2012/10/29

自己表示だらけの時代の孤独・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


この週末はいろんな事があった。
有名な歌手の人が亡くなった陰でもう一人の音楽家が孤独な死をむかえていた。
こんなに情報が細分化されて、何でもあるように思える時代に、まるで落とし穴のようなショックだった。

今からどのくらい前だったか定かではないけど、ポットを作るメーカーが一人暮らしの高齢者用のポットを発売して話題になった。

クリックすると元のサイズで表示します

朝起きてまずする事は?

お茶を飲む。

そう、そのお茶を入れる為にポットのスイッチに触れる。
すると、そのスイッチが入った信号が電話回線、又は携帯に伝わりメールが家族や知り合いの元へと届く、といういわゆる「安否確認」システムだった。

最初にそのニュースを見た時は正直「浮世離れ」した話しにしか感じなかったのだけど、その内に自分の身内が一人暮らしになると、確かにそういうシステムは便利なんだと思ったりするようになった。

しかし、それはネットとは無縁の年齢層の話しと思っていたのだけど、、、、、、

ネットでブログもホームページもFacebookもやっていた音楽家の孤独な死は、しばらくぶりの更新ペースだとかえって誰も気付かない事になってしまったのかもしれない。

そもそも、何でも自宅で出来てしまう環境の、落とし穴か。。。

ひと昔前までは、音楽の仕事と限った事でもないと思うけど、まずは電話による依頼から始まって、日時を決めて事務所や会社に打ち合わせに出掛け、二回目辺りには現場のスタッフの顔合わせも兼ねて外で集合するのが常だった。
録音するのはスタジオと決まっていたから、とにかく「現場」に出掛けない事には何も始まらなかった。

しかし、、、

今や、レコーディングの九割くらいまではそれぞれが自宅で出来る(それはコストダウンという面も含まれる)環境が整い、最初から人間が集まってスタジオで音を出す現場はほとんど無くなった。
僕らのような楽器の「ソロ入れ」のような、(つまりデータでは出来ない)エリアの作業のみスタジオで行うというのが大半だ。

ただ、そういう今日のスタイルが「嘆かわしい」と言うのではない。
それも音楽の形だし、逆に精度を考えるとその方が効率の良い場合もあるし、その方が純度の高い音楽だってある。
人間がやればいいってもんじゃないし、アコースティックだからいいってもんでもない。

良いものはどんな形で仕上がったっていいのだから。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、、、

人との関わり合いが、現場という形で成り立っていた時代と比べると、激減しているのは事実だ。

概ね音楽家は物事を考える時には世間から自らを隔離する。

しかし、完全に隔離してしまうのではなく、物凄く細い線でネットを介して世間と繋がっていたりする。
ブログしかり、Facebookしかり、Twitterしかり・・・

ただ、

注意しなければならないのは、これらの「表示」の向こう側は、誰にもわからない、という事だ。
唯一わかるのは、その人の習慣性。

僕のような夜型もいれば、早起き型もいるし、様々だ。
ただ、それらには何となく規則性が漂っていて、千差万別なんだけど、なんとなくその規則性がわかる人のところを安心して覗いているような気がする。

だから、ひと昔前の電気ポットの「安否確認」システムではないが、ブログやTwitter、Facebookがその役割を持つ場合もあるな、と。

もちろん不規則なパターンの人にはまったくその役目は持たないのだけどね。

なんだか良いのか悪いのかわからないけれど、こうやって書いている事も、自己表示なんだな、と思えるようになった気がする。

おや? もう月が出ている。

クリックすると元のサイズで表示します

午後4時半を過ぎたところだけど、何となく冴えない月だ。

こんな「自己表示」に溢れた時代に孤独な死があるなんて。。。

ひょっとすると、ひと昔前ならもっと早く発見されたかもしれないと思うと、なんだか複雑な思いだ。

冗談ではなく、我々もその内に「安否確認」システム付きのパソコンやスマホを持つ時が来るかもしれないね。電源を入れると「起きました」と周りにメールが届くのだ。
僕のような夜型だと昼ごろに届いて迷惑か。。


御冥福をお祈りします。

クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊急ライブ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ナント! 
遂に赤松・ハクエイDuoが四国・松山に初登場!!
たった一日、ピンポイントの緊急ミッション。
横濱ジャズプロムナード2012の感動をそのままに!

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大)

11月14日(水)松山・大街道『カラフル』
“ドリームバース・プレゼンツ
オータム・スペシャル・ジャズライブ”
赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p)Duo



第一部21:30開演/60分

第二部24:30開演/60分(レイトショー)

料金:3000円(入替え制/1ドリンク付き)

※ここが松山公演のポイント
1st setはTV収録があります。是非応援に!
2nd setは地方では例外的なレイトショー。
近隣、遠方のみなさまどうぞ松山へ!

【カラフル】
松山市大街道2丁目1−4 ヴィスコンティ大街道ビル6階
問い・予約/Tel 089-931-6112(カラフル19:00-26:00)
http://music.geocities.jp/lmb_colorful/index.html


ビデオカメラ第一部ではテレビ収録の予定。是非応援よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新快速で行こう!
急きょ兵庫・加古川に初登場^o^

昨年からお誘いを受けていた東播でのライブが急きょ実現。先日の松山“シュガービレッジ2012”で意気投合のギターリスト矢野と次代を担う若きベーシスト高橋とのフレッシュな顔合わせが海を超える!

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大)
11月16日(金)兵庫・加古川『スカーレットの小鳥』
赤松敏弘(vib)The Overseas mission w/高橋直樹(b)矢野元(g)


開場 18:30(予定)

第一部19:30開演

第二部21:00開演

料金:3500円(1ドリンク付き)

※ここが加古川公演のポイント
今一番旬なドラムレスでのヴァイブ・トリオ!
入替え無しでお楽しみいただけます。
新快速で大阪から50分!


【スカーレットの小鳥】
兵庫県加古川市加古川町寺家町27-2
(JR加古川駅改札口を出て南(右手方向)へ。ヤマトヤシキ百貨店に向かって右側のベルデモールのアーケードの終わりをそのまま直進、一つ目の角を西(右手方向)に)
クリックすると元のサイズで表示します
お問い合わせ・御予約/ 079-421-7038(スカーレットの小鳥11:30-22:00)
http://scarlett-no-kotori.qee.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ