2011/10/4

これだ、コレ!! 21世紀のジャズ喫茶のモデルだよ・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


さっきコンビニで。

はい、お会計300円でございまーす。^v^

「はい、これで」

千円でお買い上げですね。それではコチラおつりの700円でございます。^v^

「はい」

お客様、温かいお飲み物と冷たいお飲み物をお分け致しますね。
では、冷たいペットボトルのお飲み物を袋に御入れ致しまーす。^v^

何気に「はい」と。

では、こちらお品物でございます。ありがとうございました。^v^

コンビニを出て数秒後・・・

あちーッ!´Д`

レジ袋に入ったゼロコーラ。
何気に手渡された超ホットな缶コーヒー。

ううぬ。。。。




これだよ、コレ!

東京駅構内の一角にこの春出来た店。
それまでも同種の店があるにはあったが、大改装で新規開店に等しい。

クリックすると元のサイズで表示します
『HINT INDEX BOOK』http://www.j-retail.co.jp/cgi-bin/news.cgi?data_id=1268638256

それまでにもココには駅構内としてはかなり充実した質と量の本屋があった。
駅の中という事もあっていつも人でごったがえしてした。
僕も重宝していて列車に飛び乗る前によく本を買って乗り込んだものだ。

それが突然改装閉店となり、もったいないなぁ、と思っていたら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

一見、本屋であるとは思えない造りでオープンしたカフェ併設書店『ヒントインデックスブック』。
1つの店舗の中に、ブック、カフェ、クリエイターズライブラリーが並び、テーブル(席数 20)も設置されているので、購入した本を読みながら、豆にこだわったコーヒーとケーキを楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します

店舗の中央入口左側には、いわば本屋。ちょっと本の陳列棚の雰囲気が普通の本屋とは違うので一瞬本屋には見えないのだけど、ちゃんと全種類の本が並び中央にレジがある。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ入口の右側はカフェスペース。

クリックすると元のサイズで表示します

カウンターでオーダーして、

クリックすると元のサイズで表示します

右側のカフェ席でくつろぐ。

これだよ、コレ!

クリックすると元のサイズで表示します

21世紀のジャズ喫茶のモデルじゃん。

本屋の部分がCD売り場。
カフェの部分がジャズ喫茶。
これで各席でネット接続が出来れば完璧。
各席にはCDショップにあるような試聴機がセットされて、携帯再生メディアのヘッドフォン(イヤーフォン)を差せば購入したばかりのCDを聴ける。
また、チャンネルには店のセレクト・アルバムが流れるものも。
もちろん店内のスピーカーからもある程度の音量で音楽が流れる。
当然ながら、流れているものは隣りのCDコーナーですぐに買える。

先日、僕の小学校時代からのジャズ友シュンスケが東京で珍しくなったジャズ喫茶に入ったら、あまりの音の悪さに「ちょっと、チック・コリアのピアノ・インプロヴィゼーションでもかけて」とリクエストしたら「ウチではそういうのやってないのだけど、、、モンクのソロとかならどう?」などと言われて呆れていた。

何と時代遅れなジャズ喫茶な事か・・・
そういう懐かしい店も悪くは無いが、今の時代をリードするジャズ喫茶が必要だ。
結局ある種の態度と了見の狭さがジャズを片隅の音楽へと追いやった事にまだ気付いていないのだ。
僕はジャズ喫茶大好きだけど、まぁ、想像内の想定内の喫茶店に愛着はあるものの、やはり「期待」出来るものが無いと思う。なんと言うかなぁ、そこに居て“わくわく”するもの。

で、

なぜ、この「ヒントインデックスブック」がジャズ喫茶のモデルだと思うのか?

(1)熱心なジャズファンほど、ネットとの結び付きが密である。
(2)ジャズファンは昔のジャズ喫茶オヤジみたいな先導役をネットで探している
(3)物品販売とジャズという事ならジャズ喫茶よりもレコード店のほうが視野が広い
(4)レコード店であればCDの売り上げと密接な関係があるのでプロ志向の店になる

昔のジャズ喫茶は、レコードを流すだけだった。
それに、ちょいと凝った風のコーヒーと、マニアックなジャズ雑誌、さらに漫画本があれば成り立った。
今考えると不思議な店なのだが、日常生活の中で一番気軽に手頃に現実離れ出来る場所だった。
それは何はともあれ客が「店」に集うという習慣が支えていた。
やがて摂取するものがコーヒーからアルコールとなった時に、ジャズ喫茶から卒業するコースが一般的だった。
だから昔のジャズ喫茶の客の平均年齢は若かった。中心は20代から30代前半といった感じ。

今からのジャズ喫茶なら・・・・

(1)流れたCDで気に入ったアルバムがその場で買える

(2)買ったCDを試聴機や店内のスピーカーで聴ける
   (昔のジャズ喫茶のリクエストに近い)

(3)お薦めのセレクション
   (つまり昔のジャズ喫茶の選曲と同じ)が流れる

(4)客席のネット接続環境の充実
   (つまり昔のジャズ喫茶の漫画本と同じ)

(5)カウンター席には専門のオペレーター=ジャズ全般の事に詳しい店長
   (21世紀のジャズオヤジでもいいし、妖艶なジャズガールでもいい)

どーよ、街にそんなジャズ喫茶があったら、
ちょっと時間潰しに入って良さそうに思わない?
マスターと仲良くなって、いろんなジャズを教えてもらうのさ。





やるぞ!ジャズプロ!
出るぞ!スペシャル!
今年は大トリ、応援宜しくデス
GOOD!

今年も開催決定。
日本最大級のジャズフェスティバル、

【横濱ジャズプロムナード2011】

クリックすると元のサイズで表示します

2011年10月8日(土)〜9日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

■フリーパス各種

<前売券>
10月8日券:ひとり券@4,000円,ペア券@7,500円
10月9日券:ひとり券@4,000円,ペア券@7,500円
10月8日・9日両日券:ひとり券@7,500円

<当日券>
ひとり券 5,000円
みらいパス(中学・高校生)1,000円 ※要学生証
小学生以下 無料

チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)等の各種プレイガイド、横浜市内文化施設等で販売予定です。

全体のタイムスケジュール、チケット情報等は横濱ジャズプロムナード2011の公式ホームページへ。
★最新情報 : ホール会場スケジュール(7月29日現在)

♪ 今年のテーマは『 ありがとう 』です。
お客様、出演者、協力各団体、運営ボランティア、
多くの方々から思いが集まり、無事に開催することができることに、
今年は、より一層の感謝の気持ち込めて、お届けします。

今年は以下のプログラムで出演します。

出演日時:10月9日(日)19:20〜20:20
会場:関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) vs 道下和彦(g) & ユキ・アリマサ(p)
    TWIN DUO × TRIO


クリックすると元のサイズで表示します
左から : ユキ・アリマサ(p) 赤松敏弘(vib) 道下和彦(g)


今年の横濱ジャズプロムナードでは、赤松のデュオ・プロジェクト20周年を記念した、特別な二つのデュオと滅多に聴けないvib+g+pianoによるトリオをプログラムしました。


★赤松・道下デュオ
クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vib)道下和彦(g) 1991年8月東京・千代田区/一口坂スタジオ

赤松・道下デュオは、日本のジャズ界が活性化していた1991年、当時の新進若手ジャズメン10組をピックアップしたファンハウス(現・Sony Music Entertainment Inc.)のアルバム『NOW'S THE TIME WORKSHOP』(二枚シリーズ)で、当時率いていたバンドA-Projectと共に紹介されてデビュー。
この写真はその収録時に収録現場だった一口坂スタジオで撮った宣材写真。ある意味ココだけのお宝(爆)。それにしても二人とも若い!(笑)
以来、全国津々浦々に出没してから早二十年。
デュオはその後バンドへと発展し、やがてそれぞれの道を進むようになり、今回約十年振りの再会が実現します。横濱ジャズプロムナードへのこのデュオでの出演は94年(第二回)の、はまぎんホール以来17年振り。

試聴赤松・道下デュオ“TRITON”1991年8月録音/同年11月リリース)


★赤松・アリマサDUO
クリックすると元のサイズで表示します
ユキ・アリマサ(p)赤松敏弘(vib) 2007年4月東京・世田谷区/クレッセントスタジオ

赤松・アリマサDUOは2000年の『NEXT DOOR』(Vega)でアルバム・デビューし、その後『Six Intentions』(2002年/Three Blind Mice)、『Still On The Air』(03年/同)、『Synergy』(05年/Vega)、『Tide Graph』(07年/同)と赤松のアルバムの中の要所要所で取り上げてきたマスターズ・デュオです。
横濱ジャズプロムナードへのこのデュオでの出演は、08年の横浜情報文化センターホール以来三年振りになります。

試聴赤松・アリマサDUOサンプル演奏(2005年4月録音/同年6月リリース)


横濱ジャズプロムナード2011の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/index.php へ!

【横濱ジャズプロムナード2011・会場MAP】(クリック、さらに画像をクリックで拡大)
クリックすると元のサイズで表示します

お見逃しなく!


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)2010年10月28日発売
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ