2012/4/25

どうせ企画品だろう・・・と高をくくっていたら・・・  水曜:これは好物!


揺れましたねぇ〜、午前5時15分過ぎ。千葉県の銚子付近が震源のようです。この辺りは震度3。まだまだ地震は群発しています。



まぁ、物は試しって事で買ってみますか〜。^_^
そんな気楽な気持ちで、そして明らかにまったく期待感を持たずに買ったわけです。

もちろん作っているところのレベルから、外れても「許容範囲」で価格を考えれば腹を立てる事もないだろう・・・
という打算もあっての事。

まぁ、「高をくくる」とは正しくこういう事という典型だ。

取りあえずの保険に写真撮っておこうか。パッケージくらい何かのネタになるでしょう

まったくもって「上から目線」でカメラの被写体にされているのがコレ。

クリックすると元のサイズで表示します
『新青森駅〜鹿児島中央駅 開通一周年記念弁当』(日本レストランエンタープライズ NRE大増製)
http://www.nre.co.jp/

東京駅のコンコースで一番大きな駅弁屋だった“駅弁屋旨囲門”が付近一帯の改築工事によって閉鎖されてから最初に買った東京駅の駅弁だ。
買ったのは東海道新幹線の窓口がある側の駅弁販売店。

ショーケースに並んだ駅弁を係り員に告げて買う方式の昔ながらのスタイル。
いちいち声を掛けて「あれください」というのがなんとも面倒だ。

これに比べると“駅弁屋旨囲門”は一つ一つ手に取って成分表なども見ながら選別し、自らカウンターに持って行くスタイルだったから便利だった。
(たぶん)何処かにまた新装出店するだろう。
だって、ショーケースの向こう側に並べただけの昔スタイルだと、購買欲が萎えてしまうから売り上げも落ちてしまうだろうし。
いや、ホント、こういう素人ユーザーの意見は聞いておいたほうがいいよ。きっと数字に表れるから。

さて、そんなだから『商品』の品定めも不十分なままに購入したこの駅弁に、最初から期待するほうが無理。
パッケージだけで選べと言われても、無理だよ。
しかも、このダサダサ加減でしょ。

もちろん鉄分は多めだけど、パッケージに鉄分を入れられるとチト恥ずかしいタイプ。
子供向けか?
いやいや〜、子供向けにしてはちょっと子供っぽさに欠ける。

クリックすると元のサイズで表示します

このダサさ加減がいい、と後にプレミアムが付いたりするから世の中わからないものだけどね。

新幹線が北は東北の新青森から南は九州の鹿児島中央まで繋がってから一周年を記念して作られた駅弁。
本来であれば2011年3月12日に盛大なセレモニーが行われて新幹線網の完成を祝うはずだったが・・・
その前日にあの未曾有の東日本大震災。日本が終わってしまったのだ。
新規開業区間の博多〜鹿児島中央の開通セレモニーは全て中止となり暗雲たちこめる門出となってしまった。

何ともやり切れない気持ちで九州新幹線は開業し、東北新幹線は震災の影響で寸断されてしまった。
本州と九州の新幹線網が本来の姿で動き出したのは夏も過ぎて秋にかかる頃だった。

しかし、震災と放射能の影響が少なかった西日本の新幹線網は確実に機能して一年が過ぎた。
言うまでもなく京阪神と九州との流動の変化だ。

個人旅行商品の新幹線利用は京阪神から熊本方面が対前年比5倍、鹿児島方面は15倍に膨れ上がっているらしく、流動率も京阪神と鹿児島の鉄道利用率が対前年比3倍の40%、熊本では2倍の60%を占めているそうだ。

凄いね。
やはり今後の日本を牽引するのは、この京阪神パワーしかないよ。

さて、青森県から鹿児島県まで新幹線が繋がったと言っても、実際に直通しているのではなく、レールも東京駅で切れている。
東北からの列車は全て東京駅まで、東京駅から鹿児島までは1本のレールで繋がっているにも関わらず東京発鹿児島行きという列車は無い。
従来通り東京からは博多まで。
あくまでも九州新幹線は京阪神との直通用に作られているわけだ。

さて、そんなだから「開通一周年記念」と言われてもリアリティーに欠けるのだけど、長年の新幹線網の骨格がようやく完成した事を祝いましょう!!

はい!!

クリックすると元のサイズで表示します

おお〜!!@@;

なんともダサダサだったパッケージとは裏腹に、なんかちょっと期待しちゃうんですけど。。

はい〜!!

クリックすると元のサイズで表示します

おお〜!!@@;

お品書きはこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

端っこが切れてしまったが、これに・・・

・りんごシロップ漬け【青森】
・チェリーシロップ漬け【山形】

が載っている。

反時計回りに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
芋子煮風煮物【山形】、里芋、玉葱、牛肉、人参、たこ焼き【大阪】、

クリックすると元のサイズで表示します
白飯に鰻の蒲焼【静岡】、明太子【福岡】、錦糸卵

クリックすると元のサイズで表示します
味噌カツ【名古屋】、甘辛鶏唐揚げ【名古屋】、さつま揚げ【鹿児島】、九条ねぎの酢味噌和え【京都】、チェリーシロップ漬け【山形】、りんごシロップ漬け【青森】

クリックすると元のサイズで表示します
深川めし【東京】、あさり時雨煮、飾り人参、海苔

早速一口食べて驚いた。

こういう企画ものとなると、名物なり何なりを適当に詰め込んで見た目だけは賑やかにしているのに、何を食べても同じ味付けだったり、どう考えてもバランスしない食材のバッディングがあったりするもので、「記念」という事で帳消しにされてしまうものが多いのだけど、、、、

これは違った。

まず、あくまでも各地を代表する食材をイメージしたもので、各地からその調理品を集めたわけではない。
各地が集めれば確かにその土地の味が味わえるのだけど、一つの駅弁にそれを無理やり詰め込むと、とてもバランスの悪い、最悪の場合はお互いがお互いの味を殺し合う結果に至ってしまう場合だってある。

これはあくまでも各地の食材をイメージしながら、NRE大増が作ったイメージ弁当。
だから、全てが見事にバランスしていて、しかもそれぞれの特徴をよく出した調理が成されているのに感心。

どれを食べても旨いのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

世の中、この例を挙げるまでもなく、先入観や見た目で物事を判断してはいけないね。

今日のような場合は「嬉しい誤算」だったけど、大抵の場合は「後悔」しか残らない。
人生日々精進。

ああ、なんて美味しいんだろう。
もっと素直な気持ちで最初からいただきたかった駅弁のナンバーワンです!!

ご・ち・そ・う・さ・ま・で・し・た〜





赤松敏弘meetsハクエイ・キムBand

今度は足利! 足利 meeting!!
ドラマー小山太郎プレゼンツでゴールデンウイークに登場!!

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vib)
ハクエイ・キム(p)
生沼邦夫(b)
小山太郎(ds)
ゲスト:小林啓一(vib)

赤松meetsハクエイの人気プログラムに加えて、北関東で活躍中のヴィブラフォン奏者小林啓一をゲストに迎え滅多に見れないツイン・ヴァイブのバトルなど、今回も見どころ満載の一夜!

只今絶賛発売中。★残席僅か! 御予約はお早目に!!

国指定史跡“足利学校”や“あしかがフラワーパーク”、“栗田美術館”などの観光名所に恵まれた足利観光( http://www.ashikaga-kankou.jp/ )と合わせてゴールデンウイークのお出掛プランに是非どうぞ!



『2011年ベスト・ライブ(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ