2012/11/13

本日463キロ+409キロ、昨夜の63.1キロを足して東京-横浜-東京-松山  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往


横浜から戻って日付を超えてウェザーニュースをチェックしていたら低気圧の通過でかなり雨足が激しい予想。しかし明け方には雨も止むとの事。
しかも高速情報をチェックすると小淵沢付近で事故発生に伴う規制区間あり。
どう考えても雨が落ち着く時間帯まで待って出発したほうが楽、と出ている。

風呂に入ったのもあって少し仮眠。ライブの疲れがドッと出たみたい。
先月は横濱ジャズプロムナード2012の出演翌日が松山シュガービレッジ2012。
今回とまったく同じコースの900キロ運転。
少しでも早く到着して少しでも長く睡眠を取る必要があったが、今回は到着した日に演奏するわけではないのでのんびり行くコースを選択。



トータル三時間ほど仮眠、すっかり疲れも取れていざ本格出陣!

【東京〜長坂・高根】

午前6時半。
昨夜のまま積んである楽器以外の荷物を積み込んでエンジンスタート。
雨は完全に止んだ。
やっぱり晴れ男の旅立ちはこうでなくちゃいけない(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

高速の手前でガソリン補給。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は実に価格の変動が激しいガソリン。今日は136円だけどちょっと前は140円台に跳ね上がっていた。円高じゃなかったら一体いくらなんだ? ちょっと恐怖。

クリックすると元のサイズで表示します
トリップメーターAをリセット。トリップメーターBには昨夜の横浜往復からのカウントが

いざ出陣! 。。。

上り方向の通勤ラッシュ渋滞を尻目にこちらはスイスイと流れて八王子の先から紅葉の始まった山間に入って行く。

厚い雲に遮られて陽射しは夜明け直前のよう。

これから先の車窓が楽しみだ。

クリックすると元のサイズで表示します
雲がまるで神話の世界のよう・・・

クリックすると元のサイズで表示します

グングン高度を上げながら山間へと分け入って行く中央道の一番綺麗な季節到来だ。

クリックすると元のサイズで表示します

雨上がりの霧が山から一斉に空へと放出。

もうすぐ東京〜山梨間では最長の笹子トンネルだ。

クリックすると元のサイズで表示します

国境の・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

長いトンネルを抜けるとそこは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

霧に咽ぶ山だった。。。。

甲府盆地は霧が晴れて空模様も落ち着くものの、遠くの山はスッポリと霧に包まれている。

さてさて、そろそろ僕が一番好きなドライブピュー・・・

クリックすると元のサイズで表示します

東京起点136キロポストからのドライブピューは長い中央道ドライブの密かな楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

137キロ付近からはまるで山々が秋色のコーデュロイ。

そのコーデュロイの先には・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ううん、、、惜しいなぁ

クリックすると元のサイズで表示します

本来ならこの大カーブの正面には勇壮な八ヶ岳がパノラマを広げるのだけど、あいにく裾野の覗かせるものの頂きは遥か雲の中。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ちょっぴり青空まで見えるようになってきた。いいゾ!

クリックすると元のサイズで表示します

やはりこの東京起点136キロポストから長坂・高根インター付近までの眺めはいつも感動させてくれる。



【中央道・長坂高根〜伊那】

山梨県から長野県に入るとすっかり空は晴れ渡って絶好のドライブ日和。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきまで雲に隠れていた八ヶ岳も姿を現し始めた。

さらに秋色コーデュロイ度は上がり、感動的ですらある紅葉の中を突き進む。

クリックすると元のサイズで表示します

中央道の最高標高地点・・・ありゃっ!?

クリックすると元のサイズで表示します

誰か案内板にぶつけてるゾ!! 誰だ!(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

八ヶ岳の麓を霞めつつ・・・標高を下げて行くと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

諏訪湖。

穏やかな光景が右手に広がりつつ、長野道を分岐して名古屋を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します

再び上りとなって山間に分け入ると、そこは伊那路となる。。


【中央道・伊那〜名神高速・草津】

岡谷ジャンクションを超えてひとつ山を越えると伊那路。

なだらかな盆地が続くのだけれど・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

   伊那路は深い霧の中・・・・

霧好きにはゾクゾクする光景ですが、ここは安全運転。

クリックすると元のサイズで表示します

中央道最長の恵那山トンネルは片側車線規制でノロノロ運転。
普段でも長いトンネルがこんなに長いのかと飽きるほど長く感じた。
8.5キロちょっとのトンネルは全国第三位の長さだそうだ。

このトンネルを抜けると長野県から岐阜県に入る。

霧はすっかり晴れて栗の中津川を通過。
一気に濃尾平野へと駆け下る。

天候も回復しオート設定のエアコンはさっきまで暖房だったのが冷房に切り替わっている。

クリックすると元のサイズで表示します

もうすぐ名古屋圏に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

小牧ジャンクションから名神高速に入る。

東京から長距離を走る時に最も神経を使うのがこの名古屋周辺を通過する時間帯。
ここで通勤ラッシュに遭遇するとこの先大垣付近まで全然流れなくてストレスが溜まるばかり。
余程何事もなければその時間帯の前か後に通過するようにする。
関西以西に行く時は、この名古屋付近に加えて京都〜大阪〜神戸区間の通過時間も考慮しながら走らないと疲れが二乗で襲ってくるから要注意。たぶん渋滞にハマると全行程で一時間は無駄にロストしてしまう。

今日は完全に朝のラッシュ後に通過。スイスイとストレス無く流れた。

そのままノンストップで一気に滋賀県の草津サービスエリアへ。
前半戦の小休止とガソリンの補給だ。

クリックすると元のサイズで表示します
名神高速・草津サービスエリアで小休止

ここまで東京から463.5キロ。

クリックすると元のサイズで表示します


【名神高速・草津〜山陽道〜瀬戸大橋〜松山道・松山】

旅の後半戦は正午前後に京阪神を通過する。

クリックすると元のサイズで表示します
草津サービスエリアでガソリン補給、再びトリップメーターAをリセット

クリックすると元のサイズで表示します

関西地方は晴天の陽射しがどこまでも続く

まったくストレスなく流れて吹田から中国道を経由して大阪と神戸の淵を走り山陽道に入った。

クリックすると元のサイズで表示します
山陽道に入ると益々天気は快晴。昨日の大雨が嘘のよう

クリックすると元のサイズで表示します
岡山インター通過

岡山インターの先の倉敷ジャンクションで山陽道から瀬戸中央自動車道へと入る。

しばらく走ると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

山の向こうに橋脚のテッペンが・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

本日二度目の・・・・

トンネルを抜けるとそこは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

海の上だった!!

クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸大橋通過中。前方左斜め方向にはこれから渡る二つの大橋が続く

クリックすると元のサイズで表示します
二つ目は斜張橋の大橋

斜張橋を渡る時は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
斜めの角度で大迫力

クリックすると元のサイズで表示します
最後の大橋は二連のアーチ橋

クリックすると元のサイズで表示します

前方に四国の讃岐平野が広がる。ポッコリとした形が日本昔話にで出来そうな山が讃岐地方の特徴。

クリックすると元のサイズで表示します

坂出から四国入りして高松道へ。
しばらく走った豊浜サービスエリアで小休止。

駐車場の向こうに瀬戸内海が広がるので・・・

クリックすると元のサイズで表示します

カメラを向けていると・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

JRの普通電車がフレーム・イン!
やはり鉄分多めのようです。

さぁ、いよいよ本日最後の県境越え〜!

クリックすると元のサイズで表示します
愛媛県に突入

クリックすると元のサイズで表示します
道は松山道に突入

いよいよラストスパート。
陽射しは傾いて来ましたが、まだ明るい内に到着しそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
松山インター到着

クリックすると元のサイズで表示します
ETCゲートをくぐる時、いつもよりも料金が高いのでおや?と思ったら、いつもは深夜に走るので割引が適応されていた事に改めて気付く

クリックすると元のサイズで表示します
実家界隈の一番町通りに到着。松山はいつも市電が併走して迎えてくれる

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜の横浜でのライブに出発してからほぼ24時間で900キロ。
走りに走ったりで松山到着。

クリックすると元のサイズで表示します
滋賀県の草津サービスエリアから愛媛県の松山の実家まで409.4キロ

ちょうど昨日夕方、楽器を積んで横浜に出掛ける時にリセットしたトリップメーターBを見ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します
938.5キロ!

この24時間でこれだけ走った事になる。

楽器と荷物を実家に下ろして近所のタワーパーキングへ。

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば、24時間前に東京の自宅で楽器を積み込んだ時は真っ暗だった。
こちらは全然明るい。
東京と比べると松山は日没が約一時間遅い事を実感。

そして今日一日は太陽が昇っている時間帯全てを運転していた事に。。

クリックすると元のサイズで表示します

二階のスタジオに楽器を運び組立て。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは明日一日コンディションを整えて、夜は16日のリハーサルから、だ。

see you soon!





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊急ライブ情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ナント! 
遂に赤松・ハクエイDuoが四国・松山に初登場!!
たった一日、ピンポイントの緊急ミッション。
横濱ジャズプロムナード2012の感動をそのままに!

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大)

11月14日(水)松山・大街道『カラフル』
“ドリームバース・プレゼンツ
オータム・スペシャル・ジャズライブ”
赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p)Duo



第一部21:30開演/60分

第二部24:30開演/60分(レイトショー)

料金:3000円(入替え制/1ドリンク付き)

※ここが松山公演のポイント
1st setはTV収録があります。是非応援に!
2nd setは地方では例外的なレイトショー。
近隣、遠方のみなさまどうぞ松山へ!

【カラフル】
松山市大街道2丁目1−4 ヴィスコンティ大街道ビル6階
問い・予約/Tel 089-931-6112(カラフル19:00-26:00)
http://music.geocities.jp/lmb_colorful/index.html


ビデオカメラ第一部ではテレビ収録の予定。是非応援よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新快速で行こう!
急きょ兵庫・加古川に初登場^o^

昨年からお誘いを受けていた東播でのライブが急きょ実現。先日の松山“シュガービレッジ2012”で意気投合のギターリスト矢野と次代を担う若きベーシスト高橋とのフレッシュな顔合わせが海を超える!

クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大)
11月16日(金)兵庫・加古川『スカーレットの小鳥』
赤松敏弘(vib)The Overseas mission w/高橋直樹(b)矢野元(g)


開場 18:30(予定)

第一部19:30開演

第二部21:00開演

料金:3500円(1ドリンク付き)

※ここが加古川公演のポイント
今一番旬なドラムレスでのヴァイブ・トリオ!
入替え無しでお楽しみいただけます。
新快速で大阪から50分!


【スカーレットの小鳥】
兵庫県加古川市加古川町寺家町27-2
(JR加古川駅改札口を出て南(右手方向)へ。ヤマトヤシキ百貨店に向かって右側のベルデモールのアーケードの終わりをそのまま直進、一つ目の角を西(右手方向)に)
クリックすると元のサイズで表示します
お問い合わせ・御予約/ 079-421-7038(スカーレットの小鳥11:30-22:00)
http://scarlett-no-kotori.qee.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ