2012/7/31

やっぱ夏は山でしょー・・・八ヶ岳・その2  火曜:街ぶら・街ネタ


先週の『やっぱ夏は山でしょー・・・八ヶ岳』( http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20120724/archive )からの続きです。

只今山梨県の「まきば公園」。http://www.mapple.net/spots/G01900050402.htm

クリックすると元のサイズで表示します

八ヶ岳の麓にある天国のような公園。
年に数回立ち寄るお気に入りのスポット。

しかし・・・

クリックすると元のサイズで表示します

来る度に目立つようになった山体崩落の進み具合。。。

クリックすると元のサイズで表示します

自然は自然にしかその先が読めないのでどうなっても自然のなせる業だ。

でも・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

近くには、海の日を過ぎても残る残雪。
その白い雪に思いを馳せながら・・・・

こちらも・・・

クリックすると元のサイズで表示します

美味しい白いもの

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも山体崩落・・・・・ただし、こちらのは美味しい山体崩落だけどね

それにしても、ホント、ここはいつ来ても心が洗われる景色が迎えてくれますね。

クリックすると元のサイズで表示します

何にも考えないで、ぼうーっと雲を見ているだけで時間があっと言う間に過ぎて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

山は同じでも、雲は二度と同じ形に出会えませんから。

クリックすると元のサイズで表示します

刻一刻と雲は変化します。
さっきまで見晴らしの利いていた富士山が雲に覆われつつあります。

さぁて、そろそろハンドルを握って出発しましょう。

進路は・・・・・・。。。

右だね!

クリックすると元のサイズで表示します

八ヶ岳高原ラインの西端。

小淵沢から八ヶ岳の裾野をジグザクに走っているお薦めのコース。
清里に抜ける途中に「まきば公園」はある。
僕はその途中に大泉から合流するルートが定番になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

昔は夏と言えば海が好きだったのだけど、東京に出て来てから山の良さに改めて触れた。
今や夏になるとこのコースを何度か辿る事になる。

クリックすると元のサイズで表示します

道は徐々に下りとなり・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

80年代に東京で青春時代を過ごした人なら、たぶん一度は足を運んだ記憶のある「清里」という地名が現れて来る。

クリックすると元のサイズで表示します

ペンション・ブームの火付け役のような場所となった感はあるが、現在は落ち着いた表情を取り戻して避暑地の佇まい。

クリックすると元のサイズで表示します

ホント、突然現れる清里の町。

クリックすると元のサイズで表示します

その昔は、あまりに人が多くて寄り付きたくない場所だったけど、今は落ち着いていい感じになった。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも他のエリアと違って、何となく山の中の町や村の風景とはかなり違うところが清里らしいのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

駅にはSLファン(実は僕は鉄分多めのくせにまったくSLには興味がないのだけど・・・)が“高原のポニー”と呼んでいた小型のSLが展示してある。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前からの下り坂を・・・

クリックすると元のサイズで表示します

両側に歩道とか整備されちゃってるところが、他の高原エリアとは違うなぁ。
大泉とか、両側に歩道というもの自体が無いし、山の中ってそんなもんだよ、って思っているとこの光景は妙な“都市化”現象。

それがまた清里らしさだと思う。

さて、どんどん下り坂を進んで・・・・

おや??

クリックすると元のサイズで表示します

ソソラレる横断幕に緊急停車(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

いつもはもっと遅い時間帯に通過する地点なので見過ごしていたのだけど、本日はちょいと寄り道。

道の駅・南きよさとhttp://www.alps-hs.co.jp/minakiyo/info.html

1日遊べる道の駅、との触れ込み。

確かに、あのケーブルカーみたいなのは何だ?

クリックすると元のサイズで表示します

バッテリーカーみたいな、リフトカーと呼ぶのらしい。
どうも乗りものばかりに気が取られる傾向が・・・・(笑)

もちろん野菜の直売所があるのだけど、なんせ時刻はもう夕方。
残りものには・・・・・・・あんまり福を見い出せなかった。残念。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は逆コースで早い時間帯に顔を出してみようと思う。

さて!

時刻は午後4時。

これから東京に向かうと、確実に小仏トンネル付近の渋滞数十キロに巻き込まれる。

どうするか?

30秒考えて、中央道の入口から進路を右へ!

クリックすると元のサイズで表示します

中央道に戻って南へ進路を取ると、空が面白い雲のオンパレード。

相変わらず「工事、車線減少」運転なので、雲を観察。

クリックすると元のサイズで表示します

なんか不思議な光景なんですが、写真でわかるかなぁ。。
まるで3Dみたいな空なんだ。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて工事区間も終わり、再び快適な中央道ドライブ。

クリックすると元のサイズで表示します

普段はこの先を急ぐ時が多いのであんまりシャッターチャンスに恵まれない諸々・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「長野県」入り

クリックすると元のサイズで表示します

この何とも言えない空と雲を、勝手に“長野雲”と呼びましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

長野雲と八ヶ岳

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、この時間の光線との関係でこんな感じになるのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、どこまで行っても「長野雲」です。

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えばコレもいつも逃していたな。
中央道最高標高地点1015mなり!

再び工事区間で減速中・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

長野雲を眺めながら。

途中で進路を北に取り・・・

降りるインターは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

松本インター。

お気に入りの街で上位の松本市。
渋滞に巻き込まれるくらいなら、松本に行って蕎麦でも食べて帰ろう。。。。

いや、この街は蕎麦だけじゃないし、、、(笑)

取りあえず急行したのが仲町。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は蕎麦目的ではないので、特に選りすぐりの店ではないけど、この街は平均値が高いから小腹を満たすには十分だった。

そして・・・

私は、今、この交差点にいます。

クリックすると元のサイズで表示します

手には、オーソドックスで好感度の高いあるモノを下げて。

クリックすると元のサイズで表示します

カタカナ4文字の店名と言えば、きっと松本の人にはおわかりでしょう。
以前、このブログの水曜日でも紹介していますから。

クリックすると元のサイズで表示します

交差点を渡るとこんなものが・・・・

この街の中心地と僕が勝手に認識しているエリアを歩きながら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして、個人的な街のランドマークを見ながら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さて、この街に来ると立ち寄るTSURUYAで地元産を何か調達して・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

東京までひとっ走り。

クリックすると元のサイズで表示します

松本駅前はいつも変らない光景ですが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

駅から降り立つと一番目に止まる駅前ビルのテナントが、随分と変ってしまったのに驚きつつ、ハンドルを東京へと切りました。

東京発、八ヶ岳経由松本日帰りの命の洗濯ツアーは、午後十時無事に終了しました。


『BEST LIVE 2011(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ