2012/7/16

まさか・・・・そんな・・・・!!  月曜:ちょっと舞台裏


この週末の集中豪雨で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
九州の友人も楽器が水をかぶって大変な様子。どうか一日も早く回復するのを祈っています。

クリックすると元のサイズで表示します

東京地方は晴天の日曜日。しかし一歩外に出るとやたらと救急車に遭遇しました。
どうやら熱中症が多発していたようです。

梅雨明けのような空が広がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

子供のころの夏休みの日記に「今日は気温が31℃もあった」と書いた記憶があるので、少なくとも4℃は気温が高くなっているわけです。

東京に出て来た1980年頃は、まだ地下鉄に冷房が無くて、それでも皆平気で乗っていたのですからねぇ。
住んだ場所柄で日比谷線を一番使いましたが、地上を走る他の電車は冷房付きなのに地下鉄がそのまま私鉄線に乗り入れている電車は非冷房でした。

逆に冷房付きの私鉄の電車が地下鉄に乗り入れると、地下鉄に入る直前に「只今より地下走行区間となります。トンネル内の熱風対策の為に冷房を止めますのでお近くの窓をお開けください」って。

今じゃ考えられないよ。

でも、乗ってたもんなぁ。。



何気に聞き流したり、見流したりしているものに、ある日突然「うん?」と目を停めてみると、摩訶不思議なものがけっこうたくさんある。

いや、ずーーーっと昔から、ずーーーっとテレビや雑誌で身近なものだけど、直接的に自分と関係が無い限り気にしないようなものの話しだ。

例えば、「サントリー」というメーカーの名前が創業者の鳥井さんを逆さまにして「サントリー」となっているのは有名な話し。サントリー=さん鳥井、って事で、これはバンド用語(現在の業界用語の元祖)とよく似ている。
もちろんサントリーは「さん」はあくまでもSUN(太陽)としているが・・・・

まぁ、会社名がバンド用語の「ヒーコ」「クーキャ」「ラーギャ」「シーメ」「チャンネー」はては「バイヤー」「オイニー」と同列とされたら会社としてのプライドが・・・・(笑)

どちらにしても、サントリー、SUNTORYにはカタカナ、ローマ字ともに意味合いのない言葉だ。

ちなみにニッカウヰスキーという会社は「大日本果汁株式会社」という会社が前身でこちらはこれまた日本の業界が得意な略語スタイル。「日果」をカタカナとして「ニッカ」となっている。

家電メーカーの東芝が東京芝浦電気の略なのと同じ。

それと正反対なのが、電機メーカーのソニー。SONYと僕らは1970年代のテレビコマーシャルに散々洗脳されてスラスラと書けるがこんな単語は英語圏にはない。だから前身もわからない社名。
東京通信工業を前身として当時はTOTSUKOと名乗っていたらしいが、これでは海外進出を目論んだ場合、真っ先に社名が問題となる。トーツーコーと呼んだらしいが、シューロンポーみたいで中華食品の会社みたいだ。
そこで外国人にも認識しやすい社名という事でSONYと考えたようだ。
しかし、当初は「Nがミスプリントて抜けている」とか、いろいろあったようで、そこで世界戦略としてテレビコマーシャルで「エス・オー・エヌ・ワイ、ソニー」と打って認識された。でも、やはりこれも意味のない言葉には変りない。

それとは微妙に異なるのが松下電器の海外ブランド名のパナソニック。
Sonicは音でイメージ出来るがPanaもしくはPanがわからない。たぶん昔あったパンナム(PANAM=パンアメリカン航空)のパンと同じではないかと。
実は松下電器は以前からナショナル(National)という海外ブランド名を持っていたが、どうもこれが国家主義のナショナルと誤解される為にパナソニックを考え出したらしい。
だから僕らは松下電器=ナショナル電気というテレビコマ―シャルで育ったので、最初の頃パナソニックってどこのメーカーだかわからなかった。ナショナルキッドなんてキャラがあったくらいだもの。パナソ二キッドじゃサマにならんな。


クリックすると元のサイズで表示します

企業名よりももっと意味不明なのが商品名だ。

もう駄洒落以外の何物でもないような商品名は街に氾濫している。

でも、子供の頃からずーーーっと見覚えも聞き覚えもあったのに、つい最近意味を知って倒れそうになった商品がある。

いわゆる健康食品に属するのかな。

それは・・・・


ビスラット・ゴールド

聞き覚えあるでしょー。
男性諸君でも。

小林製薬が発売しているのだけど・・・・

これ、ビスラットってどういう意味なのだろう・・・?

そうチラリと思っていたら・・・

ナント!!!

「美しく・スラッと」っていう事らしい。

それで「美・スラっと」、→ ビスラット

ホンマかいな!!

って、思わず関西弁でツッコミしたくなるような意味だったのです。

そう言えばこのメーカー・・・・

・ナイシトール(おなかの脂肪を取る)
・のどぬ〜る(そのまんま!)
・サカムケア(さかむけ用軟膏)
・キズアワワ(洗浄・消毒泡)
・アッチQQ(やけどの冷却)
・コリホグス(そのまんま)
・ガスピタン(整腸剤)
・ツージーQ(便秘薬)
等々・・・・

下手なバンドマンも駄洒落オヤジも真っ青なくらいの商品名がズラリ。

さすがと言うか、伝統とすら呼びたくなるほど。

それにしても、ビスラット・ゴールドって、僕が小学生の頃からテレビコマーシャル流れてたもんなぁ。
いったい何人くらいが「美・スラっと」って把握しているのか、ちょっと興味すら湧いてしまうのでありました。





『BEST LIVE 2011(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ