2012/1/30

便利なようで不便だらけ。危ない、危ない・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


昨年10月に世間を騒がせたドイツの人工衛星の落下。インド洋のベンガル湾上空で大気圏に突入して無事に燃え尽きたようだけど、大気圏突入があと7〜10分遅れていたら、衛星の残骸が北京を直撃していたかもしれないそうな。

最大30個で総量1.7トンもの「不燃ごみ」が空から降って来られてはたまったもんじゃない。
しかも北京のような人口密集地を直撃していたら・・・・下手をすれば国交問題、タイミングが悪ければそれを引き金に戦争にまで発展しかねない深刻な事態。

危ない、危ない。

空から人工衛星が落っこちて来る時代に私たちは生きているのですよ。

どう思います? それっ。





虫の知らせというのがある。
さしずめ僕の場合はビブラフォンの鍵盤を繋ぐ紐(バーサスペンションコードと言う)が「そろそろ・・・?」と思うと一週間以内に切れる。

まぁ、ヴィブラフォンの運搬で分解と組立てを繰り返していると鍵盤の脱着時にわかるものなので、虫の知らせと言うほどのものでもないが、「そろそろ・・・」はよく当たる。

クリックすると元のサイズで表示します

僕は、ビブラフォン・メーカーの純正バーサスペンションコードは切れにくいがノイズも出やすいし、鍵盤のホールに対して若干太すぎる気がするので、市販品のアクリル紐を使っている。
市販品だといろんなカラーがあるのでちょっぴり「遊び」も出来るのだ。(純正品は地味な色ばかり。目立たないように考えているらしいが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

「予感」に基づいて手前の基音側の紐を交換する事に。

現在のブルーから、昨年暮れに吉祥寺でストックしておいたスカイブルーの紐にチェンジ。

クリックすると元のサイズで表示します

買う時に長さが3mと今まで10m単位だったものからすると三分の一以下の長さに小分けされているのがやや気になったものの、採寸上では事足りる長さなので気にはしなかったが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いざ装着してみると、かなりギリギリ。
いや、ヴィブラフォンにピッタリ・サイズ。

できるならもう50cmくらいの余裕がほしい(演奏中に切れた時の補修作業を楽にする為に)が・・・

鍵盤の数が少なく全体の長さは短くて済む派生音側のオレンジ紐と比べると余裕がないのがわかる。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は値上がりがわからないように細工して販売されるケースが多い(この場合は小分けして必要最小限サイズにしたようだ)が、、もうちょっと短く区分けでもされたりしたら・・・・・危ない、危ない。。

小分けされてメーター辺りの価格が同じならいいが、だいたい微妙に値上がりしている。
必要な分だけ、お安く・・・・
でも、それは値上げのカモフラージュでもあるんだ。
まして、長いのがほしい人には、「余計なお世話」だムカッ




リビングのカーテンが汚れて来たので洗濯をしようと。
我が家ではある部分の掃除は分業されていて、カーテンの洗濯係りは僕。
そんなに頻繁に洗濯するわけではないので、新年会も終わってちょっと一区切りなので汚れを落とすか、と。

いつものようにカーテンを外し、洗濯機へ投入。
リビングのカーテンはワイドサイズなので特に気を使う。

さて、一応洗濯から脱水、軽く乾燥をかけたところで「この辺り」というタイミングに取りだして、やや湿り気はあっても乾燥の余熱とこの時期なら暖房によって、カーテンは元のようにレールに吊るしておけば綺麗に乾く。
僕のこれまでのやり方だ。

で、

そろそろ、というタイミングなので洗濯機を止めてカーテンを取りだそうとしたんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが・・・・ムカッ

最近買い替えた最新式の洗濯機め。
ボタン操作で止めても蓋が開かないではないか!!

うぬぬ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

っあ、バカモノ、なぜ蓋をロックしているんだ、解除しろ。止めてるのに。

スタート・ストップボタンを押してもキーロックされたままで開かない。

「こら〜、そのまま余熱で乾燥しちゃうとしわくちゃになっちゃうじゃないかー!」ムカッムカッ

シワ取り機能なんてーのも付いてはいるが、こんなワイドサイズのカーテンにそんな機能が有効なはずがない。

「開けろ〜! コノヤロー!!」

キーロックは電源を切っても解除されず、ならば敵はサーモスタットと踏んで、百歩譲って30分して余熱が少しでも冷めたら開くんじゃないかという友好的希望的観測で紳士協定を結び待機。

30分後・・・

やっぱり開かない!

そうこうする内にも中ではどんどん乾燥が進み、しわくちゃのままのカーテンを想像するだけでも怒りがこみ上げて再び戦闘態勢。

「開けろー! 」

ふむ。

サーモスタットとは別か。。
敵もなかなかやるな。

しかし、、

所詮は機械だ。
ならばダミー操作と行こうじゃないか。

再度電源を入れ、乾燥のメニューだけセットし、スタートさせてすぐに停止。

っお、これは有効と見えてキーロックの点灯が消えた。

勝利だ!!!
ハハハ、所詮機械だ。
ハハハ、勝利だ。

しかし・・・

しっかりとシワ染めとなったカーテンを再度脱水し、取りだしてカーテンレールに戻しても、こまかいシワは残ったまま。

う〜ん、最新式って便利で不便ねぇ。。。。
余計なお世話機能。
しかも融通が利かない。



融通が利かないとくれば・・・・

最近パソコンはMacとWinの両方を使い分けているのだけど、やっぱりWinだと何かと融通が利かない。
いや、悪いのではなく、余計な事を勝手にやろうとソフトがするのだ。
何か知らないところで知らないソフトが立ちあがって、その作業を停止しないと思わぬ事が思わぬところで起こっている。

デジカメを接続したら使おうともしないソフトが勝手に立ちあがったり。。。
しかもそれが「私が一番指名」とばかりに従来の画像データを全部取り込もうとする。
なんでこんなに重たいのだろう? と調べたら、画像関連のデータを二つのソフトが取り込んでいたりする。
しかもわけのわからないカレンダーが出て来て日付順に並んで・・・・
いや、最初からこれしか使っていなければ便利かもしれないが、他のソフトで管理していると・・・・

余計な御世話だブーイングブーイングブーイングムカッ

便利なようで不便な事だらけ。
ネットのコミュニケーション・ツールも自由でバラバラで良いと思うのに、急に統一しようと意気込むのがいる。
統一というのは、一見整理整頓に見えるが、単純な構築にして一括制御するようなもので、結局情報を全て管理下に置くという事だよね。
ちょっと気味が悪いかも。。

危ない、危ない。

こんな事では次の大きな展開には繋がらないゾ!





『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ