了し万全の状態に。

待てど暮らせどなかなか来ない業務用エレベーター。
時間が時間だけにランチタイムでフル稼働中なので仕方ないですね。
満杯で何度か見送り、何度目かで潜り込んで無事会場に。
焦った。。

クリックすると元のサイズで表示します
ピアノのそばに佇む宮下博行(p)氏。ゆうべはこちらの知り合いと最後は屋台で〆たそうだ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

本日はカワイ楽器の講師さん達のイベントでの演奏。会場を埋める400人全てが音楽家なのだからこちらも気を引き締めて演奏。
しかも一部の曲の譜面を横の大きなスクリーンに投影しながら、というのだから、演奏中に真後ろから400人に譜面を覗かれている感じ(笑)。

「あら、やだー。このコード、こんなヴォイシングを使って弾いてるんだわ」とか、
「おやおや、このコードでそんなフレーズもありかい」みたいなー。

まぁ、それを提案したのは僕なんですが。。。
数年前のカワイ楽器の関西支部でのコンサートの時に、何か「目に見えて興味深いもの」は無いものか? と探っていたら「コレ」に到達したわけです。
ジャズとかはコードネームだけで殆ど譜面通りにやらない、という先入観を払拭する意味も、逆にこれだけの譜面でどうやって作り上げているのかを音楽家の視点でみてもらうには良い方法だと。

それでも、演目は突然変わったり、去年宮下さんとやった「お題拝借」(会場から最初に弾く音をリクエスト頂いて二人で同時即興的に演奏しながらまとめて行くインプロヴィゼーション)も飛び出したりで、会場は徐々にステージに近づいてくれたようだ。

宮下さんの知り合いの方が本番の写真を撮ってくださったようだ。
宮下さんから送られて来たので以下に公表。

クリックすると元のサイズで表示します
デュオは隙間がたくさんあるのでそれを聞きながら演奏するとバンドよりもスピード感や陰影が出る

クリックすると元のサイズで表示します
マイクを持てば二人ともなかなか離しません(笑)

二部の最初(40分×2回)では今回の隠し玉、宮下氏がヴィブラフォン、僕がピアノという入れ替わり作戦。
これが見事に的中。
その為にはステージに上がる直前まで宮下氏には内緒。

どうしても事前に伝えたりすると少しでもカッコ良くとか準備されたりで本当の面白さが無いのです。やはり「まな板の上の鯉」だから出来る事もあるのですね。

残念ながらその時の画像はありません。誰か会場で写した人がいたら画像募集します!

事実宮下氏はベースを普段機会があれば弾くのが趣味とか。
でもそれだとマジになっちゃいますから。

ジャズ演奏は「半分以上はまな板の上の鯉」でなければ面白くも何ともない。

いつ聴いても同じ演奏、同じ盛り上がり方なんて、ジャズには無いのです。
練習した事をそのまま発表するだけならジャズにリハーサルはいらないのです。

終演後は二人ともロビーでCD販売とサイン&握手の交換会。
たくさんの方にお買い上げいただきました。ありがとうございます。

僕等のプログラムが今回のイベントの最終演目だったようで、閉会セレモニーへと続きました。

カワイ楽器九州支部のスタッフのみなさん、そして会場に来られたみなさん、お世話になりました。ありがとう。
ツイッターで感想を寄せてくれた人もいたりして、これからもどうか宜しくです!

宮下氏は夕方の新幹線で大阪へ。
僕は流石にこれから1100キロは走れないのでもう一泊。

福岡にはいろんな知り合いがいるので連絡。
今回は一番久しぶりの人と再会。
聞けばホテルのすぐ近所、薬院に住んでいるとの事。
超ジモティーだ。

福岡でピアニストとして演奏活動している松竹由美子。

HPhttp://music-clef.info/matsutake/

岡山の学校の同窓だ。
だから三十年振りになる。

愛称は“ウメちゃん”(笑)
松竹梅のウメが抜けてるから“ウメちゃん”。
絶対に誰にもわからないニックネームだ。(笑)

数えるのも嫌になるほど久しぶりの再会。
会うとちっとも変わっていない。音楽に関わっているとみんなそうなのだ。

ちっとも変わらないペースでいろんな話しをし、お薦めの焼き鳥屋で乾杯!

クリックすると元のサイズで表示します
焼き鳥・だいふく(天神西)

ここの焼き鳥は旨かった。お酒のピッチが上がってしまって・・・(笑)

僕の俄か博多弁を「あかまつくんの博多弁ばおかしかー」(笑)
つかさず「ウメちゃんの日本語ばおかしかー」(笑)
あほトーク満載。

最後はやはり屋台でしょー。

クリックすると元のサイズで表示します

飲んだ後にラーメン。
絵に描いたような定番コース。

クリックすると元のサイズで表示します
うまかー、博多ラーメンば。

クリックすると元のサイズで表示します
三十年振りの“ウメちゃん”。ちっとも変わってない(笑)←なぜか笑ってしまうんだなぁ。

そんなこんなで盛り上がりました。

関係者のみなさん、ほんとうにありがとうございました。
福岡のみなさん、また会いましょう!

今夜は熟睡し、明日は一日かけて江戸に戻り、隣の横浜に出陣し、その足で伊予の国まで遠征じゃー!

■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)+佐藤浩一(p)+澤田将弘(b)+樋口広大(ds)=The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

只今先行予約受付中!(9/30現在)
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場

他のサイトでも順次予約が始まります。どうぞご利用ください。

CD発売記念ライブ良い席のご予約はお早めに!

★11月4日(木)19:10- (3set) 2800円+オーダー
六本木『サテンドール』 予約03-3401-3080

★11月10日(水)20:00- (2set) 3500円
横浜『KAMOME』 予約045-622-5357

★11月12日(金)19:30- (2set) 3000円
青山・外苑前『Z-Imagine』 予約03-3796-6757

出演:赤松敏弘The NewQuartet
    赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ds)
    ゲスト:井上信平(フルート)11/4のみ

プレ・リリース公演

★10月10日(日)14:20-15:20 横濱ジャズプロムナード2010 出演会場:ヨコハマNEWSハーバー
 出演:赤松敏弘The NewQuartet

★10月11日(祝・月)20:00- 22:00- 松山シュガービレッジ2010 出演会場:キーストン
 出演:赤松 + 渡部由紀(ピアノ)高橋直樹(ベース)河北洋平(ドラムス)

★10月15日(金)17:30-18:30 新宿・西新宿三井ビルサロンコンサート2days
 出演:赤松敏弘(ビブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)SUPER DUO

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの公演も宜しく!
 10月16日(土)15:00-16:00 新宿・西新宿三井ビルサロンコンサート2days
 出演:松島美紀(mar)マリンバ・ユニット(with峰尾未紀/mar) ゲスト:赤松敏弘(vib,mar)


ライブ、イベントの詳細はコチラ→公式ホームページhttp://www.vibstation.com/

たくさんの御来場をお待ちしています。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラフォン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ