2012/1/18

寒くってもやっぱりねぇ・・・・クリームもいいけどミルクもいいな  水曜:これは好物!


午前2時。
確実に零度に近い中を近所のコンビニまでテクテクと

湯水の如くに消費する我が家のコーヒー。
当然ながらペーパードリップですから、コーヒーを飲む時にフィルターは必須。

しかし・・・

が〜ん!

無い!!

しからば、とコンビニへと足を運ぶわけだ。
寒いとは言え、出たら出たで歩くと身体が温まる。
温まるから一番近いコンビニはスルー。
午前2時にウォーキングもあったもんじゃないけど、元々夜型だから以外に快調。
次のコンビニもパス。



さらに向こう、、、、とどんどん先のコンビニまで行く。
片道15分くらい。

もういいっか、と入ってコーヒーフィルターと出掛けに家人に頼まれたゴミ袋のSサイズ。
エス、エス、、、S、、っと、見つけてレジへ。

さあ、再び15分のウォーキング。
もう身体は完全に温まっているのですこぶる快調。

松山の実家界隈だとこの時間帯はまだまだ序の口。いろんな店が開いているのであちこち顔を出しながら寄り道の嵐になるのだけど、こちらは完璧な住宅地だからこんな時間には何にもない。
寄り道もせいぜいコンビニってところだから実に良い子の歩みでしっかりと帰宅。

「はい」
とキッチンで料理の仕込みをしていた家人に買ってきたゴミ袋を差し出すと、なぜか笑っている。

うん? どーした??

っあ!>へ<

袋の色。。。

しまった、、、家人は普通のゴミ袋のSサイズをオーダーしていたのに、僕は何の疑問も挟まずにブルーの不燃物用のSサイズを買ってきてしまった。

有料化になってからの分別ごみとか普段慣れていないから、ゴミ袋と言えばブルー色という昔の先入観が未だに抜けないんだ。
まぁ、不燃物用も必要だろうからもう一度行って来るよ、と再び外へ。

午前2時40分。

さすがに今度は一番近いコンビニへ。

ナニやってんだろーなぁ。。こんな時間に二度も出るとは・・・
再びコンビニで、今度はしっかりと確認して燃えるごみ用のSサイズを。

帰って来たらすぐコーヒー、という僕のオーダーに家人が応えてくれていたので、戻って来たら温かいコーヒーの登場。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしいねぇ、コーヒー。

っえ? 今日はコーヒーですかって?

いえいえ、違いますよ。
ただ、こうやって、コーヒーを飲みながらブログの更新をするという普段の行為に至るまでに、今日は随分と遠回りだったのですね。

外はキンキンに冷えてるこの時期。
暖かい食べ物や、身体がホカホカになるお酒など、好物はたくさんありますが、例えば「お酒を飲んだ後」に食べたくなる物ってありませんか?

これ、人によって様々だと思うんですが、、、

僕の場合は、、、、

なぜか、、、

無性にアイスクリーム!!

これが、少し酔った身体に凄く気持ちいいんですよ〜。
ビールでも、ワインでも、バーボンやウイスキーでも、もちろん日本酒でも、僕はアイスが〆。

同じ日本酒党の人気DJの小川もこさんとラジオの番組でこの話しになって、「え〜っアイスですか〜!?」と目を白黒された事があるが、いや、コレ、僕はお薦めです。

で、

コンビニでよく見掛ける“H”の付くダッツや“F”の付くションなど、やや小ぶりの容器に入ったやや高めのアイスクリームがここ数年間は定番だったのですが・・・・

つい先日、買ってみたら、凄くハマってしまったのがコレ!

クリックすると元のサイズで表示します

ヒトデじゃないよ。

蓋をすればわかるかな?

クリックすると元のサイズで表示します
『博多あまおうアイス』(福岡県久留米市・丸永製菓株式会社製)http://www.marunaga.com/

今や東京でも馴染みになってきた「白くまアイス」の丸永製菓のアイスクリーム。

これまで慣れていた“H”の付くダッツや“F”の付くションなど小振りで高めのアイスの食感とは全然別モノだけど、これが美味しい。

このメーカー、以前には「長崎カステラアイス」というビックリ仰天なアイスを販売していたのでインパクトがあった。

2007年5月23日ブログ『バカウケと好物』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20070523/archive

昔の記事を見てくれるとわかると思うけど、カップアイスの中にカステラがまるまる入っている、という実にインパクトある商品で、これはシャレなのか本気なのか随分判断に悩んだ。

そ、、そのまんまじゃん!

というツッコミが聞こえてきそうでした。

でも、今回の「博多」あまおう(このメーカー、なぜか九州各地の地名を冠するのが好きなようです)は、カップを開けたら「あまおう」が一粒入っていた、な〜んて芸ではなく、丁寧に、しかも風味が飛ばないように練り込んで、実に味わい深い商品に仕上がっているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

うっすらと、ホントわからない程度に苺がかった色のクリームに、所々苺の粒が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

あまおうの果肉は12%入り。

では、行きますか!

クリックすると元のサイズで表示します

スプーン投入!

クリックすると元のサイズで表示します

はいはい。。

クリックすると元のサイズで表示します

真冬の午前3時前。

アイスとたわむる。。。

クリックすると元のサイズで表示します

イケません、イケません。。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん進んでしまいますねぇ。。。

海外の“H”の付くダッツや“F”の付くションなど小振りで高めのアイスとは明らかに異なるこの食感。
なんと表現すればいいか。
海外のまた〜り濃厚系アイスには無い、後口の清々しさ。
日本のオーソドックスな市販タイプのカップアイス。
それでいて絹のように滑らかな食感と、あまおうの風味が口いっぱいに広がる。
何度口に運んでも飽きの来ない味付け。

いわゆる、アイスクリームとはちがう、アイスミルクという部類の商品。

調べてみたら、アイスクリームのその他の基準は国によって異なるのだそうな。

日本でアイスクリームと名称出来るのは乳固形分15%以上(うち乳脂肪分8%以上)、アイスミルクというのが乳固形分10%以上(うち乳脂肪分3%以上)、ラクトアイスというのが乳固形分3%以上、アメリカではアイスクリームと名称出来るのは乳固形分20%以上(乳脂肪分10%以上)を含むものとされているので日本のアイスクリームよりも濃厚なはずだ。

で、

この「あまおうアイス」はアイスミルク。厳密に言えばアイスクリームではない。

ただ、その濃度の違いが、このさっぱりとした味わいに結び付いているような気がする。

冬の乾燥した空気の中で、一口、ひとくちが実に気持ちいい。

あ〜、この食感!

あ〜、この味覚!

クリックすると元のサイズで表示します

御褒美、ごほうび!







門松門松

『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ