2012/8/21

KEIO fever(京王フィーバー)・・・Before-After  火曜:街ぶら・街ネタ


昨日の『KEIO fever(京王フィーバー)・・・ 月曜:ちょっと舞台裏』からの続きです

あと約8時間で幕を閉じる調布駅(地上)の様子をチェキラしに京王多摩川から一駅戻る。

まぁ、地上で京王線が見れるのもこれが最後となると“鉄分多め”のギュラリーばかりではなく、歴史と共に沿線で過ごして来たお爺ちゃんやお婆ちゃんを始め、通りがかりの人や近所の子供連れも加わって、皆カメラを電車と駅舎に向ける。

付近を歩いている人で何も知らない人は皆無のようで、駅舎や電車の見通しの利く所には大勢のギャラリーが集まっている。

別に何があるわけではない。
ただ、長年見慣れたこの街と京王線の組合せが今夜限りで見られなくなる事への別れを惜しんでカメラを向けているわけだ。

一際目立つのは、やはり調布駅ホーム西端に終結した鉄分多めのギャラリーだ。

クリックすると元のサイズで表示します

横から見ていても京王本線、京王相模原線から列車が進入する度にビデオカメラやシャッターを切る姿が決まっている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ギャラリーが集まっているのはコチラ側のホームだけではない。
向こうのホームもびっしりだ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おさらいを兼ねて、今回地下化されるのは調布駅を中心とした下の赤い区間。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のブログにあるように、調布の西側で京王本線と京王相模原線が分岐するのだけど、昔の構造のままなのでどうしても相模原線の上り線が京王本線を平面クロスしてダイヤ上のネックとなっていた。
さらに東側では調布折り返しの列車が上下線を塞いで転線するという、これも大手他社ではすっかり過去の景色となった運用が続いていて、その度に本線の列車が信号停止を余儀なくされていた。
また、このような運用から近辺の踏切は「開かずの踏切」化していた。

これらを一気に解決する為に立体化工事が計画されて高架工事に入る矢先、他社の連続立体化工事で高架化による問題が噴出した事から急きょ計画が全面変更となり、地下線化が決まった。

また、調布近辺だけでなく新宿から調布までの複々線化も計画されていたが、鰻上りのコストや土地取得の困難さなどから京王は早々に計画を撤回し、その資金分の運賃上乗せ分を撤廃して事実上運賃値下げを行っている。ただ、この計画は高速線専用の地下トンネルで再び計画されているので完成すると新宿と調布は特急、準特急専用のトンネル線で結ばれる、言わばその前哨戦ともいえる地下化のようだ。

晴天、週末の夕方とあって、ギャラリーはどんどん増える。

これで見納め、仮橋上駅舎の調布駅
クリックすると元のサイズで表示します

構内にはカメラ片手の御同輩があちこちに・・・
クリックすると元のサイズで表示します

駅周辺は老若男女のギャラリーが取り巻いている感じで、異様なフィーバーぶり。

クリックすると元のサイズで表示します
駅横のパルコの歩道はカメラ片手の人達でギッシリ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
北口ロータリーを歩く人もなぜか線路のほうを見ながらキョロキョロと落ち着かない様子

クリックすると元のサイズで表示します
今日で見納め、京王線とアフラック・ビルの組合せ

クリックすると元のサイズで表示します
バス停の向こう側にいる人は、特に鉄分多めでなくてもカメラかスマホ片手に電車をパチリ

クリックすると元のサイズで表示します
駅構内の見通しが効くここから見ると、ホーム西端が異様な盛り上がり・・・

クリックすると元のサイズで表示します
狭いホームの先端にギャラリーが集合

クリックすると元のサイズで表示します
駅員が混乱を規制するのではなく上手く誘導するところが京王らしくていい

クリックすると元のサイズで表示します
被写体は電車だけでなく全方位・・・ホームは物凄い事に。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの歩道のギャラリーも物凄いフィーバー振り

反対側の相模原線が分岐する踏切方面を望むと・・・・@@;;

クリックすると元のサイズで表示します
もっとフィーバー中・・・・

どうやら、この歩道付近は比較的鉄分少なめのギャラリー、相模原線分岐付近はかなりの鉄分濃い目のギャラリー、そしてホーム先端は生粋の鉄分多めのギャラリーと、棲み分けが出来ているようだ。

その駅西側の分岐点となる踏切に行くと・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
通行人よりも明らかにカメラ片手のギャラリーが多い

クリックすると元のサイズで表示します
皆、この時間を記録する事に夢中

踏切の途中、相模原線の線路からホーム方面を写すと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ホームはギャラリーでスズナリ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
京王線と相模原線の同時発車もこれで見納め

クリックすると元のサイズで表示します
踏切が開くと中はギャラリーで埋まる。ただ、警鐘が鳴り始めると皆大人しく立ち去るので側にする警官も対応が大らか。こう言う時は規制するよりも自由にさせたほうがモラルもいいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
北口ロータリーはいつもの週末の夕暮れ時ののんびりした表情

クリックすると元のサイズで表示します
本日でお役御免の調布駅仮駅舎北口

クリックすると元のサイズで表示します
その横には明日から使用される仮出入口?

今度は駅東側(新宿寄り)の踏切へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも電車が通る度に皆カメラで激写中・・・

ここの踏切は駅直近なので、皆思い思いにカメラを向けている。鉄分多めぱかりか通りがかりや近所の家族連れも多い。カメラウォッチ比率はナント9:1。

クリックすると元のサイズで表示します

僕も遠慮なくパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・っと、カメラを構えていると後ろに視線を感じた・・・・

あらら!@@!

クリックすると元のサイズで表示します

新宿寄りの踏切全てから調布駅に向けてカメラの砲列。
これ、大手私鉄の夕方ラッシュ時に見えます? 異様なフィーバー振りですが、至って静かに盛り上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します
普段は邪魔に思える踏切ですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
無くなるとなると、ちょっぴり寂しいような・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
先ほどの一つ新宿寄りの踏切より調布駅を望む

クリックすると元のサイズで表示します
目の前を調布止まりの折り返し列車が通り過ぎて本線上り方面で停止しました

左側通行なのでテールランプが点いていましたが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ヘッドライトに切替り、手前の“渡り線”を使って反対側(下り方面)へ移動です

クリックすると元のサイズで表示します
いつの間にか周りはギャラリーで溢れカメラの砲列に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
渡り終える前に、後方から下り列車が近付いて来ます

クリックすると元のサイズで表示します
あっという間に追い上げて来ます。この「綱渡り運用」と、この間の踏切による交通遮断も今日でおしまい

クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れ時の踏切待ちって嫌だけど、どことなく哀愁が漂うんですよね〜

一周して北口に戻るところ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
こんな所にも出入口が出来るようです

クリックすると元のサイズで表示します
北口到着。ちょうど一周ですが・・

クリックすると元のサイズで表示します
北口側からすっかり暮れた駅構内をパチリ

そろそろ落ち着いて来たのかと思いきや・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ホーム西端はもちろん、分岐点の踏切のギャラリーが半端無く増えています

ちょうど相模原線が入線して来るようなので・・・連続で

クリックすると元のサイズで表示します

今か、今かと待っておりますと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
京王本線下りが通過・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
通過したのでそろそろ動くかな、と構えていたら・・・

クリックすると元のサイズで表示します
京王本線上りと同時進入!!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

調布名物“間一髪ギリギリ進入”も・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ひとまず、これにて一件落着!!

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、どんどん夜の帳が下りて来ても、一向に醒める気配が無いKEIO fever。

ホームも・・・

クリックすると元のサイズで表示します

沿線も・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

踏切も・・・

クリックすると元のサイズで表示します

歩道も・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あと数時間で幕を閉じる駅と電車に別れを惜しみつつ・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

フィーバーするのでした。



さて、時間は誰にも止められません。
一夜が明けて午前10時頃には無事に切換え完了との事。

午後に出掛けてみました。

昨日と同じ西調布駅ホームから見ると・・・・

あらら!

Before-
クリックすると元のサイズで表示します
西調布駅から調布駅方面を望む(2012年8月18日)

-After
クリックすると元のサイズで表示します
西調布駅から調布駅方面を望む(2012年8月19日)

乗る前から目に見えて地下から電車が出て来る様子がわかります。

当然の事ながら・・・・

Before-
クリックすると元のサイズで表示します
京王線調布駅(2012年8月18日)

-After
クリックすると元のサイズで表示します
京王線調布駅(2012年8月19日)

当然と言えば当然ながら、変貌ぶりに一瞬迷いかけた。
ホームは地下二階(下り方面)と三階(上り方面)に分かれているのだけど、何となくこれまで上り線(新宿方面)が先に来るような印象があって、上りで到着したホームが一階分ズレているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
一応上りホームはピンクに色分けされているのに気付くが、イマイチ慣れるまで時間がかかりそう

クリックすると元のサイズで表示します
エスカレーターの天井の色分けはわかりやすいのだが・・・

ホーム全体をピンクにするとか、もっと思い切ったカラーサインじゃないと電車から降りた瞬間に戸惑う。

相模原線との合流点は・・・(階層を上りと下りで分離したので分離と合流と呼ぶのが正解)

クリックすると元のサイズで表示します

これで間一髪の危機は解消された。
っま、面白味はないけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
布田駅(新宿寄り)方面はかなり急な上り坂

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当然の事ながら・・・・
初日の先頭車「かぶりつき」付近は黒山の人だかり。
なので、そういうところにはすぐ白旗を掲げる行列嫌いなので最後尾へ。

意外とココは鉄分多めのへそ曲がりが溜まる場所かもしれない(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
トンネルは最近の主流、シールド工法で小断面。まんまるだけど確かに小さいのがわかる

クリックすると元のサイズで表示します
布田駅は完全なホームドア完備に。地下鉄によくあるタイプだ

クリックすると元のサイズで表示します
上り側はピンクの扉

クリックすると元のサイズで表示します
下り側はブルーの扉

ここはスッキリしていてわかりやすかった。

さて、再び最後尾に陣取って、一番気掛かりだった地上部との接点を観察・・・

クリックすると元のサイズで表示します
国領駅は半ホームドア。ここを出発するといよいよ地上に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
トンネルから出ると眩くて目がくらむ

クリックすると元のサイズで表示します
直上が昨日までの国領駅だ!

この先の柴崎駅で再確認。

Before-
クリックすると元のサイズで表示します

-After
クリックすると元のサイズで表示します

手前のガード(野川橋)の先で昨日まで仮設路盤だったところがザックリとスロープになって、旧・国領駅手前で地下に進入する形に。

クリックすると元のサイズで表示します
かなりの急斜面ですね

クリックすると元のサイズで表示します
なるほど、あの板張りの仮設路盤のところはそのままスロープとして利用して、下に設置していた線路と繋いだわけですね。木材なら誤差の修正も容易いし。

クリックすると元のサイズで表示します
国領駅はスロープになってすぐのところにあります

クリックすると元のサイズで表示します
この直上が昨日までの国領駅。少し調布寄りに移動しているようです

クリックすると元のサイズで表示します

布田駅から調布駅まで歩いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

踏切の部分は線路が閉鎖され囲われています。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日まで引っ切り無しに電車と人で溢れていた調布駅の残骸です。

クリックすると元のサイズで表示します

本線の電車を止めて“渡り線”を使って調布止まりの電車が折り返していたところも・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今は金網で囲われています。

クリックすると元のサイズで表示します

どことなく夕暮れ時に哀愁の漂った踏切も、もう鳴りません。

クリックすると元のサイズで表示します
仮設駅も撤去を待つばかり・・・

いつものように北口へ。

クリックすると元のサイズで表示します

予想に反して北口側にはエレベーターもエスカレーターもありません。。。

クリックすると元のサイズで表示します

階段のみです。。。
いいのか?

その代わりとして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アフラック・ビルとパルコの間に平面の自由通路が

クリックすると元のサイズで表示します

今まで駅と線路で分断されていた南北のロータリーが平面で繋がったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します

南口側から新しい駅舎へ入ってみましたが、ここにもエスカレーターが無い。
エレベーターのみ。
仮設通路とは言え、せめて地上時代のように各所にエスカレーターはほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

地下一階の仮設の通路を進むと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
新しい調布駅

つまり、自由通路((公共)の部分が仮設状態で、駅本体は完成している、という事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからはエレベーターもエスカレーターも完備。
天井のブルーは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

地下二階の下りホームへと続くエスカレーターへの導線

クリックすると元のサイズで表示します

上りホームへはそのまま目の前のピンクの導線に沿って地下三階へのエスカレーターに乗れば良いのだが・・・・

やはり頭の中が逆を向く。
どうしても新宿が先というイメージなんだなぁ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

当然ながら、お婆さんが係員に「私は一体今何処にいるのでしょう?」と説明を受ける光景がそこかしこに・・・・・



『BEST LIVE 2011(動画)』公開中!


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

・当日のセットリストは以下の通り

[1st set]

1.Trisoniqe......(by Hakuei Kim)
2..White Forest......(by Hakuei Kim)
3.Sound of Focus.....(by Toshihiro Akamatsu)
4.[duet] Newtown......(by Hakuei Kim)
5.Ruby, My Dear.....(arr Toshihiro Akamatsu)
6.Axis.....(by Toshihiro Akamatsu)

[2nd set]

1.The Gleaner.......(by Toshihiro.Akamatsu)
2.[Tribute to 1964's Miles]......So What
3.[Tribute to 1964's Miles]......Stella by Starlight

4.[Tribute to 1964's Miles]......Walkin'
5.[duet] Silent Butler.....(by Toshihiro Akamatsu)
6.Kuala Lumpur......(by Hakuei Kim)

[Encore]

1.Dear Old Stockholm
2.O Grande Amor

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

・セットリストの赤文字の演奏をアップしています。
・動画は従来通りMySpace版と、プラグインの関係でMySpaceビデオがご覧になれなかった人向けにYouTube版もアップしています。
・MySpace版YouTUbe版とも、どちらも同じ内容です。


[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




[MySpace版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部1曲目



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]






ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ