2011/12/26

ここだけの2011ヒットチャート・ベスト5  月曜:ちょっと舞台裏


っあ! 一番星★!

クリックすると元のサイズで表示します
先週末クリスマス・イブの空

グ〜んと冷え込んだ東京地方ですが、みなさんのところはいかがでしたか。
今年は久しぶりにイブは外へ出掛けました。

クリックすると元のサイズで表示します

かつてはクリスマス・シーズンは休みが無くイブを超えてからのメリー・クリスマスでしたが、最近はゆっくり過ごせるようになりました。
でも、そうなって来るとわざわざ混雑した外に出るのもどうかと思い、家でのんびり過ごすようになったのですが、まぁ、今年はいろいろありましたから、外に出掛けてみたくなったのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ベストな時間帯にレストランを予約しておいて、ちょいと寄り道をしながらディナーを楽しもう、と家人と一緒に出掛けました。

やはり今年は違うのですかねぇ、混雑していると予想していた首都高も、かつてのように身動きが取れないほどの渋滞というのは無く、意外とスイスイと流れています。

午後5時台のベストタイムですよ!

昔はよくこの時期の移動で渋滞にハマって遅刻しそうになってマネージャーやディレクターから「お怒り」を頂戴したものです(笑)。普段の夕方のラッシュ程度の混みようなのでこれなら僕でも遅刻しませ〜ん、P氏。
開き直って「渋滞は俺のせいではない」とか何とか(笑)。若気の至りですね。

さて、2011年。

クリックすると元のサイズで表示します
山手通りの地下トンネルもスイスイと流れる2011年のクリスマス・イブのゴールデンアワー

やはり、というか、街はクリスマス色が殆どありません。
節電モードなので予測はしていましたが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに寄った“ブクロ”駅前もクリスマス・デコレーションを探すのに一苦労・・・・池袋東口

何かホント、普通の週末です。
あ、そう言えば池袋周辺でサンタクロースの衣装を着た人をほとんど見かけなかったなぁ。。

さて、寄り道の後は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

生ハムから始めて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、なんだかんだと言いながら・・・
食べる、食べる(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ガッツリいただきました。GOOD!
他のテーブルでもガッツリ。
あ、そう言えば、昔はイブの夜のレストランとかはカップルだらけだったのに、今はカップルはいるけどそれよりも年代を問わず“女子会”の様相。

そうかー、イブは最早女子会日和なんだー、と改めて時代の変化を感じた2011年のクリスマス・イブでした。


さて!!




今年もこの時期がやって来ました。
けっして他では観れないオフィシャル・ブログ独自の“2011赤松音源ヒットチャート・ベスト5”発表!

毎年いろんなところで流れているアルバム音源やダウンロード音源。
そのまま流れっぱなしでもいいんですが、どんな曲が選ばれているのかをJASRACから1クール(三ヶ月)毎に送られてくる楽曲使用料の分配データを元に集計。
僕の曲で、今年はどんな曲が好まれているのかを公表する場所です。
そんなマメな奴ぁ〜他にゃいねーゾ!(笑)

いいじゃないですか。
オフィシャル・ブログでなきゃ出来ない事、だもの。

クリックすると元のサイズで表示します

各データは1クール毎にJASRACから送付される著作権分配書中の音楽配信売り上げ(配信複製使用料+配信送信使用料の合算)を集計したもの。
(個別の使用データが記載されるインタラクティブ配信のみ。CDの売り上げや放送・演奏使用で派生する著作権使用料は含まれていません)

クリックすると元のサイズで表示します

尚、配信曲は通常30曲前後を各媒体(VEGA,au,Soft Bank,iTunes Store,USEN,Rakuten,他)が配信販売していますが、クール毎に配信ラインナップが入れ替わっている場合もあり、年間を通じて販売されていない曲もあります。
また、auの着うた着JAZZフルは本年8月31日をもってサービスが終了した関係上2011年12月期のインタラクティブ配信数が一部減っています(注:au着うた着JAZZのサービスは従来通り継続中です)

クリックすると元のサイズで表示します

では、インターネットでのダウンロード売上による今年の1クール毎のベスト5から発表です。



クール別ベスト5

[2010年10月-12月期ベスト5]2011年3月期集計

1.THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)
2.CHANNEL OCTOBER (アルバム『STREAM OF LIFE』2008年ベガより発売)
3.BIRD SONG (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
4.LAST STUDENT (アルバム『SIX INTENTIONS』2002年TBMより発売/2007年ベガより再発)
5.EMPTY PROPHET (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“The Gleaner”収録アルバム『NEXT DOOR』(VMEより発売中)



[2011年1月-3月期ベスト5]2011年6月期集計

1.FLIP FLOP (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
2.I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
3.BIRD SONG (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
4.VIOLET RAYS (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
5.NOSTALGIA (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Flip Flop”収録アルバム『SYNERGY』(VMEより発売中)



[2011年4月-6月期ベスト5]2011年9月期集計

1.SILENT BUTLER (アルバム『AXIS』2010年ベガより発売)
2.FAIRY TALE 1982 EPILOGUE (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)
3.BIRD SONG (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
4.EMPTY PROPHET (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)
5.VERSIFIER (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Silent Butler”収録アルバム『AXIS』(VMEより発売中)



[2011年7月-9月期ベスト5]2011年12月集計

1.RING (アルバム『FOCUS LIGHTS』2005年ベガより発売)
2.I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
3.THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年ベガより発売)
4.BIRD SONG (アルバム『SYNERGY』2005年ベガより発売)
5.FAIRY TALE 1982 EPILOGUE (アルバム『TIDE GRAPH』2007年ベガより発売)

クリックすると元のサイズで表示します
当期配信ベスト1“Ring”収録アルバム『FOCUS LIGHTS』(VMEより発売中)



それでは、いよいよ

年間配信ベスト5の発表!!
順位は2011年度全4クール(10年10月-11年9月)の売り上げ合計。

2011 MP3's BEST 5 !


1THE GLEANER (アルバム『NEXT DOOR』2000年発売)
Member:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)

SILENT BUTLER (アルバム『AXIS』2010年発売)
Member:赤松敏弘(vib)佐藤浩一(p)

FLIP FLOP (アルバム『SYNERGY』2005年発売)
Member:赤松敏弘(vib)井上信平(fl) 松島美紀(marimba)

I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH (アルバム『SYNERGY』2005年発売)
Member:赤松敏弘(vib)村井秀清(p)松島美紀(marimba)

BIRD SONG (アルバム『SYNERGY』2005年発売)
Member:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)



2011年はデュオとチェンバー・スタイルのジャズが強し!

MySpaceでも人気のTHE GLEANERは販売でも好調。二位の「SILENT BUTLER」の約2倍強の売り上げ。二位以下は接近戦。

音楽配信全体の売り上げは2011年6月期と9月期(トータルすると2011年前半)は減少気味で特に9月期(11年4月-6月)の減少が目立つ。東日本大震災による影響がこんなところにも現れている。

その反面、2011年12月期(7月-9月)は配信曲の入れ替えなどもあり全体的に増加傾向。対前年同期で比較すると当期36曲配信中3曲を除き全て増加。

驚いたのは今年の音楽配信ベスト5が全てデュオやチェンバースタイルのジャズ曲である点。
こんな年は(たぶん)初めてだと思う。
インスト系の音楽配信は『賑やか系』から徐々に生音による『癒され系』へとシフトしつつあるのかも。
もちろん僕の周りの話しだけど、ね。


クリックすると元のサイズで表示します


さて、それでは音楽配信以外(放送使用、演奏使用、録音使用等)も含めた年間の最高殊勲曲は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

■2011年曲別総合売上ベスト5

放送等で使用された楽曲の収益も含めた売上ベスト5です。
どこかで聴いているかもしれませんね。


では年間稼ぎ頭ベスト5発表!!


1『FLIP FLOP』
演奏:赤松敏弘(vib)井上信平(p)松島美紀(mar)
アルバム『SYNERGY』(2005年発売)



2『OVER AGAIN』
演奏:赤松敏弘(vib)佐藤浩一(p)澤田将弘(b)樋口広大(ds)
アルバム『AXIS』(2010年発売)



3『I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH』
演奏:赤松敏弘(vib)村井秀清(p)松島美紀(marimba)
アルバム『SYNERGY』(2005年発売)



4『BIRD SONG』
演奏:赤松敏弘(vib)ユキ・アリマサ(p)
アルバム『SYNERGY』(2005年発売)



5『MYSTICAL INSIGHTS』
演奏:赤松敏弘(vib)市川秀男(p)鈴木良雄(b)大坂昌彦(ds)
アルバム『STREAM OF LIFE』(2008年発売)


クリックすると元のサイズで表示します


FLIP FLOP”は前年の10年4月 - 6月期から今年の2011年1月 - 3月期までテレビ(NHK)で使われていたようです。回数もかなり多いようなので決まった番組のBGMではないかと思われます。
昨年も書きましたが、ヴィブラフォンとマリンバにピアノやフルートを加えたアンサンブルは放送に合っていると思うし、実際に“FLIP FLOP”は放送関係の人からリクエストされて作った曲の中のストックだったので、とても嬉しい。
それにしてもアルバム『SYNERGY』からの曲がベスト5中3曲ランクインとは、ちょっと驚きです。

OVER AGAIN”は昨年リリースしたアルバム『AXIS』がNHK、民放各局で紹介されていた事もあり今回ランキング入り。

I'VE SEEN YOUR FACE BEFORE IN MY TOUCH”と“BIRD SONG”はそれぞれ2011年1月 - 3月期にテレビ(NHK)で使われていたようです。

MYSTICAL INSIGHTS”は音楽配信に加え、2011年4月 - 6月期にテレビ(NHK)に使用されたようです。

今回ランキングには入りませんでしたが、“STILL ON THE AIR”が2011年4月 - 6月期に民放テレビで使われているようです。この曲が収録された2003年のアルバム『STILL ON THE AIR』の発売元(株)スリー・ブラインド・マイスはすでにSONYレコードへ統合されてオリジナルレコードの制作や販売は終了しているのですが、このようにテレビで流れてくれると嬉しいですね。現在は海外のサイトでしか購入できないアルバムですから。

どちらにしても、様々な場所で自分の曲が使われているのは、大変幸せな事です。

ご購入いただいたみなさんに心から感謝!!
そして共演者、その他スタッフに感謝!な2011年のベストの発表でした。

来年もよろしくー!

赤松音源は以下の携帯電話着うたダウンロード・サービスでも購入出来ます。
どうぞご利用くださいませー!


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ