2010/10/28

【本日発売】赤松敏弘vib+佐藤浩一p+澤田将弘b+樋口広大ds ニューアルバム『AXIS/赤松敏弘』  ■Produce Notes レコーディングルポ


いよいよ本日発売!

NEW ALBUM
クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』VGDBRZ0044/3.000円(税込)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント http://www.vme.co.jp/

赤松敏弘(ヴィブラフォン)/Toshihiro Akamatsu(vibraphone)
佐藤浩一(ピアノ)/Koichi Sato(piano)
澤田将弘(ベース)/Masahiro Sawada(bass)
樋口広大(ドラムス)/Kodai Higuchi(drums)
ゲスト:森川奈菜美(ヴォーカル)guest:Nanami Morikawa(vocal)

クリックすると元のサイズで表示します
今までの紙ジャケットから一変して今回はプラスチック・ケース仕様です

アコースティックなサウンド×緊密なグループ・インターアクション。
過去と現在がシームレスに融合したジャズがここにある。


最新のオリジナル曲に加え、70 年代のジャズ界に新たな息吹をもたらしたチック・コリアの新グループ「リターン・トゥ・フォーエバー」のシグナチュア・ソングやジャコ・パストリアスの人気曲を、21 世紀の若手新人メンバーと共に表出。

日本のジャズ界を代表するヴァイブ奏者赤松敏弘の最新作がここに完成した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・【ライナーノーツ(解説:児山紀芳)より】


クリックすると元のサイズで表示します

≪アクシス収録曲≫
1. Return To Forever / 作・Chick.Corea / 10:51
2. Over Again / 作・赤松敏弘 / 7:53
3. Sound Of Focus/ 作・赤松敏弘 / 8:23
4. Axis / 作・赤松敏弘 / 7:49
5. Silent Butler / 作・赤松敏弘 / 5:18
6. Cheerful Flight / 作・市川秀男 / 6:09
7. Havona / 作・Jaco Pastorius / 7:19
8. I Thought About You / 詞・J.Mercer-J & 作・Van Heusen / 4:47

全国のCDショップ、他ネットショップで本日より発売なう!

レーベル公式『AXIS』専用サイトは→コチラ



クリックすると元のサイズで表示します

2010年の10月28日の朝はピリリと冷えております。

クリックすると元のサイズで表示します

秋を通り越して冬の空気に包まれた東京地方です。

クリックすると元のサイズで表示します

一体今年の紅葉はどうなるのでしょう・・・・
まだ樹木は青々としています。

さて、遂にやってきました。
ニューアルバムの発売日。

1990年11月1日発売の『アンファンIII』(ポリドール)から数えて通算10枚目となるリーダーアルバム『AXIS』。
ちょうど20年で10枚ですから平均すると2年に1枚のペースになります。
実際には2000年代に入ってからのリリースが多く、また過去作品のリイシューやコンピレーション盤も含めるともう少しハイペースになりますが、この20年に平たく並べると2年に1枚かと。

そんな中で、今回のアルバムは二つの「初めて」を形にしました。

一つは次世代を担う若いメンバーの起用。
これまでのアルバムは僕を中心としてその前後の世代を集めた「同世代」による演奏を収めた作品でしたが、今回はグッと若返って(いや、メンバーがですよ/笑)僕がこの世界にデビューした頃と同じ年代の若手と組むことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
佐藤浩一(piano)
ピアノの佐藤浩一は発売中の「ジャズライフ11月号」(10/14発売号)のインタビューでも述べた通り音楽をパルスで捉えられる数少ない仲間。

クリックすると元のサイズで表示します
澤田将弘(ac-bass)
ベースの澤田将弘は実に若く何事に対してもスポンティニアスな反応が出来る存在で毎回接する毎に学習している様子が頼もしい新人。

クリックすると元のサイズで表示します
樋口広大(drums)
ドラムの樋口広大はサポート、主張の双方でバンドのバランスを執る要となっているだけでなくサウンドの縁取りをも演出するキーマン。

二十代半ばから後半の彼等が持つ感性にどれだけ刺激を与え、どれだけ感性を引き出せるかがこのバンドのリーダーの役割でもあり、それを実行するのに今回の二年という時間は想定された範囲内でした。
それだけ優秀なメンバーと巡り合えた事がこのプロジェクトの具現化に大きく繋がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vibraphone)
日本ではどこからがプロとされるのかが曖昧だけど、通常のライブ活動以外に全国誌などのメディアで取り上げられて一般的な認知度が上がり始めた頃をプロ活動のスタート地点とすれば、25歳の時に「ジャズ部門グランプリ」や「ベストプレーヤー賞」、「審査員特別賞」「ジョージ・デューク(ゲスト審査員)賞」などを一気に受賞した日本青年館で行われたAnnex'82(82年5月)を起点と出来るかもしれません。

当時、オリジナルを中心に演奏するジャズのバンドはまだまだ少なく一般的な注目度もフュージョン以外のオリジナル音楽には低かったかもしれません。そんな中で現状打破の突破口となった全国規模のイベントで、そんなところにノコノコと出場してくるヴィブラフォン奏者というのも皆無に等しかったものです。(しかも実は僕は誘われて出場したのでした。詳しくはHPの音楽体験記に→http://www.vibstation.com/ )
ちょうど今のバンドのメンバーとほぼ同じ年代の頃。
あの頃の自分が何を考えていたのかは今でもしっかりと覚えている。
いつの時代も初心忘るべからず!ですね。

今回は若い彼等に触発されて、リーダーとしてはそんな心意気のアルバムです。

クリックすると元のサイズで表示します

もう一つはライブを経ないバンドの音を求めた事です。
ここにきてジャズに限らず音楽は「やる」とか「見る」楽しみだけでなく、「聴く」楽しみにもっと重点を置かなければならないのでは? というのが近年思い続ける疑念。
本来なら「聴く」が音楽の第一だったのに、いつの間にか「見る」と「やる」に奪われているような感じ。
「聴く」とは・・・つまり音、アルバムなどの音を個人的に楽しむ、という事の重要性。

バンドについても同じ事が言えるように思えました。
これまでのレコーディングでは、スタジオに入って初顔合わせも珍しくないほどのプロデュース・セッションを記録してきましたが、今回は若手メンバーと約二年前からリハーサルに特化したセッションを定期的に行ってバンドのあるべき姿を作り上げた後の録音としました。
ライブを行わず、スタジオという隔離された中でじっくりとサウンド作りに時間を費やしたわけです。

僕自身、これまでのキャリアで「当日リハ、当日本番」を繰り返し、それが当たり前のように思っていたのですが、それで何でも出来てしまっていた事に少し疑念を持って現在のジャズシーンを見るようになりました。
その一つが、おそらく本番を連続させると“あっと言う間に通り過ぎてしまう事”に時間をかけてみよう、という決意でした。

結成1年目に唯一ジャズフェスティバルに出演し、ステージでのパフォーマンスを検証出来たのと同時に、強い支持も受ける事が出来、その一年後を目途にアルバム作りを目標としたリハーサルに入りました。

こうして出来上がった音楽は、限りなくピュアな状態を保った音となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
森川奈菜美(vocal)
また、ゲストで大阪から迎えたヴォーカリスト森川奈菜美さんにオリジナル曲でヴォーカリーゼ、スタンダードでヴァイブ・トリオをバックとした珍しいセッションで、これまでのアルバムにない華を添えていただきました。
これも僕のリーダー・アルバムとしては初の試みで、これらは皆、初々しさに溢れています。

クリックすると元のサイズで表示します

みなさんに是非そういう音を楽しんでいただけたらと思っています。

今しか出来ない事。
今だから出来る事。
このアルバムにはそういう今を、ギュっと詰め込んでいます。

【2010年10月28日 赤松敏弘】


只今発売中!
【ジャズライフ11月号】
赤松インタビューや今月28日発売のニューアルバム『AXIS』のレビューなど。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お求めは全国の書店、ネットショップで。
チェキラ!

■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)+佐藤浩一(p)+澤田将弘(b)+樋口広大(ds)=The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

ネットショップでも本日より発売!
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場

どうぞご利用ください。

CD発売記念ライブ良い席のご予約はお早めに!

★11月4日(木)19:10- (3set) 2800円+オーダー
六本木『サテンドール』 予約03-3401-3080

★11月10日(水)20:00- (2set) 3500円
横浜『KAMOME』 予約045-662-5357

★11月12日(金)19:30- (2set) 3000円
青山・外苑前『Z-Imagine』 予約03-3796-6757

出演:赤松敏弘The NewQuartet
    赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ds)
    ゲスト:井上信平(フルート)11/4のみ


ライブ、イベントの詳細はコチラ→公式ホームページhttp://www.vibstation.com/

たくさんの御来場をお待ちしています。


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラフォン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ