2012/4/10

見慣れぬ顔と見慣れた景色と懐かしい光景とノーメンテナンス  火曜:街ぶら・街ネタ


ちょっと前の事です。
岡山から松山に向かう特急「しおかぜ」号に乗って、こっくり、こっくりと居眠りをしていた時の事。
途中の川之江駅に停まった時、となりのホームに見慣れぬ顔をみつけ慌ててカメラを取り出しパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

見慣れぬ塗装に見慣れぬ顔つき。
アムトラックのようなデザイン。。。

てっきり新しい機関車かなにかかな? と思ったら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

横顔は何かの計測車?

クリックすると元のサイズで表示します

いやいや、新幹線?

っあ!?

フリーゲージ・トレインって奴だ。
新幹線と在来線は線路の規格が異なるので山形新幹線を皮切りに、秋田新幹線など、在来線の線路を改良して乗り入れている区間があるが、この列車は自らの車輪の幅を走りながら変換してそのまま新幹線から在来線に乗り入れる方式の、いわば「自主的新幹線(笑)」のプロトタイプらしい。

岡山起点の米子、高松、松山方面と、九州の長崎方面でこのフリーゲージトレインの誘致があると聞く。
随分前から開発されているようだけど、なかなか成功しないらしい。新幹線の速度よりも、最低でも在来線の現在の速度よりも劣らないで走る点での技術確保が難しいのだそうだ。

乗っている「しおかぜ」号は振り子制御をつかってカーブでも速度を落とさずに通過しているが、この仕組みを取り込むのに苦労しているようです。

まぁ、欲張り過ぎと言えばそれまでだけど・・・・ね(笑)

そんな珍しい“顔”にも会える松山行き。
やはり他よりも鉄分が多めだ。



所用で実家松山に滞在。
出掛けたついでに近所でパチリ。ネタには事欠かない街だから何か拾えるでしょう。

まずは・・
この界隈。

クリックすると元のサイズで表示します
一番町通り

一番町通りと言えば、やはりネタはこれ。
路面電車。鉄分多め。

市内電車(松山では路面電車とか市電とは呼ばない)五系統と近郊の鉄道三路線を一手に担う伊予鉄道は今年125周年。ちょいと田舎のくせに鉄分の発達は早く、私鉄では南海電鉄の次に古い。

クリックすると元のサイズで表示します

この通りにカメラを向ければ誰でも路面電車の二、三台は必ずファインダーに納まる。
似ているがそれぞれ細部は異なる個性派揃い。

クリックすると元のサイズで表示します
1960年代生まれの70番台と2000年代生まれの2100番台(広告塗装)

クリックすると元のサイズで表示します
1950年代生れの50番台と1960年代生まれの70番台

クリックすると元のサイズで表示します
オリジナルばかりの中に紛れこんだ1960年代生まれの元・京都市電2000番台。

クリックすると元のサイズで表示します
現段階の最新配備車2100型2110号(オリジナル塗装)

クリックすると元のサイズで表示します
もはや街の名物。観光用の「坊ちゃん列車」(タイプ2)

まぁ、一番町通りは鉄分多めにソソラレる通りだ。



所用で南に下る。
一番町通りから南へ順に、二番町、三番町と・・・

クリックすると元のサイズで表示します
二番町通り(西行き一通)

完璧な飲み屋街。
ちょうど配達のトラックが行き交う時間帯なのでネタはどうかな・・・と思っていたら。。

うん?

ゲゲゲっ!!

クリックすると元のサイズで表示します

どっかで見たようなロゴ。。。
飲み屋の看板なのだけど、、、いいのか? まぁ、松山だからいいのだろう、たぶん。

南北に抜ける八坂通りでさらに南へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっぴり変わりものの親戚のおじさんのビルの壁面にはつい最近まで「消費は美徳」という物凄いスローガンが掲げられていたのだけど、さすがに震災以降は大人しく青い「観光とレジャーの街」という看板に掛け替えられていた。

クリックすると元のサイズで表示します

この界隈にはジャズ関係の店が多い。
ライブをやっている「キーストン」と「モンク」は一軒挟んで並びにある。



三番町通り
クリックすると元のサイズで表示します

ここは東行きの一通。飲み屋街と官庁街が大街道アーケードを挟んで集中。

うん?

クリックすると元のサイズで表示します

トレーラー・ハウスがこんなところに・・

クリックすると元のサイズで表示します
実は最近出来たらしい…ラーメン屋

三番町通りを歩いていると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

“Con Alma”ってディジー・ガレスピーの曲にあったなぁ。

などと看板を見上げていて、今まで気付かなかった事に気付いた!

えええっ!!!

このホテルなんですけど・・・

わかりますか?

なんで驚いたか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

もうちょっとアップにしてみましょう・・・・

っええ〜〜〜!!

クリックすると元のサイズで表示します

し、、し、、、室外機の嵐。。。

クリックすると元のサイズで表示します

遠目で見てる分にはビルのデザイン程度にしか見えませんでしたが、まさか・・こんなに室外機が・・・・
タイル並みにならべられているなんて・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

さらに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

奥の側面にも・・・

よっぽど個別制御にこだわったのでしょうか。
ふつうならこういう場所はデーンと一括制御の空調システムなのですが、、、さすが松山です。

そのまま進むとこのブログではお馴染みの大街道アーケードに。

クリックすると元のサイズで表示します
大街道二丁目(一番町方向)

南に抜けるので大街道をこちらへ

クリックすると元のサイズで表示します
大街道一丁目(銀天街方向)

大街道の出口と続く銀天街アーケードの間は千舟町。

クリックすると元のサイズで表示します

この通りは「八重桜」が風物詩。

クリックすると元のサイズで表示します

この陽気ですでに咲いているところもある。

クリックすると元のサイズで表示します

この通りまでがいわゆる歓楽街。
この通りを渡ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
やはりこれは八重桜だよねぇ・・・?ソメイヨシノではないのは確か

クリックすると元のサイズで表示します
逆光でよく見えなかったが、あちらはソメイヨシノかもしれない・・・

どうも植物に疎い。。。

でもこっちには滅法強いゾ!

子供の頃、おこづかいで密かに通って食べていたなぁ。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

その昔、松山で明石焼きと言えばココだった。
出汁で食べるたこ焼き。玉子焼きとも言っていた。

商店街からもちょっと外れると、昔の記憶が甦りそうになるスポットに入る。

クリックすると元のサイズで表示します
大街道から続いてL字型に曲がって私鉄の松山市駅を目ざす“銀天街”アーケードをちょっと抜けたところ

クリックすると元のサイズで表示します

いい感じのビルが残っています。
名前からも「銀座」がブランドだった時代を彷彿とします。

と、この交差点の反対側では・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ひゃ〜

でも気持ちよさそうです。この陽気なら。

クリックすると元のサイズで表示します

ミシンの修理でしょうか。
気持ちよさそうに作業している光景がとても懐かしい感じに思えてきました。

この辺り、何年ぶりに歩いているんだろう・・?
いつもアーケードの中を抜けて行くだけで、こっち側を歩いていませんでした。

なんか、ホントに懐かしい感じ。

用事を済ませて、南北に走る八坂通りで実家に向かっている時でした。

クリックすると元のサイズで表示します

八坂通りとさっきの三番町通りが交差するところの・・・

クリックすると元のサイズで表示します

角にお寺があるのですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お寺の「掲示板」のところにある文字にふと目が行きました・・・

うん?

どういう意味だ???

クリックすると元のサイズで表示します

ノーメンテナンス?
設置十五年で?

って事は、十五年間もメンテナンスが必要だった、という意味にしかとれないのだが・・・・

なんでそれをわざわざ掲げているのか、、、

まぁ、
・・・・松山だから、それも許そうか!

この間実家を出てから三十分くらいの出来事。
相変わらずネタには事欠かない街だ。

ノーメンテナンス!!

(笑)






赤松敏弘meetsハクエイ・キムBand

今度は足利! 足利 meeting!!
ドラマー小山太郎プレゼンツでゴールデンウイークに登場!!

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vib)
ハクエイ・キム(p)
生沼邦夫(b)
小山太郎(ds)
ゲスト:小林啓一(vib)

只今絶賛発売中。
ゴールデンウイークのお出掛プランに是非どうぞ!




『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ