2013/10/14

たくさんの御来場ありがとうございました! 横濱JAZZ PROMNADE 2013  月曜:ちょっと舞台裏


本日は午前10時入りを目指して午前9時前に出発。
夜型の僕にとっては貫徹に近い時間の出動だ。

。。。

途中、第三京浜を走行中の外気温は何と31℃を表示晴れ

晴れ男にもほどがある!

10月の午前中でこの気温はさすがに珍しい。ニュースによれば98年振りの真夏日だそうな。
まぁ、と、言う事は、98年前にも似たような秋の日があったという事なので、ぎゃくにホッとした。

さて、覚悟したみなとみらい地区の連休大渋滞はまだのようで普段の日曜日並みの滞りで納まった。
ジャズプロムナードの土曜日出演は久しぶり(記憶する限り日曜出演の方が多いようだ)なので連休二日目の日曜日の印象が強くかなりの覚悟で出発したのだが、ほぼ定刻に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

今年で21回目、つまり21年目になる横濱ジャズプロムナード。
1993年の初回はピアニスト市川秀男さんのバンドで出演し、二回目からは自分の時間をいただけるようになった。途中何度か抜けているものの、数えてみれば自己のリーダーでは18回目になる今年は、去年同様にピアニスト、ハクエイ・キムくんとのデュオだ。

ちょうど今週の日曜日にデュオのライブをやったぱかりなのでお互いにコミュニケーションはバッチリ。
問題はこの夜型の僕がちゃんと目覚めて演奏出来るか、、だ(笑)。

しかし、心配御無用!

数日前から少しずつこの日に合わせて早起き練習(そんな練習あるのか!? と言われそうだけど)をしていたので頭の中は爽快。

クリックすると元のサイズで表示します
二日間全51会場で各ホール一日5バンド、各ジャズクラブ2バンドが出演する壮大なスケールのジャズフェス

楽器を搬入してリハーサルは午前10時過ぎから。

この時間に楽器を演奏するのは・・・・・・?
近年だと2009年の村上ゆきさんのレコーディング以来だ。(笑)

さあ!

クリックすると元のサイズで表示します

リハーサル開始。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ観客のいない開演前のホールの静けさが好きだ。
少しずつハクエイくんと音を出して音の広がりや余韻に耳を慣らして行く。

クリックすると元のサイズで表示します

彼も今朝は午前9時半に到着していた。
指慣らしを兼ねて本日のピアノに向かうひととき。

クリックすると元のサイズで表示します

我々が気ままに音を出しているとスタッフが音響や照明の支度に入る。

クリックすると元のサイズで表示します

マイクの位置、照明の具合、モニターのバランス・・・

クリックすると元のサイズで表示します

こういうジャズフェスはステージの転換が大変。
前のセットが終わるとすぐさま次のセットのセッティングが始まる。
楽器をハケて、次のバンドの楽器が入ってマイクや照明、モニターの具合を調整するまで50分。
だから撤収半分、搬入半分とすれば後のバンドのサウンドチェックは25分。
僕らはデュオだからまだいいが、これがドラムとか電気楽器の入るバンドだと大変。
演奏が始まってからもまだモニターの調整をしながら・・・・なんてのもザラ。

クリックすると元のサイズで表示します

毎回その慌ただしさの中で時間が過ぎて行くジャズフェスなのに、こんなに静かで時間がゆっくり流れているのが信じられないほど。

クリックすると元のサイズで表示します

徐々に音が落ち着いて来ると同時に、こちらの身体も目覚めてくる。。。

クリックすると元のサイズで表示します

本番とは違う表情も漂い始め・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ステージ上での打ち合わせも徐々に笑いが混ざり始めると、完全なお目覚め。

クリックすると元のサイズで表示します

客席も静かな時間。ステージの音だけが聞こえている空気感に満たされた時間だ。

クリックすると元のサイズで表示します

徐々に照明も落ち着いて来る・・・

クリックすると元のサイズで表示します

それと共にこちらのリハーサルも着々と進行中・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、耳も慣れたし、身体も目覚めた。

クリックすると元のサイズで表示します

最終チェックを済ませて、サウンドチェックとリハーサルが終了。
それと同時に客入れの時間、午前11時半だ。

一旦控室に戻り着替えを済ませてスタンバイ。
あっと言う間に本番だ。

いざ、本番!

いよいよ、横濱ジャズプロムナード2013の開幕!

クリックすると元のサイズで表示します

土曜日の正午というのにたくさんのお客様に御来場いただきました。
ありがとうございます!

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(vib)ハクエイ・キム(p)Duo @ Yokohama Jazz Promnade 2013 関内ホール(小ホール)会場

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)

今日の衣装は半袖! 日曜日のデュオで長袖の衣装を着て汗だくになった反省から。本日は正解!

クリックすると元のサイズで表示します

お客様が入ると音の響き方も変わるし、何よりも湿度が変わるとマレットを持つ手の感触に影響が出るので最初の曲ではその環境の変化を感じながら身体に納得させるのも大切な時間。

クリックすると元のサイズで表示します
ハクエイ・キム(ピアノ)

本日のセットリストは・・・・

(set list)
Oct/12/2013 yokohama

・Winter Festival (by H.Kim)
・The Gleaner (by T.Akamatsu)
・White Forest (by H.Kim)
・vib solo / Pleiades(by T.Akamatsu)
            〜 Dolphin Dance (by H.Hancock)
・piano solo / improvisation (by H.Kim)
・Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
・Blow In (by T.Akamatsu)
・Newtown (by H.Kim)
・Silent Butler (by T.Akamatsu)

     ― 場所: 横浜市市民文化会館 関内ホール


クリックすると元のサイズで表示します

我々のルールはただ一つ!

クリックすると元のサイズで表示します

自分で作った曲は・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

自分で解説する!!

どんどん曲は進む。
ハクエイくんとのデュオは、毎回たくさんの面白い瞬間を生みだしながら進行するのでゴキゲンだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージシャンは常々今までに見た事も聞いた事もない世界へと聴き手を誘うものだ、と二人の意見は一致している。

だからどんなに耳慣れた曲でも毎回違った瞬間に入る「突破口」が開くのを見逃さない。
それがわかって対処出来る相手じゃなきゃ成立しない部分をたくさん持ったデュオなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
っあ! 居眠りしてる!! いえいえ、ハクエイくんの弾き出すアイデアにうっとりと聴き惚れている瞬間です。そして、それに僕は何を添えようかと考えている瞬間なんです。決して朝早かったからステージで居眠りしているわけでは・・・ない!(笑)

閃いたら即実行!

クリックすると元のサイズで表示します

それで毎回異なる展開になるジャズスタンダードも僕らの重要なレパートリー。

クリックすると元のサイズで表示します

終演後には数量限定先着10名様のみにそれぞれのアルバムのサイン入り販売も・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

さあ、デュオも佳境に。

クリックすると元のサイズで表示します

お客様はこれから長い二日間が始まる。
その第一ステージとして選んで御来場いただいたみなさんに心から感謝!

クリックすると元のサイズで表示します

ヴィブラフォンの独奏でアルバム『Focus lights』(vega/2005年)から“Pleiades”、そして『Synagy』(vega/同)に収録した“Dolphin Dance”をメドレーで。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしよく喋る奴だなぁ。。(笑) 写真の半分がマイク持って喋ってるし。。。

クリックすると元のサイズで表示します

とか、なんとか言いながらもいよいよオーラス!

クリックすると元のサイズで表示します

無事終了!

クリックすると元のサイズで表示します
Hakuei Kim on piano!, on vibraphone Toshihiro Akamstsu!

ありがたい事に、名残り惜しい長い拍手をいただきながらのフィナーレ。
ここでアンコールを受けると次のバンドの転換に影響が出るので後ろ髪を引かれる思いでステージを後に。

たくさんの御来場ありがとうございました!






【配信追加情報】


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が2013年9月より始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ