2010/10/9

さらに更新!南海道・東海道・右往左往で片道移動距離最長記録・・・  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往


(速報)
■10月23日(土)NHK-FM【ジャズ・トゥナイト】23:00-25:00(DJ:児山紀芳)
楽器別特集「ヴァイブ界展望」でニューアルバム『AXIS』の曲が放送されます。
 乞うご期待!




福岡でマリンバ弾きなのに悪友(笑)なカーコがくれた“無事かえる”。

クリックすると元のサイズで表示します

カーコは車に付けろと言うが、僕は車内には何にも置かない主義なので移動の鞄に忍ばせた。
これは久留米絣。彼女の出身地の名産だ。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうの観てると、ついつい“ツン”とかしたくなる(笑)

さて、10月8日の朝、福岡のテレビではこんな予報が・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なんだー、このマークは@@; ムッチャ雨が降ると言う。
9日午前0時の予報。
順調に行けば雨に追いかけられつつも何とか東京に着くはずだ。

しかし、西日本は全体が一日雨らしい。

さらに・・

福岡から東京を結ぶと京阪神を避けて通る事は出来ない。
しかし行きもそうだったが、どうやら宝塚付近は工事の影響で一日中渋滞が発生しているらしい。
雨と渋滞。
車移動泣かせの条件だ。

でも、

「晴れ男」の僕が外に出れば大丈夫とばかりにホテルをチェックアウト。
駐車場で積み込んだヴィブラフォンのチェックなどしていると出発は

クリックすると元のサイズで表示します
午前9時過ぎ、福岡出発。一路東京を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します

来た時のままなのでどこかでガソリンを補給しなければ・・・
調べると都市高速の入り口付近にある事がわかった。

クリックすると元のサイズで表示します

天神の交差点を右折。

クリックすると元のサイズで表示します

ポツリ、ポツリと雨が落ち始める。歩く人の手にも傘。

懐かしい“蜂の巣”窓のダイエー・ビル。昭和50年代は全国の何処の街にもこの“蜂の巣”窓のダイエーがあった。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝のウォーキングでこの辺りはチェック済み。ここは天神北なり。

ガソリンを満タンにして、トリップメーターもゼロにリセット。
いざ行かん!

クリックすると元のサイズで表示します
都市高速に上がるとすぐに博多ポートタワーが見える

博多港がリニューアルされてベイサイドプレイス博多となっているようだ。

HPhttp://www.baysideplace.jp/

少しずつ雨足が増して来る中を福岡都市高速から九州自動車道へ乗り継ぐ。
来る時は意外に遠く感じた関門橋から福岡ICだったけど、逆に走るとあっと言う間に感じた。

クリックすると元のサイズで表示します
さらば!九州。また会う日まで。

新幹線や飛行機では味わえないこの距離感。
東京からは九州行きの寝台特急が無くなってしまったので残るは夜行バスか車でしか味わえない。
遠いって事はそれだけ違う文化が育っている可能性があるのです。

クリックすると元のサイズで表示します

予報によれば、この先の中国地方は一段と雨足が激しいとの事。

クリックすると元のサイズで表示します

この先の山口ジャンクションまでは一昨日通ったコース。

クリックすると元のサイズで表示します
巨大なループで中国自動車道が分かれて行く。ここからは山陽自動車道だ。

雨は確かに予報のように降り方が激しくはなったものの、そんなに土砂降りではない。
多少は「晴れ男」が天候に貢献しているのだろう、、たぶん。

雨なので淡々とした走行が続く。
特に渋滞もなくスイスイと流れる。

クリックすると元のサイズで表示します
宮島じゃけん!

クリックすると元のサイズで表示します
広島じゃけん! ここから先は何度も走った事がある道だ。

広島インターで山陽道の無走行区間が完結。これで中国縦貫道の新見IC-山口ジャンクション間共々完走完了。日本の高速道路で未完の路線は九州地区と北海道を残すのみとなった。

さて、この付近の山陽道名物と言えば・・・・

小谷サービスエリアでしょー。

クリックすると元のサイズで表示します

パンのアンデルセン、つまりはリトルマーメイドと言えばタカキベーカリー。
タカキベーカリーの本拠地はここ広島。
それだからか、この小谷サービスエリアは一面アンデルセン・ワールド。

専用のオープンで焼き立てのベーカリー(もちろんアンデルセン)、スイーツ(これもアンデルセン)、カフェ(マーメイド・カフェと言うくらいだからアンデルセン)・・・。施設の大半がアンデルセンなのだ。
僕も対岸の松山育ちなので子供の頃から焼き立てのアンデルセンのパンは懐かしい。
家人がパン好きなので、取りあえず珍しそうなものを買って帰った。
おそらく日本で一番アンデルセン度の高いサービスエリアでしょう。

小休止の後は広島から岡山を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します
四国方面への「しまなみ海道」を分岐

やって来たのは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
玉島インターチェンジ

ここで一旦高速を降ります。
一般道を走ること5分。

クリックすると元のサイズで表示します
日本の母校「くらしき作陽大学」http://www.ksu.ac.jp/
正確には倉敷に移転前の津山校舎が母校なのだけど・・

このまま山陽道で京阪神に突入すると宝塚から京都を経て東名の集中工事の影響が出る名古屋近郊まで渋滞が続く。
それならば途中で普段立ち寄れない所へ寄りながら渋滞アワーを回避しようという事だ。

作陽大学を訪れるのは三年振り。
前回は著書『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン』(YMM出版)発売直後で学校のライブラリーにも寄贈。アルバム『TIDE GRAPH』(VEGA/2007年)も一緒に。

今回はその後に発売された『STREAM OF LIFE』(VEGA/2008年)と今月発売の『AXIS』(VEGA)を寄贈した。

クリックすると元のサイズで表示します
事務所で打楽器科の後輩となる片山氏と「寄贈の図」

僕が高校で作陽の音楽科に入った頃はまだ音大の専攻科に在籍していた恩師、山下武教授と再会の図。

クリックすると元のサイズで表示します
レッスン中だったにも関わらず“はい、ポーズ!”レッスン生女子ごめんねー。

そんなだからもう退官される時期になった調律の岸本さんとも御挨拶。
まだ学生だった僕等にいろんな「裏話」をシュールにしてくれたのを思い出す。
デスクを挟んでのトークだったので写真は撮れませんでしたが、まだまだシュールさ現役です。

さらに片山氏が奥の教室に誘ってくれるので行くと・・・

当時のトレードマークはサングラスとアフロヘアー。
“学校一飛んだ教授”の岡田敬二教授。

クリックすると元のサイズで表示します
このツーショットからも“ただ者ではない”空気はおわかりでしょう。

ネット検索でヒットした岡田教授のページ→http://mimasaka.sakura.ne.jp/okada_info.htm

最後にキメ!
クリックすると元のサイズで表示します

どこの音大もそうだったと思うのだけど、作陽も高校も大学も個性的な人が多かった。学生と激論したり、対立したり、でも好きな事を存分にやる事を応援してくれる度量があった。

午後3時半に「くらしき作陽大学」を後に、今度は昨年お世話になった奈義町現代美術館へ。
研究員の岸本さんは不在との事だけど、もう一人昨年のコンサートを提案してくれた小坂氏に会う予定。

昔では倉敷から鳥取県境の奈義町まで移動するとなると半日がかりを余儀なくされるところだったが今は高速で山陽道→岡山道→中国道と繋がっているので小一時間で行ける。

しかし、途中岡山道が工事中で、しかも対面通行の区間が残っている事もあって意外と時間がかかってしまった。

津山ICで一般道に降り、ここから20分の距離。

一応ガソリンを補給しておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

福岡から九州自動車道→関門橋→中国道→山陽道→くらしき作陽大学→山陽道→岡山道→中国道と来て津山ICを降りたところで走行距離は526キロ。燃費はリッター辺り12.8km。

クリックすると元のサイズで表示します

満タンにして国道を奈義町へ急ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

雨足は相変わらずだ。

クリックすると元のサイズで表示します
奈義町手前の大カーブ。学生時代からお気に入りのドライブピュー。

クリックすると元のサイズで表示します
いい感じに曲がってます

クリックすると元のサイズで表示します
奈義町現代美術館http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/

クリックすると元のサイズで表示します
Nagi MOCA

閉館時間を過ぎていたのだけどスタッフの御好意で中に入る事が出来た。
美味しいコーヒーをいただきながら美術館、奈義山を・・・

クリックすると元のサイズで表示します

雨が降っているのに奈義山のピークがうっすらと見える・・・

クリックすると元のサイズで表示します
うっすらと奈義山

残念ながら待ち合わせしていた小坂氏とは行き違い。電話が通じたので話せた。「これから津山に戻って邪美館で休憩してから東京に戻ります」と。

遅くまで対応して下さった奈義町現代美術館のスタッフのみなさん、ありがとうございました。
新しい展示が玄関と玄関先を抜けて前庭まで・・・
それは観てのお楽しみですね。(一部だけ写真に写ってます)
きっと今日からの三連休は大忙しでしょうね。

さて、津山に戻り、小休止。中国道の宝塚付近の渋滞はまだ続いているようだ。
慌てて高速に乗っても無駄に時間を浪費するばかり。

クリックすると元のサイズで表示します
津山と言えばジャズ喫茶“邪美館” http://www.geocities.jp/ja_vi_kan/

僕のホームページの「音楽体験記」( http://www.vibstation.com/ )でもお馴染みの、基本動作がスーっと静かなマスターの店“邪美館”。今でこそニコニコしているが、その昔はいつも真顔でロン毛だった。

今は“先代よりもかなりしっかりした二代目”が店の顔。

今も昔も“邪美館”に来たら「ウインナー・コーヒー」。
今日は2代目が入れてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します
ここのウインナー・コーヒーは美味しいよー

午後6時。ちょうど開店したばかりでまだ客は僕だけなので、店内を撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
カウンターから入り口を眺める

クリックすると元のサイズで表示します
カウンター横のスピーカー。この位置は昔と変わらず

昔はこの1階が全てだったが、今は2階もありピアノやプールバーもある。

クリックすると元のサイズで表示します
僕はいつも奥から3番目のカウンター席が定番。

今日も早い時間から食事会があるらしく、先代は料理の準備でチョコチョコとしか顔を出さない。
写真撮ろうよ、と言うと「寿命が縮まるけん」と出て来ない。予想通りの返事だ(笑)

そうこうする内に、勢いよくドアが開いて入って来たのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
行き違いになった小坂氏だ!

さっき邪美館に向かう途中に連絡が入り、こちらも時間が出来たので邪美館に向かう、と。
そんな、わざわざ、、いいのに。。でも嬉しいねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
無事に役場を勤めあげて、現在はベーシスト、そしていろんな企画などで毎日飛びまわっているらしい

邪美館でも「勤めていた時よりも生き生きとして元気」だと。
いいねぇ。

その昔、僕がまだ学生でかけ出しだった頃に、小坂さん達のバンドに加わっていろんな所で演奏させてもらった。
前出の「音楽体験記」にも書いた、土曜日の昼間に岡山市のテレビ岡山の生放送の演奏をやり、そこから一般道で津山を経て中国山地を横断して鳥取の「5ぺニーズ」というライブハウスで演奏した事、その途中で濃い霧に包まれてドキドキしながら車を運転した事など、忘れられない思い出と経験がたくさんある。

そんな話や、最近の津山の音楽話などを聞き、あっという間に時間は過ぎた。
去年はスタッフだったのでコンサートが終わってからゆっくりと話が出来なかったので、これでやっと気持ちが落ち着いた。

午後7時半。
雨足が少し衰えているので今の内に、、、と邪美館を後にした。

クリックすると元のサイズで表示します
邪美館のマスターの視線チェック。2代目に頼んでカウンターから僕等を撮ってもらった。
なるほどー、こう見えてたのかー。
普段の光景でも逆から見ると違うものだなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
雨の津山インターから中国道へ。一路東京へ

計画通り中国道の宝塚付近の渋滞は消え、大阪、京都、と雨ながらかなり快調なペースで走ったのに・・・・

。。。。

名古屋近郊の小牧を過ぎる頃からやたらと一般車が目に見えて増えて来て、それがまた進路を塞ぐんだ。
はて???

クリックすると元のサイズで表示します

あ!!

今日は10月8日金曜日を越した9日土曜日。
つまり・・・・

恐怖の1000円高速アワーの始まりだ。。
普段高速道路を走り慣れない人が危ない運転をする。

クリックすると元のサイズで表示します

いきなり走行速度はダウン。
追い越し車線をトロトロと走る車続出。

しかも・・・トンネル内でトラックが故障して1車線を塞いでしまったらしい。。。あーあ、プロまでが。。。トホホだよ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも場所が恵那山トンネルという長大トンネルの中ときた。
9キロ近くあるトンネルの中でなぜエンストするのだ、ニャロメ!

クリックすると元のサイズで表示します

予報では渋滞を抜けるのに10分と。

クリックすると元のサイズで表示します

ユルユルと流れ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

元凶の故障したトラックを通り過ぎると・・・

みんなストレス解消かのように猛然とダーッシュ!

クリックすると元のサイズで表示します

確かに予報通り渋滞を抜けるのに10分だった・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この旅に続いて再び東海道・南海道往復があるので途中一度だけ給油をし、自宅に着いたのが午前3時過ぎ。

クリックすると元のサイズで表示します

途中学校や美術館、邪美館などに立ち寄って3時間くらいとしても朝9時に福岡を出て翌朝午前3時に東京着という実質14時間は車を運転していた事になる。

クリックすると元のサイズで表示します

津山IC→奈義町→津山IC→中国道→名神高速→中央道で702キロ走行。この間の燃費はリッター辺り13.2km。渋滞に巻き込まれたり、夕方の一般道を走ったりした割には良好な燃費。
どうやらこの車は中央道との相性が良いみたいだ。

そして、今回の東京⇔福岡ツアーの全走行距離は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2.368キロ走破!

と言う事はですよ・・・
行きが1.136キロだったので帰りは寄り道した分距離が延びて1.232キロに!

個人の片道最長移動距離をさらに100キロ近く更新してしまった!

いよいよ明日10/10は「横濱ジャズプロムナード2010」。
午後2時20分から、ヨコハマNEWSハーバーで会いましょう!


それが終わったら今度は翌日10/11夜の四国・松山シュガービレッジ2010に向けて再び900キロダーッシュなのだー!

ミュージシャンはタフでポジティブでなければならない。

あれ?
そう言えば長野県辺りから雨降ってませんでしたねぇ。
いつの間にか「晴れ男」の効能超効き。
っま、雨雲を追い越して帰ってきたと言えばそれまでですれど。
っね、ポジティブっていいでしょ!

今回の旅で出会えた全ての人に感謝とリスペクトを。


■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)+佐藤浩一(p)+澤田将弘(b)+樋口広大(ds)=The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

只今先行予約受付中!(9/30現在)
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場

他のサイトでも順次予約が始まります。どうぞご利用ください。

CD発売記念ライブ良い席のご予約はお早めに!

★11月4日(木)19:10- (3set) 2800円+オーダー
六本木『サテンドール』 予約03-3401-3080

★11月10日(水)20:00- (2set) 3500円
横浜『KAMOME』 予約045-622-5357

★11月12日(金)19:30- (2set) 3000円
青山・外苑前『Z-Imagine』 予約03-3796-6757

出演:赤松敏弘The NewQuartet
    赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ds)
    ゲスト:井上信平(フルート)11/4のみ

プレ・リリース公演

★10月10日(日)14:20-15:20 横濱ジャズプロムナード2010 出演会場:ヨコハマNEWSハーバー
 出演:赤松敏弘The NewQuartet

★10月11日(祝・月)20:00- 22:00- 松山シュガービレッジ2010 出演会場:キーストン
 出演:赤松 + 渡部由紀(ピアノ)高橋直樹(ベース)河北洋平(ドラムス)

★10月15日(金)17:30-18:30 新宿・西新宿三井ビルサロンコンサート2days
 出演:赤松敏弘(ビブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)SUPER DUO

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの公演も宜しく!
 10月16日(土)15:00-16:00 新宿・西新宿三井ビルサロンコンサート2days
 出演:松島美紀(mar)マリンバ・ユニット(with峯尾未紀/mar) ゲスト:赤松敏弘(vib,mar)


ライブ、イベントの詳細はコチラ→公式ホームページhttp://www.vibstation.com/

たくさんの御来場をお待ちしています。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラフォン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ