2011/4/5

歌じゃないほうのサマータイムについて・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


とうとう三社祭まで中止になってしまいました。。。
夏の東京湾花火大会中止といい、このシーズンの花見自粛といい、、、
何か勘違いしているような気がするほどマイナス指向です。

しかし、計画停電を実施中に、大勢の人が一箇所にドドド・・・っと固まると、確かにアクシデントが起こった時のパニックに対処する方法が見つからない、というのが正直なところでしょう。
しかし・・・それと三社祭は全然関係ないと思うのだけど。。。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームの照明が半分消されている東京駅

昨日も書きましたが、夜の東京はすっかり様変わりしてしまいました。
節電によって日中走る電車の車内灯は消され、間引きされて本数が減った影響でうす暗い車内は普段よりも多くの無言の人が乗り込み、駅が近づくと「パッ」と車内灯が点き“ホッ”とする有様。

降りた駅では、エスカレーターは節電で塞がれ、通路の照明は飛び飛びに点いた節電モード、駅を出ればその存在すら「不謹慎」と灯りを消されたネオンが侘しさを増す。
名門デパートも閉店時間が繰り上がり、前を通ってもシャッターと灯りを消したショーウインドウが見えるのみ。

っま、気分転換にパーっと“いっぱい”、のつもりで入った飲み屋やカフェバー。ココでも節電とやらで店内の照明もうす暗い。
しかも、入った時から帰りの足(間引き運転の電車)が心配で、いつもより「早目」に席を立つから午後10時を過ぎると店内はガラガラ。こんなのが続くと飲みに行っても面白くないから、仕事が終わるとサッサと帰ってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームの案内板も照明が消され、おまけにホームのコンビニまで閉まっている有様。午後9時40分とは思えない光景の東京駅

帰りの駅で、「何か帰ってから食べるもんでも・・・」調達しようと構内のコンビニや売店を覗こうとすると・・・「計画停電の為に閉鎖中」だとー!

クリックすると元のサイズで表示します
春休み最盛期に「地震のため」という表現で閉鎖されたコンビニ

クリックすると元のサイズで表示します
っま、午後10時前でこの有様ですから店を開けていても商売になりません

唯一人で溢れているのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
午後10時発の寝台特急サンライズ瀬戸・出雲ののりばだけ

普段なら他のホームに比べるとひっそりしている感じの寝台特急が出発するホームだけが春休みの行楽客で溢れている。

クリックすると元のサイズで表示します
残室4だったサンライズ瀬戸で取ったシングル部屋28番室。ほぼ満席(室)で東京駅を定刻に発車

クリックすると元のサイズで表示します
普段と同じ旅装だけど・・・

確実に変わっているのが午後10時というのにこの列車の乗客以外に人が極端少ないという事。
窓の下には隣りの東海道線の普通列車が写っているか、車内はガラガラ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
有楽町の先で追い越した京浜東北線の車内もガラガラ・・・

日中は人がいるのに、夜になると誰もいなくなる。
今週は少しだけ新歓コンパ系の人出が増えたようだが、上野などの花見客が激減しているので普段の週末よりも人出は少ない。

人出が減ったのは街中だけじゃない。

クリックすると元のサイズで表示します
午後7時の羽田空港。照明が減らされて薄暗い出発ロビー

羽田空港もガラガラだ。
先週は二度利用したが、いづれも似たような感じで、とても春休み真っ盛りの華やいだ感じはない。
搭乗便もどの方面も空席ありで、震災以来利用者が激減しているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
某社機内誌。こちらは先月号

クリックすると元のサイズで表示します
某社今月の機内誌(4月号)

機内が静かだと思ったら、見事に子供連れがいない。
放射能の事に加えてディズニーランドやディズニーシーが閉鎖中だからか。。

まぁ、街の灯りに関しては、これまでが「明る過ぎた」という気がしないでもない。
バブル最盛期にアメリカから帰国した時に思ったのは、「なんでこんなに照明が明るいのだ」。
ネオンとかという商業広告塔の事じゃないよ、何でもない通路の照明など、公共と呼ばれる場所の照明だ。
日本人は淋しがり屋か?
本気でそう思うほど、当時景気がドン底だったアメリカのどの都市よりもトーキョーは煌々としていた。

今、それに慣れてしまっていたから「うす暗く」感じる。
ただ、このうす暗さは、そんなに悪いもんじゃない。
ちょっぴり街が“艶っぽく”見える。

元々夜は暗いものなんだ。
当たり前だけど。

だから、その中で、人間が生活する空間は「ちょっと明るい」。
家の中はともかく、公共と呼ばれる場所の照明は今くらいでちょうどいいと思う。
これを機会に照明に使っている「白熱灯」を「ダイオード灯」に替えて数を半減してもいいんじゃないか。

しかし・・・

こんな時期に必ず出て来るのが「サマータイム」論者。

この人達は自分の目線と自分の行動範囲だけで論じていると思う。
サマータイムが有効なのは東西に国土が長い国じゃなきゃダメ。
日本のように南北に細長い国では、基準を何処に定めるかで大混乱・不合理の嵐になる事がわからないのだ。

体感だけで述べても、東京の午後6時の太陽の明るさは、実家のある松山だと午後5時の明るさだ。もちろん気温も違う。
この段階ですでに立派にサマータイムしているところに、さらに二時間(僕が聞いたサマータイム論者の提言では)前倒ししたらどーなる?

東日本午前7時→サマータイムでは午前5時(東京はこの時期でもすでに明るい)
西日本午前7時→サマータイムでは午前5時(まだ真っ暗。無駄に照明を使う人口が増える)

つまり体感的に言えば、東京午前5時は午後7時に等しい生産活動が可能だけど、西日本の同時刻は午前6時に等しく大した効果は望めないどころか無駄な消費電力を生んでしまう可能性がある。

その論者はこんな事をテレビで言った・・・

「東京以外の人にはいろいろと不都合な点もあるでしょうが、ここはひとつこういう事態なので我慢していただいて・・・・」

これではダメだ。
自分の周りの事しか見えていない。
こういう人を登場させるテレビもテレビだ。

もう少しマシな提案を拾うと・・・・

・東京の企業だけサマータイムを導入する
・東京の企業だけ就業時間を午前組と午後組に分散する

つまり、ラッシュを分散されるフレックス論を節電に応用する、というものだ。

ある企業は午前7時出社〜午後3時退社、ある企業は午前11時出社〜午後7時退社制にするというのだ。
職種によっては午前中に業務ピークを迎えるものと、午後にピークを迎えるものがあるので、それを軸に午前組、午後組に分散就業を決めるというのだ。
最大四時間の差がどのくらいの効果を生むのかは未知数ながら、企業に対するサマータイムであれば一般生活の時間をあれこれいじる必要がないから受け入れられやすいかもしれない。

もっと極端なフレックスとなると、午後出社案なども飛び出しているが現実的ではない。

ともあれ、サマータイムで計画停電を回避させようというのは、なかなか難しい。
が、従来のラッシュ緩和と省エネルギーの観点からはこれを機会に導入してみるのも良いかと。

いやいや、それよりもね、と・・・

すでに実施済み、、、

・某企業は本社機能を大阪に移した
・某外資系保険会社は本社機能を西日本の地方都市に移した
・某外資系企業は支社機能を日本から近隣国に移した

個人でも・・・

・某英会話学校の外人講師は東京から脱出した
・某教会の外人牧師は大阪の教会に移動した

サマータイム導入論以前に・・・・東京疎開のほうが効率的と判断しているようです。
確かに、何でも自粛、自粛で気が滅入ってしまう東京よりも・・・・という事は誰しも考える事かもしれませんね。



がんばれ東北!
がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)佐藤浩一(p)澤田将弘(b)樋口広大(ds)
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します
≪着JAZZフル≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うたフル・ビデオクリップ>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ