2012/9/5

“し”が一つ余計なだけで大違い・・・・  水曜:これは好物!


お盆に東京駅中央コンコースの旧・駅弁屋旨囲門の跡に新装開店の駅弁屋・祭。
春休み終了と共に旨囲門が閉店してからずっと改装中で、その間、東京駅での駅弁事情はかなり悪化していた。

特に休日・祝日の夜に出掛ける時などは駅弁にありつけるかどうかヤキモキさせられる連続。
時には今まで絶対に手を出さなかった弁当を仕方なく購入して“後悔”した事も・・・・

やっぱり【駅弁マーク】の有無の差は・・・・・大きいと痛感。

そんななのでヘンなネーミングと思いつつも、連日大盛況な駅弁屋・祭。

駅弁屋祭→http://www.nre.co.jp/news/obj/file/000/123/120802-1703_pdf.pdf

過日、家人と連れだって品定めしている時の事。

「ねえ、あれ、見た?」と家人。

「っえ? なに?」
店内は大混雑で家人の声も途切れ途切れ。

「あ・そ・こ・の・・東京・駅限・定・・し・・・ゃ・も・べ・・とう」

「っえ?なに?、」

「そっち・・・そっち」と家人が指差す方向に・・・

チラリと限定販売品の幟。

うん?

ししゃも?

さっき家人がそう言ってたような気がする。

幟もよく見えないし・・・・

でも、なんで東京限定で“ししゃも”なんだ?

僕の頭の中では、東京とあの子持ちししゃもがどうしても一致しない。

ししゃもって北海道の名産じゃなかったか?

ヘンなの。。。。

って、一体どんなししゃもなんだろう。
かえって興味をソソラレるじゃないか〜。

幟は見えるが人混みでなかなか前に進めず。

その内に家人と合流。

「見た?」

「ううん、まだ。全然前に進めないし。。」と僕。

「限定品だって」と家人。

「東京のししゃも弁当って一体どんなんだろ、想像つかないよ」

あれ?

家人が腹を抱えて笑ってる。オレ何かヘンな事言ったっけ?

「おい、何がそんなにおかしい??」

「だって・・・・ほら、よく見なさ〜い」

家人が示す陳列棚には・・・・

『東京駅限定・東京しゃも弁当』

“し”が一個多かった

っるせー、“しゃも”だか“ししゃも”だか知らないが、紛らわしいネーミングにするんじゃねー!!
濁点でもつけやがれってーんだ。じしゃもだ、じしゃも。なんならしじゃもがいいか!ムカッ

完全に八つ当たりだ。

ししゃもも可哀そうに・・・

そんな勘違いに腹を立てながら購入。(結局買うんじゃんかぁ!)

はい。

クリックすると元のサイズで表示します
『東京しゃも弁当』(NRE大増製)http://www.nre.co.jp/

駅弁屋祭の開店記念の限定商品。(現在は販売終了)

軍鶏(しゃも)は闘鶏としてタイから輸入された鶏。
江戸時代頃には大陸から入っていたようですが、僕個人としては昭和の高度成長期の頃に食肉の品種改良として「しゃも(軍鶏)」の名を初めて聞いた記憶があります。
その頃、各地でいろんな混合種が誕生していて、「イノブタ」とか「ラバ」とか・・・それは果実にも及ぶ。
中には消えてしまったものもありますが、ひっそりと御当地名物として生き残っているものもあります。

東京しゃもはブランド品として残っていますが、現在どこでも見掛ける品種ではありません。

元来が闘争心の強い性質から肉がしっかりした印象がありますが、かくいう僕も「しゃも」たらふく食べたという確かな記憶が薄いのです。
せいぜい水天宮の「玉ひで」。確かあそこは軍鶏だった。

そんなですが、ししゃもと間違われちゃ軍鶏のプライドが廃る、とばかりに購入した限定品。

さっそくオープンしてみましょう

掛け紙を外すと・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

なんか妙〜に、惹かれません? この金色の部分。

たぶん、(いや、たぶんじゃないと思うが・・・)ココを引け!
だろーな。

はい。

クリックすると元のサイズで表示します

金色の部分を引くと蓋が開き、そこにシールによる区切りが・・・・

どうやらこの手前の軍鶏のつみれを他の食材と分離する為の仕業だったみたい。

そのシールも抜いて一同が御対面・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

はいはい、見た目も綺麗。

クリックすると元のサイズで表示します

NREの駅弁らしく、味は濃過ぎず、薄過ぎず。
しかもそれぞれの食材の味がきちんと分けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな駅弁なのでカット割りに変化は出ませんが、見ての通りの美味しい玉子。
そして歯応えバツグンで味も上々の蓮根。
そして、もう、ご覧の通り、想像通りの食感と噛めば噛むほどに味わいが増す軍鶏肉。

クリックすると元のサイズで表示します

一体、どこのどいつだ?
この美味しいしゃも弁当をししゃも弁当と勘違いしたおっちょこちょいは!

その勘違いを200%吹き飛ばす軍鶏の味わいと食感に、
改めて敬服するのでありました。

ちなみに・・・・・・
子持ちししゃも、大好きです。
あれは日本酒と最高の組合せ。

どっちに転んでも、これは好物間違いなし。





ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール





【速報】  【横濱ジャズプロムナード2012】

2012年10月6日(土)〜7日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

クリックすると元のサイズで表示します
今年は以下のプログラムで出演します。

出演日時 : 2012年10月7日(日)15:40〜16:40
出演会場 : 横浜馬車道・関内ホール(小)
  出演 : 赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
    Toshihiro Akamatsu(vib) Hakuei Kim(piano)
昨年秋の初共演以来意気投合のデュオで今年の横濱ジャズプロムナードに登場!!
他では聴けないこの二人によるプログラムに、乞うご期待!
クリックすると元のサイズで表示します

全日程・全会場MAP他詳細情報は公式ホームページで( http://jazzpro.jp/ )

前売り券(フリーパス)
●シングル券 ¥4,000(税込)一日券1名様分
●ダブル券 ¥7,500(税込)一日券2名様分または二日券1名様分

ドゾ、よろしく!




『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ