2012/2/6

サイレン並み・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


いつものようにスイッチを入れ、ONのランプが点灯しているのを確認してから洗いもの。
家にいる時、洗い物当番の時はこれが習慣だ。

コーヒー。

コーヒーはコーヒーメーカーのドリップだ。
昔はジャズ喫茶のモノマネよろしく、ポットから少しずつお湯を注いで挽いたマメが開花するようにドリップを楽しんでいたのだけど、今や時間が足りない。

だから取りあえずコーヒーメーカー任せにドリップ。
我が家のコーヒーの消費量は大家族並み。
僕がコーラに加えてコーヒー派なのと、ビブラフォンのレッスン生など来客が比較的多い。
だから上等なコーヒーメーカーではすぐに壊れてしまう。
平均するとだいたい3年くらいでギブアップ。
だからどうしても素早く入るタフなコーヒーメーカーになる。

ゆっくりと味わいたい時は手動ミルで挽いてポツポツとドリップする。

キッチンで洗い物をする前に、セットしてスイッチON。
洗い物が終わる頃にはコーヒーがいい香りを撒き散らしながら入っている、という寸法。

で、

洗い物が終わって振り向く(シンクの後ろのカウンターにコーヒーメーカーがある)。
さぁ、コーヒータイ〜ム!

マイカップを出して、注ごうと・・・・・あれ?◎o◎

ない・・・・・・

落ちてない。。。。

コーヒーが・・・・・

ガ〜ン>へ<

こ・わ・れ・た・・・

ううぬ。。。スイッチはONの状態なのに、電熱器が作動していない。。
こりゃダメだ、、、TдT

諦めは早いほうである。

早速、家人が朝眠気覚ましに濃くして飲んでいるインスタントコーヒーを入れる。

ううん、、、、

インスタントの他、ナニモノでもない。。

なんか調子が出ないんだよねー。

取りあえずその夜は我慢。
でも翌朝、やっぱりコーヒーが無いと頭が全然冴えない、というよりも、いちいち生活のリズムが狂う。

ついつい習慣でキッチンに入ろうとするのだけど・・・・

そうだよなぁ、、壊れちゃったんだよなー。。。

っで、

切り替えも早いほうです。

クリックすると元のサイズで表示します

あっと言う間に某家電店の地下駐車場。

買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ツインバードというメーカーのミル付き全自動式。
たっての家人の希望を受け入れて今回はミル付きに。
僕は手挽きじゃないと機械の摩擦によって味が飛ぶ、と昔聞かされて以来電動ミルはパスしていた。

まぁ、もう、21世紀だし、それほどの事もなかろう、、と。

クリックすると元のサイズで表示します

これが意外とデカイ。

でもなんとか収納。

早速電動ミルで入れてみる事に。

わくわく。
わくわく。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり“お初”というのは何でもわくわくしますね。

家人が水を入れ、豆を入れ、いざスタンバイ!

「行きます!」

「ラジャー!」

スイッチ・・・・・ON!

スイッチを入れると同時に家人曰く・・・

「なんか、ネットで調べたらミルの音がちょっとデカイみたいよ」と。。

間髪入れずに・・・

コーヒーメーカーから、

ウイーン。。という電動ミルの音、、、

それが・・・

ウイーン、、くらいならいいんですが。。

ウイーン
ウイーン、
ウイーン、、
ウイ、ウイ、ウイーン!!!

どんだけ大きくなるんでつか!

最後は消防サイレンの如く・・・・

「確かに音が大きいというのは本当だった・・」

二人して降参です。

かくして、我が家には新しく、

消防サイレン付きミル付き全自動コーヒーメーカーが仲間に加わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

して、お味の方は・・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

すっきりした味わいの仕上がりに及第点。
しかし、深夜のコーヒータイムは・・・・・・・

従来通り挽き豆ですな、これじゃ。






『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■TSUTAYA DISCAS
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ