2011/11/2

久しぶりの定番ですが・・・・  水曜:これは好物!


気候も落ち着き、紅葉も見ごろを迎えるとなると、やはり旅をしたくなります。
胸のすくような夕焼けが連日続くと、「どこか行きたいなぁ〜」と思い始めるわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、今年はなかなかスケジュール的に「のんびりと鉄道旅行」に浸る時間は無し。
さりとて、この秋の旅情をなんとか一時的にでも納得させておかなければ、やがて暴発。。。

クリックすると元のサイズで表示します
実はこの時期美しいのは夕焼けだけじゃなく朝焼けも・・・・(自室より)

そうなると、旅行では無い移動の時に、少しでも「旅情」を醸し出せるアイテムに目を向ける事に。。。

このところ東京駅出発の時の“伴”は、米沢駅の松川弁当に目を奪われていましたが、久しぶりに「定番」と御対面。
でも、それにはしっかりと「秋」が演出されています。

いつもの寝台特急サンライズで東海道を西へ向かう時の御伴・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『秋露のささやき・季節の吹き寄せ弁当』(NER大増製)http://www.nre.co.jp/

年間を通じて四季折々の素材を駅弁に詰め込んだNRE人気の駅弁シリーズ、2011年秋版。
まず「間違いのない」駅弁として安心して薦められる。

何度も重複するけれど、東京駅など首都圏の駅弁で最大勢力を誇るNRE(日本レストラン・エンタープライズ)は前身が「旅のレストラン、ニッポン食堂」こと日本食堂。
かつては全国各地を走る新幹線や在来線特急、寝台特急の食堂車から、全国各地の駅構内のレストランを手掛けていた。JRになる前の「国鉄時代」を少しでも覚えていらっしゃる人なら「ああ、あったなぁ」というほど誰にでも認知されているはず。

それが国鉄解体と共に東日本地区の「駅弁」や駅構内の飲食店を経営するメーカーに転身してからの躍進たるや目覚ましい。この「季節の吹き寄せ弁当」は日本橋の料亭「大増(だいます)」とのコラボレーション。
東京のデパチカにも「大増」があるので「ああ、あれ、ね」と思ったら大違い。「大増」の得意技にNREの技術とノウハウがミックスしているので「味は明らかに異なる」。僕はデパチカの「大増」よりもこちらの方が旨いと思うくらいだ。

今でも一部新幹線の駅で「旧態然」とした“ちっとも昔と代わり映えしない”駅弁が存在するのと比べるとNREとはホント雲泥の差。

僕は高校時代から東京駅を含め全国の駅弁のお世話になる事が多かったから、その頃各地で所々みられた「旧態然」とした“ちっともおいしくない”駅弁の(いわゆる「幕の内弁当」を食べるとすぐにわかった)一種の“虚しさ”を知っているが、鉄道のハード面の進化と同じように旅行の必須アイテムとして日々進化しているNREの駅弁には目を見張るものがある。

と、言いつつも、このところはグイグイと「松川弁当」に引き寄せられていたのだが、今回はNREをチョイス。
今年の秋の味を知りたかったのと、実はNERのこのシリーズは「おかず」が多いので、酒の肴にうってつけなのだ。

今、東京駅で、ガッツリ男子メシとして買うなら「松川弁当」。牛肉系から最新作の「山形プレミアム弁当」まで、とにかく味とボリュームは完全保障。
しかし、いろんなものをちょいちょいとつまみながら・・・・となると、これはもう断然NERの「季節の吹き寄せ弁当」。その「おかず」の豊富さは全国の駅弁の中でも価格と味付けを考えるとトップクラス。

さぁて、2011年、秋・・・・
いかがなもんでしょうか!

はい!!


クリックすると元のサイズで表示します

きましたね〜〜。

半時計回りに見てみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
煮物の部です

海老芋がとろ〜りと柔らかく、感動的。
キャベツ茶巾に、黄色いのは紅葉の形をした豆腐寄せ。
レンコンの歯応えヨシ、人参も甘くておいしい。

クリックすると元のサイズで表示します
口変わりの部です

海老で隠れてしまっていますが、食べてさっぱりして美味しいのが「きのこの柚子和え」。
ぼくはあんまり柚子が効いたのは好きじゃないんですが、これはバランスが良くてびっくり。
銀杏ですねー、秋です。
玉子焼きはほのかに甘みが香る仕上げ。
玉子の手前にあるのは目抜け若狭焼。
その手前にある「秋刀魚甘露煮」が実によく出来た逸品に。
甘露煮ってある意味臭み消しの一つでもあるんだけど、まったく臭み無しで美味しいゾ!
左手前の黒い物体は「栗」。殻を割って添えたのが笑っているように見えるので“笑い栗”。

クリックすると元のサイズで表示します
揚げ物の部です

白くま〜んまるなのはデザートの「生キャラメル餅」。甘味好きにはたまらんでしょー。
香りも味も食感も素晴らしい舞茸の天ぷら、栗とさつま芋の蓑揚げに、山芋の唐揚げ、ピーマンの素揚げ。
酒の肴ばかりだ。。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
五目御飯の部です

マツタケ。まったけ。松茸。やっぱり秋ですねぇ。
飾り人参が赤とんぼ。
ごはんは有機栽培のあきたこまち。このごはんの炊き加減がNRE大増は絶妙。
冷めても美味しくいただける技あり、ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

お品書き・・・

クリックすると元のサイズで表示します

日本ばし大増とのコラボ商品「季節の吹き寄せ弁当」。

この連休の御伴に超お薦め!!




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■LOWSONネット
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ