2013/9/11

あっちがアレなら、こっちはコレ?・・・  水曜:これは好物!


昨夜乗った寝台特急で早朝に着いた岡山駅。

この時間はホームの両端にダブルデッカー(二階建て)車が並ぶという、まるでオーストラリアのシドニー・セントラル・ステーションのような光景。

クリックすると元のサイズで表示します
左:サンライズ瀬戸・高松行き 右:マリンライナー・高松行き

二階建ての電車は首都圏にもあるが、スタイルの異なる二階建て列車の並びは珍しい。
両方とも四国・高松行きというのは、余程JR四国は二階建て好きか?

ちょいと鉄分多めのアングルで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
瀬戸大橋を目指して発車したサンライズ瀬戸を流し撮り

平日の午前6時半過ぎというのに鉄分多めの人がホーム端っこでカメラを構える。

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、かくいう僕も後ろからながらその仲間とされても仕方ないっか!(笑)

この少し前には、この東京から乗って来たサンライズ瀬戸とサンライズ出雲の切り離し作業がホームで行われていて、あちらは毎朝黒山の人だかり。
あちらは女性の姿が目立つ。

一呼吸入れて今度はサンライズ出雲が出雲大社に向けてダッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します
後を追うサンライズ出雲も流し撮り

クリックすると元のサイズで表示します

最近のデジタルカメラは性能が良いので騙すのにちょっぴり苦労。

朝の岡山駅は次々に発車するダブルデッカー車のオンパレードだ。

さて。


今度は岡山駅から乗り込んだ松山行きの特急「しおかぜ」号。

クリックすると元のサイズで表示します

いいなぁ。。。

コレ。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきから見ているパンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

蛸。

昔から山陽線の三原駅の駅弁と言えば陶器に入った「元祖たこめし」。
最近はなかなか口にする事が出来ないが、昔は山陽線の特急「しおじ」「はと」や急行「山陽」「玄海」でよく食べた。山陽新幹線になってからは縁が無かったのだけど、近年岡山駅の瀬戸大橋線ホームの駅弁コーナーで見掛けたりする。

そんな蛸の街・三原。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなパンフレットを見たらソソラレてしまうじゃないか。。。
いかん、いかん。

目の毒だ・・・

と言いつつも、、、

クリックすると元のサイズで表示します

結局隅々までチェキラ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

いいなぁ、、三原・蛸ツアー。

どーよ、October=Octopus!
ひとつオクトーバー・オクトパス、な〜んてキャッチコピーで。

そっちがソレなら、今の僕の目の前にはコレがある!

はい!

クリックすると元のサイズで表示します
『BBQ えびめし丼』岡山駅・三好野本店製http://www.miyoshino.com/

厚い!

クリックすると元のサイズで表示します

しっかし、この岡山の駅弁メーカー“みよしの”も地方のメーカーらしからぬ意欲作を連発してくれるので岡山駅に降りるのが楽しい。

昨夜のような東京駅酢飯氾濫事件(?)の後だとホッとする。

→『2013/9/10ブログ 聞き慣れない言葉と、見慣れない板書と、見慣れない二段重ね  火曜:街ぶら・街ネタ』http://sun.ap.teacup.com/vibstation/2142.html

まぁ、東京駅も夜間以外はとってもいいのだけどね。
なんか便利になったような不便になったような・・・・複雑な気持ち。

で、

この“みよしの”の新作。
二階コンコースで見つけて早速購入した。

まるで発熱容器のような厚さの器だけど、取り出すと意外と質素。

クリックすると元のサイズで表示します

“丼”と呼ぶからにはこの容器でしょーってルックスなんでしょうね。

上から見ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

確かにこれはバーベキュー。
そのもの。

バーベキュー・ソースが別袋になっている。

では、御開帳!!

クリックすると元のサイズで表示します

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

久しぶりに顔文字登場。

いやしかし、これはちょっと見事ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが岡山名物の“えびめし”

クリックすると元のサイズで表示します

岡山市民のソウルフードらしいです。

岡山はデミグラ丼(又は洋カツ丼)といい、スネーキ(岡山のキムラヤ)といい、このえびめしといい、日本の街の中では飛びきり洋モノ好きと思わざるを得ない名物の宝庫。
そう言えばマスカットもそうだよねぇ。ここの名物はどこか他と違う路線なんだ。

この「えびめし」。僕は最初見た時にパエリアの変形かと思った。
海鮮だし、ごはんに色付いてるし。

でも、ルーツは渋谷のカレー店「いんでいら」という説が有力のようだ。

っあ、岡山人ってデミグラスソース好き?
デミグラ丼もえびめしもデミグラスソースを使うもんなぁ。

それなら無茶苦茶こだわりのハンバーグとか郷土料理にありそうなのに、それはない。
あくまでもデミグラスソースと御飯の出会いにポイントがあるようだ。

に、しても・・・

これは見事です。

ほら、

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとこれだけのボリューム、駅弁では見掛けませんよ。
しかもこれがバーベキュー。

でも、ここでしばし考え込みました。。。

クリックすると元のサイズで表示します

すでにしっかりと味付けがされている“えびめし”と、この“バーベキュー”本体をどのように組み合わせれば良いのだろう・・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

“BBQ えびめし丼”の“ドン”について結論が見出せないのだ・・・・

タレをかけて、具をえびめしの上に乗っける??

それじゃ、せっかくのえびめしが台無し。

ううん・・・・どこに“ドン”があるのだ、岡山県民諸君!!

謎だ。。。。

と、まぁ、考えても仕方ないので、バーベキュー側はバーベキューソースをかけ、えびめしはえびめしとしていただく事に。

クリックすると元のサイズで表示します

っんまい!!

これ、半端無く旨い。

などと言ってると電車は瀬戸大橋に飛び出した・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いいねぇ、このタイミング。

肉厚のポーク、鶏、を頬張り・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

車窓には大パノラマ。

ローストされた海老を頬張りながら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

眼下の海面を覗きこみ・・・

両サイドに広がる瀬戸内海を堪能しつつ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

えびめしを頬張る・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

えびめしの味が口いっぱいに広がると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

窓いっぱいに瀬戸内海が広がる・・・

あ〜、食べた、食べた、大満足。

こりゃ、お薦め!!

と、ご・ち・そ・う・さ・ま、をする頃に・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

列車は瀬戸大橋を渡り終えて四国に上陸。

しばらくすると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

前方の三角線の一辺をこの列車と同じスピードで飛ばす「相方」発見。

クリックすると元のサイズで表示します

あっちは高松からやって来た特急「いしづち」号。
次の宇多津駅で、こっちの「しおかぜ」号の前にくっついて、

クリックすると元のサイズで表示します

一緒に松山を目指すのだ。


ただひとつの反省点・・・

昨夜から「味付き御飯」ばかり口にしたものだから・・・・
松山に着いたら、白い御飯が食べたいっ!!







【配信追加情報】2013年 9月4日(火)より


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

御利用ください!




今年はトップバッターです!

クリックすると元のサイズで表示します
【横濱ジャズプロムナード2013】
2013年10月12日(土)〜13日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

今年は以下のプログラムで出演します。
出演日時:2013年10月12日(土)12:00〜13:00
出演会場:横浜馬車道・関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
 Toshihiro Akamatsu(vib)    Hakuei Kim(piano)
好評の赤松・ハクエイDUO。今年はナンとトップバッター!
二日間のべ380ステージに及ぶ日本最大のジャズフェスティバルのスタートに是非どうぞ!
クリックすると元のサイズで表示します
横濱ジャズプロムナード2013の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/でゲット!

さらに!


今年は赤松・ハクエイDUO連発!

クリックすると元のサイズで表示します
■2013年 10 月 6日 (日)
東京・大田区(鵜の木)『アトリエひらり』
開演・午後2時30分
(開場予定:午後2時)
“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

クリックすると元のサイズで表示します
○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分
○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)
○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)


良い席はお早めに!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ