2012/7/11

期待しないでおくと、当たるんだな、コレが・・・・やっぱり駅弁マークのある駅弁じゃなきゃねぇ  水曜:これは好物!


先日東京駅で、あんまり馴染みの無いメーカーの駅弁を買ったら・・・実にヤラレました。

この時代に、まだあるんですね〜、ホント、やっぱり馴染みじゃないと怖くて手が出せないなぁ。。

っで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

車窓はすっかり夏景色。
まだ梅雨の晴れ間だといいますが、こうやって海沿いを走ると「夏宣言!」したくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

海沿いを快調に駆け抜ける特急『しおかぜ1号』は、併走する国道の車をごぼう抜き〜!

クリックすると元のサイズで表示します
ブッチ切りです。

青い空、白い雲、広がる海・・・・とくれば!

コレ!

クリックすると元のサイズで表示します

駅弁!

まだ懲りぬか・・・(笑)

あ、そう言えば、先日東京駅で買った駅弁には“駅弁マーク”が無かった・・・!
しかも、駅弁売り場じゃない通路の弁当屋だった!?
ううぬ。。。

やはり「駅弁マーク」はただの飾りじゃなかったって事だな。
このマークさえあれば全国何処の駅弁でも大丈夫ですよ、みなさん!

で・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『トリとりどり・いいとこ鶏』(岡山駅・MIYOSHINO本店製)http://www.miyoshino.com/

岡山駅の駅弁と言えば大半がこの三好野本店。シェアは9割を超えるだろう。

でも、ちょうど売り場を覗いた時は、興味深い弁当が無くて、かと言って毎回岡山名物の『祭り寿司』というのも考えモノ。
そこで、普段なら絶対パスするような名称の駅弁にしてみた。

鶏。

岡山には住んでいた事があるのでわかるのだけど、その昔は「鶏」が名物というのを聞いた事がないし、「岡山の鶏は美味いぞ」という噂も聞いていなかった。

それに心理的にも、わざわざココまで来て鶏食べなくてもなぁ。。。という旅人の心理もある。
それと同じように横に並んでいた「トンとろ豚」の豚に関する駅弁。
豚丼なら北海道の帯広駅さぁ、と言うこれまたわがままな旅人の心理が制御。

豚か鶏か・・・

これはちょっと駅弁の選択としては難しいところ・・・

どちらも岡山の名物として名前が聞こえていないからだ。

ううん・・・・

と、三十秒悩んで(早ッ!)

「この鶏ください」と。

だから、もう前日に東京駅の「駅弁マーク無し弁当」にやられた直後というのもあって、期待感は限りなくゼロ。
でも、ここで“駅弁マーク”の威力が発揮されなきゃ、何なんだこのマークは! となる。

豚はこれまでもいくつかの駅弁がチャレンジしては失敗しているくらい難しい。
とんかつ系と帯広豚丼を除けば・・・

そこで、鶏なら・・・・というのもある。

海沿いを快走する特急電車の車内というシチュエーションの助けも借りるつもりで、御開帳!

ほう〜。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか鶏度多し。
この手の弁当で“そぼろ”で誤魔化さないのは立派だな、と。

よくみると、なかなか鶏そのものの直球勝負みたいよ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは塩。
うん、脂の臭みも無いし、こりゃいいやOK
塩だと誤魔化しが利かないから臭みがあると食べられないのだ。

ちょっと、先日の痛手から立ち直り。(早ッ!)

ししとうがかぶっているが、こちらは焼き!
クリックすると元のサイズで表示します

おいおい!! ちょっと・・・マジ!?

コレ、この焼き、美味い!!
なんかこの香ばしさ、とっても好みで、駅弁でこの香ばしさは嬉しいゾGOOD!GOOD!

ちょいとごはんを・・・

クリックすると元のサイズで表示します

うん。この見た目の艶々した感じのとおりの粒立ちと、ほのかに鶏の香りがするゾ。
これはいいや!拍手拍手拍手

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

蒸し鶏には梅肉ソース!
これもいいねぇ。

もう、完全に立ち直っていると言うか、また駅弁にハマってしまう自分がいる。
ただし、馴染みメーカーじゃない限り絶対に「駅弁マーク」入りだけ、ね。

うん、こりゃ美味い。

で・・・・

一番感心した、と言うか、鶏と聞いて何かが一つ欠けているように感じていませんでしたか?

そう・・

唐揚げ。

今やカレーライスやハンバーグを抜いて、国民的大好物と言われている唐揚げが、新作の鶏弁当なのに入っていないように見えます。昔からの駅弁には不要ですが、新しい駅弁となれば無視の出来ない存在ですね。

で・・・

おおお!!!

これには降参!!ゴメンゴメンゴメン

ナント!!!

クリックすると元のサイズで表示します

蒸し鶏のこちら側・・・・
ここに、散らしてあるのが、ナント、唐揚げを刻んだものだったのです!!

これはアイデア

実は僕、唐揚げは嫌いじゃないんですが、ゴロリと大きな唐揚げが入っていても、それが弁当の、例えばごほんの水分とかで、衣がベチャ〜、としているのは大っ嫌い。
ところが、こうやって刻んでしまえば・・・・
あれよ、あれよ・・むしろごはんに絡めていただくと、これが、もう、あ〜た、ウマイのですよ〜GOOD!OK拍手チョキ

ちょっとびっくりです。

何となくB級っぽい発想ながら、唐揚げも楽しめるし、ご飯にもいい塩梅。

クリックすると元のサイズで表示します

コレ、ちょっと近年の中では、飛び抜けたアイデアもん、ですよ。

唐揚げ、刻んじゃうと、こんな風に食べれるのね〜。

いやはや、この刻み唐揚げと、焼きの香ばしさがバツグンの駅弁ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどんスピードを上げて海岸沿いを快走する「しおかぜ1号」。

クリックすると元のサイズで表示します

車窓は目まぐるしく変るものの、優秀な駅弁とこのスピード感と、

クリックすると元のサイズで表示します

瀬戸内海の青い海に、ますます食欲をソソラレルのでした。

岡山駅で鶏。
お薦めですGOOD!

こうなると・・・あの・・豚が気になるぅ。。。

ううん・・・

今度絶対狙っちゃうな、これは。。。(笑)



『BEST LIVE 2011(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ