2016/10/7

土曜は横濱ジャズプロムナード出演 日曜はJOEU-FM放送 月曜は新聞コラムとシュガービレッジ出演  ■ツアー特集:東海道〜南海道右往左往

いよいよ明日から怒濤の三連休返上で右往左往^v ゜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月8日(土)昼 『横濱ジャズプロムナード2016』
出演時間・会場:正午から(60分セット) 横浜馬車道・関内ホール小ホール
出演:赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)小山太郎(ds)生沼邦夫(b)SPB

今年も日本最大のジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードにレギュラーメンバーで出演します。


今年はトップバッター! ジャズ三昧の二日間のオープニングに是非!

クリックすると元のサイズで表示します

全容詳細は以下のオフィシャルサイトで。

全体スケジュール
横浜市内会場マップ

今年も秋の横浜で盛り上がりましょう!
乞う御期待!


。。。

当人は東海道〜南海道と車で移動中ですが・・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月9日(日)夜 パーソナリティーの番組
今夜放送!JOEU-FM「ノーズ・トゥ・テ―ル」第五回は!
★10月9日(日)放送【NOSE TO TAIL】25:00〜25:25 JOEU-FM

今夜は特別番組放送の為深夜1時からの放送です!

カラオケパーソナリティー:赤松敏弘(ジャズヴァイブ奏者)
..................................................................................................................
第一部『The 談会』 

対談ゲスト:ジャズピアニスト栗田敬子さんに聞く(ジャズ切磋琢磨2016@エスパス21で収録)

クリックすると元のサイズで表示します

・レディーバードのライブ@ジャズ切磋琢磨2016
・対談:栗田敬子ヒストリー

クリックすると元のサイズで表示します

..................................................................................................................
第二部『High and Low』

テーマ:ベースの重鎮・吉岡英雄さんに聞く! (三番町ライブハウス“MONK”で収録)

クリックすると元のサイズで表示します

・ディスコのロックバンドからジャズベーシストへの転向
・松山ジャズ事情
・病が新たな自分の発見に!

クリックすると元のサイズで表示します
松山銘曲倶楽部@MONK (吉岡英雄/b 小田ひとみ/vo 関家まさし/g)

..................................................................................................................
本日の
【ちょっと聴いてよ!】
・・・・BGM、されどBGM。
声に言葉は重ねない・・・・ちょっとした事ですが
音を生業にした人間のごく当たり前な感覚。
こちらでは番組のトークで使ったBGMを御紹介。
ゲストの“人となり”に相応しいと思う音楽を
赤松がセレクションさせていただきました。
メインの曲は本放送で御紹介致します。
..................................................................................................................
【The 談会】BGM 栗田敬子さん

BGM-1. 「Del Sasser」by Sam Jones / K.Kurita with Lady bird
BGM-2. 「A View Of S.Luca」 Mal Waldron / All Alone
BGM-3. 「So Por Amor」 Kenny Barron / Kenny Barron&The Blazilian Knights
BGM-4. 「On Green Dolphin Street」 栗田さんのアルバム
..................................................................................................................
【High and Low】BGM 吉岡英雄さん

BGM-5. 「All Or Nothin' At All」 Kurt Rosenwinkel / East Coast Love Affair
BGM-6. 「The Island」 Steve Kuhn / Oceans In The Sky
..................................................................................................................
【The談会 / NA BGM】
「Boston Marathon」 Gary Burton / Good Vibes
【The談会 / ending NA BGM】
「Close On Tail」 Toshihiro Akamatsu / Next Door  
【High and Low / NA BGM】
「Dominant Emotion」 白石才三 / Mystic Moment
..................................................................................................................
【『Nose to Tail』Theme Song】
「Twist Flower」 Toshihiro Akamatsu / Six Intentions
..................................................................................................................
【Director】
Kenichi Inobe (JOEU-FM)
Takuya Yoshimoto (JOEU-FM)

【Producer】
Toshihiro Akamatsu
..................................................................................................................
FM愛媛(JOEU-FM) http://www.joeufm.co.jp/timetable/
松山79.7MHz 川之江80.0MHz 新居浜89.2MHz 今治80.6MHz 大洲78.8MHz 八幡浜77.6MHz 城川80.2MHz 宇和島82.1MHz 愛南78.8MHz
..................................................................................................................
全国どこでもスマホで聴くならこのアプリ→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月10日(月・祝)朝 新聞連載コラム最終回
今朝は愛媛新聞の連載コラム『Something's Coming』第六回目でいよいよ最終回。
「何か起こりそう」と題して街の音楽事情がジャズと他のジャンルではやや異なる現状などを。
合わせて当夜(10日)に愛媛県松山市で開催される音楽街イベント「シュガーピレッジ2016」についても。



愛媛県内の各駅新聞スタンド、コンビニ、香川県のJA高松駅キヨスク他でもどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10月10日(月・祝)夜 『シュガービレッジ2016』
出演時間・会場:20:00、22:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
今年のシュガービレッジでは松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの初共演! 昨年オープンしたお洒落な一番ガーデンカフェでの初ステージ! 初ものずくしでお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
会場:一番ガーデンカフェ
(松山市三番町★大街道から松山中央郵便局に向かって一つめの角)

出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
小林直人(ts)

■松山市内各会場で19:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円
前売り券は一番ガーデンにて発売中
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


みなさまどうぞ宜しく!!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.09.23(金)発売 好評発売中!
○『追悼 ボビー・ハッチャーソン』 構成・文:赤松敏弘 対談:赤松敏弘、藤井寛
「JaZZ JAPAN vol-74」 9月23日発売号
発売元:(株)シンコーミュージック・エンタテインルント
発行元:(株)ジャズジャパン 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.08(土)日本最大のジャズフェスティバル
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)+小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)SPB@横濱ジャズプロムナード2016
前売り/4300円 当日/5000円 ペア券/8000円
二日間通し券/8000円 みらいパス/1000円 他
出演会場: 関内ホール小ホール (神奈川県)
出演時間: 正午〜60分ステージ(トップバッター)


2016.10.09(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト:栗田敬子さんに聞く
第二部ゲスト:吉岡英雄さんインタビュー
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.10(月・祝)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
最終回・サムシングス・カミング...何か起こりそう.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.10(月・祝)
○赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS@シュガービレッジ2016 (松山) (各会場19:00開演?23:00終演)
赤松敏弘(vib) 高橋直樹(b) 竹田玄也(p) 河北洋平(ds) 小林直人(ts)
出演会場: 松山市三番町「一番ガーデンカフェ」
出演時間: 20:00?20:50(2nd set) 22:00?22:50(4th set)
チケット: 089-948-1005(一番ガーデン)
アクセス:愛媛県 松山市三番町3丁目8-4
伊予鉄道市内線1系統、2系統、3系統、5系統、6系統大街道駅徒歩5分


2016.10.16(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
“今夜はダブルひろしで”
第一部ゲスト:伊賀上ひろしさんに聞く
第二部ゲスト:藤井寛さん(東京インタビュー)
第三部「ライブ・フロム・ザ・シュガーピレッジ2016-I」(三番町・一番ガーデンで実況録音)
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

王冠ベルヤマハミュージックメディア・管打/打部門人気第一位(YMM・WEB調べ/2016年9月〜)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★

2016/10/6

「納まりどころ」の無さでは一、二、を争うアルバム・・・  木曜:Jazz & Classic Library

久し振りにこの世界に入った頃、練習用に買ったアルバムを引っ張り出してみた。もちろん今はCDだけど。

1970〜80年代にこの世界に飛び込んで来た人なら一度はやっていた事がある。
レコードと一緒に演奏するのだ。それもレコードに合わせてコピー譜を演奏するのではなく、テーマを一緒に演奏したら、続くソロは自分のソロを演奏するのだ。僕はヴィブラフォンだが、ヴィブラフォンのアルバムを流しながらヴィブラフォンを弾くと気持ち悪いので殆どピアノか管楽器がリーダーのもの。自分の後ろで歴史的に有名なソロが流れていようとおかまいなしに、だ。

こんな失礼な事をよくも平気に・・・・と思われるかもしれないが、当時はマイナスワンのようなものは無く、自分が練習するときは、飛びきり上等のサイドメンに支えられながらだから贅沢といえば贅沢だ。ただ、それらの名演奏の中と明らかに共鳴する瞬間がいくつかあった。これは今日自分の演奏の中にある「サウンドをブレンドさせる」核の母体となっている。「何かを掴む」事を覚えた瞬間だった。しかも、歴史的名演と言われるソロが時々自分の“つたない”演奏の隙間から聞こえてガイドしてくれるから御満悦だ。
ありがとう、ハービー・ハンコック、ありがとうジョージ・コールマン、ありがとうロン・カーター、ありがとうトニー・ウイリアムス・・・・

このアルバムもそうだ。
買った動機はとても不純かもしれない。
当時、仕事で演奏するスタンダードを少しでもカッコよく練習する方法はないものかいな、と秋葉原の石丸ジャズフロアを物色(?)していたら、おやおや、これは今やってるスタンダードのオンパレードじゃないか、と喜んで買ったわけだ。

テーマをリー・コニッツとウォーレン・マーシと一緒に演奏したら、ビル・エバンスがリードしてくれる。そこで悦に入ってソロを練習するわけだ。
もちろんリズムセクションはエディ・ゴメスとエリオット・ジグモンドだ。

こういう人達のタイム感に乗って演奏出来れば十分だ。(いや、勝手にそう思っていただけだけどね)

いや、僕だけじゃなく、皆そうやって日中は部屋に閉じこもって「天にも昇る気持ち」の練習で何時間も過ごすのだ。そして午後4時頃になるといそいそと準備をして出掛けて現実の演奏の中で「あがく」のだ。

「いや、そこはそうじゃない。昼間のトニーはそんな風じゃなかった」
「ああ、それ、いいねぇ、ちょっとショーター入ってる」

今考えれば随分青臭い時代だったけど、それはそれで毎日充実していた。
一つ疑問が浮かべばベテランに聞いてみる。聞いても答えられなかったら「ふん」てなもんだ。生意気盛りにもほどがあった(笑)

そういう練習を繰り返す内に、バックに何もなくても音が聞こえて来るようになった。
もう練習にレコードはいらなくなった。
世の中に無駄な事なんて一つもないのを実感した時だった。

そして、再びレコードは本来の使命と言うべき鑑賞のアイテムに復帰した。


クリックすると元のサイズで表示します
『CROSSCURRENTS/Bill Evans Trio with Lee Konita & Warne Marsh』(Fantasy/1978年)

1. Eiderdown (Steve Swallow)
2. Ev'ry Time We Say Goodbye (Porter)
3. Pensativa (Clare Fischer)
4. Speak Low (Nash, Weill)
5. When I Fall in Love (Heyman, Young)
6. Night and Day (Porter)

Bonus tracks on CD reissue:
7. Eiderdown [Take 9]
8. Ev'ry Time We Say Goodbye [Take 7]
9. Night and Day [Take 9]

Bill Evans - piano
Lee Konitz - alto saxophone
Warne Marsh - tenor saxophone
Eddie Gomez - bass
Eliot Zigmund - drums

Recorded: February 28 & March 1-2, 1977 Fantasy Studios, Berkeley.

クリックすると元のサイズで表示します

今聴いてもその頃の毎日を思い出すほどお世話になったアルバムだ。
だから聴いていると身体がムズムズしてくる。
真夜中なのに楽器の前に立って演奏したくなる。
条件反射というやつだろうか。

しかし、このアルバム。
ビル・エバンスのアルバムの中では「納まりどころ」の無さでは一、二、を争うかもしれない。
僕はこれを練習材料としていたから別の意味合いでリスペクトしているのだが・・・

CD化されて再び手にしたのはバークリーを卒業して帰国した後の94年頃だったと思う。

いや、もう既にそういう練習からは卒業していたのだけど、懐かしさ以外に注目すべきものがこのアルバムにはあったのだ。
オリジナル盤にはない。

後半の最後の三曲はCD化で初めてボーナストラックとして陽の目を見たテイクだ。
それらの演奏がというよりも、それぞれの曲のテイク数にびっくりしたのだ。

ビル・エバンスのような名人なら、スタジオにやって来てパラパラと弾いたら「じゃね」とかと言って何処かに消えてしまう気がしていたのだけど、この三曲のテイク数をみると「9」とか「7」とか半端無いテイク数が記録されているのだ。
もちろんレコーディングのテイク数は全テイクが完全に最後まで演奏されているとは限らない。
ある曲はイントロからテーマの入口で誰かが転んだとか、せっかく最高のソロが記録されたのに最後のテーマでトチッてしまったとか・・・・
まぁ、それも含めて考えてもテイク9とか、普通のレコーディングではあり得ない。

僕らですら、テイクは2テイク、多くて3テイク以内だが、滅多に無い。

なぜテイク数がハネ上がるのか・・・・

それは次々と湯水の如くに新しいアイデアが湧いてきて、それを逃すまいと記録した結果・・・
そういう風でありたいとは思うのだけど、このアルバムに関して言うと、最後まで「落とし所」で迷ったのではないかと。

特に凝ったアレンジがなされているわけでもなく、しかしそれなら気楽なワンホーンとピアノトリオでも良さそうなのに、なんで二菅で・・・・?

その疑問が全てだと思う。
このアルバムの個々の演奏に問題があるとかは全然ないのだけど、ビル・エバンス・トリオのアルバムとして見た時に、一体このアルバムのコンセプトは何処を狙ったものなのか皆目見当が付かない。

改めて鑑賞してみたのだけど、やっぱりそういう事なのかな?

でも、この世界に入りたての、フレッシュマンの僕には、恰好の練習教材だった。

何のって?

それは演奏が熱く燃え上がった時の心の訓練。

気持ちだけじゃなく、確かなものを拾うことから全てが始まるというのを、このアルバムを使ったトレーニングで得たような気がするのだ。

レコードと一緒に音を出す。
案外最近の人はやってないんだよね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.08(土) 日本最大のジャズフェスティバル
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)+小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)SPB@横濱ジャズプロムナード2016
前売り/4300円 当日/5000円 ペア券/8000円
二日間通し券/8000円 みらいパス/1000円 他
出演会場: 関内ホール小ホール (神奈川県)
出演時間: 正午〜60分ステージ(トップバッター)


2016.10.09(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト:栗田敬子さん
第二部ゲスト:吉岡英雄さん
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.10(月・祝)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
最終回・サムシングス・カミング...何か起こりそう.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.10(月・祝)
○赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS@シュガービレッジ2016 (松山) (各会場19:00開演?23:00終演)
赤松敏弘(vib) 高橋直樹(b) 竹田玄也(p) 河北洋平(ds) 小林直人(ts)
出演会場: 松山市三番町「一番ガーデンカフェ」
出演時間: 20:00〜20:50(2nd set) 22:00〜22:50(4th set)
チケット: 089-948-1005(一番ガーデン)
アクセス:愛媛県 松山市三番町3丁目8-4
伊予鉄道市内線1系統、2系統、3系統、5系統、6系統大街道駅徒歩5分
チケットは「一番ガーデン」で好評販売中!前売3000円(当日3500円)


2016.10.16(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月8日(土) 『横濱ジャズプロムナード2016』
出演時間・会場:正午から(60分セット) 横浜馬車道・関内ホール小ホール
出演:赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)小山太郎(ds)生沼邦夫(b)SPB

今年も日本最大のジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードにレギュラーメンバーで出演します。


今年はトップバッター! ジャズ三昧の二日間のオープニングに是非!

クリックすると元のサイズで表示します

全容詳細は以下のオフィシャルサイトで。

全体スケジュール
横浜市内会場マップ

今年も秋の横浜で盛り上がりましょう!
乞う御期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月10日(月・祝) 『シュガービレッジ2016』
出演時間・会場:20:00、22:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
今年のシュガービレッジでは松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの初共演! 昨年オープンしたお洒落な一番ガーデンカフェでの初ステージ! 初ものずくしでお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
会場:一番ガーデンカフェ
(松山市三番町★大街道から松山中央郵便局に向かって一つめの角)

出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
小林直人(ts)

■松山市内各会場で19:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円 前売り券は一番ガーデンにて発売中
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

王冠ベルヤマハミュージックメディア・管打/打部門人気第一位(YMM・WEB調べ/2016年9月〜)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★
タグ: Jazz ジャズ CD

2016/10/5

(たぶん)鰻同好会ジャズ部もびっくり!! のこの旨さ! 来年のお楽しみダ  水曜:これは好物!

知らなかったんですよ。
これは

いや、まさか、ねぇ。

て、思うじゃないですか。

いや〜、まいった!!

それは・・・

夏の盛りにヴィブラフォンの生徒のKさんからいただいた暑中見舞い。
ワイン好きが高じてソムリエの資格まで取ってしまうKさんの事ですから・・・

クリックすると元のサイズで表示します

何かと話題の築地。
築地本願寺の近くにある佃煮の老舗。

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、夏の盛りだけの限定品。

はい!

クリックすると元のサイズで表示します
『うなぎ佃煮』築地・佃茂製http://tsukumo.ocnk.net/

あなごの佃煮は定番ですが、鰻の佃煮はさすがに見掛けません。
それもそのはず、土用の頃にしか作らない限定品なんだそうです。

僕の鰻好きを知ってるKさんのセレクションですから間違いはありません。

早速一つめを開封。

夏の暑い時期だったので特に温める事もなく、そのまま開封。

おお!!

クリックすると元のサイズで表示します

佃煮だから味は濃い目・・・という先入観から、緩和を考えて「おろし」を用意したんですが、これが実に素晴らしい。何がって、味付けは鰻本来の味を埋め尽くすことなく、佃煮としてはかなりあっさりとした上品な味付け。というかタレの濃度がちょうどよい。このまま食べても全然ムカムカしないこの味付けは素晴らしい。

炊きたての御飯に乗せると、もう、下手な外国産の鰻丼よりも、下手をすれば国産のレトルトパックに入った有名店の蒲焼よりも・・・・

っんまい!!

元々佃煮は長期保存の為のものだからパックに入れてもそんなに味は変わらない。なので国産蒲焼を名乗るバック詰めの蒲焼よりも自然に楽しめるんですね。

これは凄いわKさん!!


二本目は、ちょっとアレンジしてみたくなりました。

山椒を振りかけたら、蒲焼とみまごうばかりの溌剌とした味覚が甦りましたから、香草関係との相性が良いのではないか、と。

佃煮だけでは水分補給が恋しくなる点も考慮すると、こんな組合せを思い付きました。

クリックすると元のサイズで表示します

鰻は日本だけでなく世界中で食べられているので、アレンジも大胆に出来る。
これは香草にパセリを添えてレタスで鰻の佃煮をくるんで食べるもの。

クリックすると元のサイズで表示します

そして「暴れ馬」の如きエネルギッシュな酒、「古都足利」と一緒に

これがまた合うんです。

クリックすると元のサイズで表示します

パセリと鰻!?
これがけっこうイケるんですね。

鰻でパセリをくるんだりしながら・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

飲み干す!

クリックすると元のサイズで表示します

っんまい!

後半はオリーブオイルで鰻の佃煮の皮をフライパンで少しカリッと炒めてからフレッシュトマトと卵で軽く和えて香草とレタスを加えてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

フレッシュトマトの酸味がいい塩梅に全体のベースとなり、そこへ佃煮の出汁を少し吸収した卵が香草といいバランス。

ちょっぴり無国籍ながら、やっぱり鰻の旨さが際立つから凄い!

Kさん、ありがとうございました。
十分堪能させていただきました。

鰻同好会ジャズ部のみなさん、来年の夏の楽しみが一つ増えましたよ!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.08(土) 日本最大のジャズフェスティバル
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)+小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)SPB@横濱ジャズプロムナード2016
前売り/4300円 当日/5000円 ペア券/8000円
二日間通し券/8000円 みらいパス/1000円 他
出演会場: 関内ホール小ホール (神奈川県)
出演時間: 正午〜60分ステージ(トップバッター)


2016.10.09(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト:栗田敬子さん
第二部ゲスト:吉岡英雄さん
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.10(月・祝)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
最終回・サムシングス・カミング...何か起こりそう.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.10(月・祝)
○赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS@シュガービレッジ2016 (松山) (各会場19:00開演?23:00終演)
赤松敏弘(vib) 高橋直樹(b) 竹田玄也(p) 河北洋平(ds) 小林直人(ts)
出演会場: 松山市三番町「一番ガーデンカフェ」
出演時間: 20:00〜20:50(2nd set) 22:00〜22:50(4th set)
チケット: 089-948-1005(一番ガーデン)
アクセス:愛媛県 松山市三番町3丁目8-4
伊予鉄道市内線1系統、2系統、3系統、5系統、6系統大街道駅徒歩5分
チケットは「一番ガーデン」で好評販売中!前売3000円(当日3500円)


2016.10.16(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月8日(土) 『横濱ジャズプロムナード2016』
出演時間・会場:正午から(60分セット) 横浜馬車道・関内ホール小ホール
出演:赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)小山太郎(ds)生沼邦夫(b)SPB

今年も日本最大のジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードにレギュラーメンバーで出演します。


今年はトップバッター! ジャズ三昧の二日間のオープニングに是非!

クリックすると元のサイズで表示します

全容詳細は以下のオフィシャルサイトで。

全体スケジュール
横浜市内会場マップ

今年も秋の横浜で盛り上がりましょう!
乞う御期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月10日(月・祝) 『シュガービレッジ2016』
出演時間・会場:20:00、22:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
今年のシュガービレッジでは松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの初共演! 昨年オープンしたお洒落な一番ガーデンカフェでの初ステージ! 初ものずくしでお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
会場:一番ガーデンカフェ
(松山市三番町★大街道から松山中央郵便局に向かって一つめの角)

出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
小林直人(ts)

■松山市内各会場で19:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円 前売り券は一番ガーデンにて発売中
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

王冠ベルヤマハミュージックメディア・管打/打部門人気第一位(YMM・WEB調べ/2016年9月〜)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★

2016/10/4

街かどの角の話題・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ

日本語って「ふと」立ち止まってその言葉の意味を考えると、不思議な言葉がたくさんありますね。
街角。まちかど、街かど・・・・
角ですよ、コーナー。
で、必ず町じゃなくて街なんですね。

でも、この「街角」ってよくかんがえてみたら不思議な言葉です。
なんでこんなによく使われる言葉なのに、今一意味がピンと来ない代表選手かもしれません。

角に何があるのでしょう?
街、の一言でも済むし、特定の場所じゃなければ街中でいいはずです。
でも、なぜ角なんでしょうね。

その昔、東京ローカルで「街かどテレビ」なんていうのもありました。
中継されていたのは角でもなんでもない施設の中からでしたが・・・

たぶん、これは角=コーナーではなくて、皆が集まる場所、みたいな意味合いを持つのではないかと思います。

どの街に行っても、その街独自に「じゃ、今度●●で待ち合わせ」という場所があるでしょう。
どんな約束かはさておいて、待ち合わせ場所に向かう時は何でもワクワクしますね。

まぁ、その向かう場所というのが、駅前に見られる「広場」を除けば、殆どがどの街でも繁華街の一番賑やかな交差点になります。もちろん地下街の噴水なんてのもありますが、そこは「噴水のある広場」。
街かど、という言葉に相応しいロケーションは繁華街の交差点となるわけです。

なぜ交差点なのか?

それはそれぞれの道のジャンクションだからどの方角にも見晴らしが利くからですね。

それが「街かど」「街角」=人が集まる場所、的につかわれているのではないかと。

まぁ、その代表格と言えば・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

銀座四丁目交差点。

日本で一番有名な交差点でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

時計台の和光に、銀座三越。

振り返れば・・・・

あれ??

なんか全然見馴れない光景!?

クリックすると元のサイズで表示します

どこだ? うん? SONY?? あれ? 数寄屋橋交差点!?

いえいえ、ここは銀座四丁目交差点です。

はい。

クリックすると元のサイズで表示します

三愛ビルを見てホッとするのは僕だけでしょうか?

左側に出来たのは(オープンは今週末)GINZA PLACE。
随分ベタなネーミングですが、ビルは如何わしい、もとい! 強烈な印象。

クリックすると元のサイズで表示します

ビル好きの僕としてもちょっと着いて行けないデザイン。
チラチラとこの外観が見え始めた時から、どうしても・・・

ターバン

とか

大王イカ

がオーバーラップして仕方のないデザイン。

勝手に「ターバン・ビル」と呼んでいますが。

クリックすると元のサイズで表示します

どうしても受け入れがたいデザインのビル。これがこれから日本の街かどの代表として残るんですかねぇ。。

中身は日産のショールームと数寄屋橋にあったソニー・プラザが引っ越してカルチャー発信の地になりそうです。
どうです? TBSさん、ここで夕方に「ギンザNOW」とか!

クリックすると元のサイズで表示します

四丁目の角の新顔に続いて、その向こうの五丁目の角も何やら・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

銀座五丁目の角。ここは銀座松坂屋があったところ。
そこに都内最大のショッピングゾーンを建設中。
地下には能楽堂まであるという話しだ。

この不況の時代に箱モノとは、ちょっと見当はずれな気がしないでもないのだけど、どうでしょう。
銀座は歩くから楽しいのであって、箱モノの奥深くまではなかなか人が浸透しない。
目先の新しさだけでは一年と持たない気がする。

ただ、最近のディベロッパーはしたたか。
このビルも半分は商業ビルだが、上階半分はオフィスビルだ。

ショッピングゾーンが転んでも、オフィスビルとしていつでも再出発出来る、という仕組みだ。

その読みが当たるか、どうか。

クリックすると元のサイズで表示します

一階には観光バスの乗降バースまで作るんだとか・・・・

でも、、、

すっかり爆買いバスの数が激減した現在、そんなに銀座に観光バスがやって来るとは素人ながら思えないのだけど、どうなんでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

今夕の爆買ツアーバスは見渡す限り3台。
某国の大型連休中であるのに夏前の平日と比べると激減している。

ともあれ、街並みに少しずつ変化が出てきたのは街ブラ派としては大歓迎だ。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.08(土) 日本最大のジャズフェスティバル
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)+小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)SPB@横濱ジャズプロムナード2016
前売り/4300円 当日/5000円 ペア券/8000円
二日間通し券/8000円 みらいパス/1000円 他
出演会場: 関内ホール小ホール (神奈川県)
出演時間: 正午〜60分ステージ(トップバッター)


2016.10.09(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト:栗田敬子さん
第二部ゲスト:吉岡英雄さん
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.10(月・祝)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
最終回・サムシングス・カミング...何か起こりそう.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.10(月・祝)
○赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS@シュガービレッジ2016 (松山) (各会場19:00開演?23:00終演)
赤松敏弘(vib) 高橋直樹(b) 竹田玄也(p) 河北洋平(ds) 小林直人(ts)
出演会場: 松山市三番町「一番ガーデンカフェ」
出演時間: 20:00〜20:50(2nd set) 22:00〜22:50(4th set)
チケット: 089-948-1005(一番ガーデン)
アクセス:愛媛県 松山市三番町3丁目8-4
伊予鉄道市内線1系統、2系統、3系統、5系統、6系統大街道駅徒歩5分
チケットは「一番ガーデン」で好評販売中!前売3000円(当日3500円)


2016.10.16(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月8日(土) 『横濱ジャズプロムナード2016』
出演時間・会場:正午から(60分セット) 横浜馬車道・関内ホール小ホール
出演:赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)小山太郎(ds)生沼邦夫(b)SPB

今年も日本最大のジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードにレギュラーメンバーで出演します。


今年はトップバッター! ジャズ三昧の二日間のオープニングに是非!

クリックすると元のサイズで表示します

全容詳細は以下のオフィシャルサイトで。

全体スケジュール
横浜市内会場マップ

今年も秋の横浜で盛り上がりましょう!
乞う御期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月10日(月・祝) 『シュガービレッジ2016』
出演時間・会場:20:00、22:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
今年のシュガービレッジでは松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの初共演! 昨年オープンしたお洒落な一番ガーデンカフェでの初ステージ! 初ものずくしでお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
会場:一番ガーデンカフェ
(松山市三番町★大街道から松山中央郵便局に向かって一つめの角)

出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
小林直人(ts)

■松山市内各会場で19:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円 前売り券は一番ガーデンにて発売中
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

王冠ベルヤマハミュージックメディア・管打/打部門人気第一位(YMM・WEB調べ/2016年9月〜)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★

2016/10/3

テキストまみれで月が明けたら著書(ヤマハ)が部門の売り上げ第一位に! 今朝は新聞連載コラム第五回め!  月曜:ちょっと舞台裏

今朝は愛媛新聞の連載コラム『Something's Coming』の第五回目。「温故知新ではないけれど」と題して地方都市のミュージシャン事情やリスニング派の現状などを紹介しています。合わせて10月10日に愛媛県松山市で開催される音楽街イベント「シュガーピレッジ2016」についても。

愛媛県内の各駅新聞スタンド、コンビニ、香川県のJA高松駅キヨスク他でもどうぞ。





昨夜放送のJOEU-FM『Nose To Tail』は秋の特番放送のため深夜1時からの放送にも関わらず、放送直後からFBにメッセージが入り始めました。深夜帯の放送はどうなのかな、と思っていたのですが、午前1時頃のほうがダイレクトに機敏な反応が得られる事がわかりました。今も昔も深夜放送のゴールデンアワーのようです。
番組の感想などありましたら是非、番組名「ノーズ・トゥ・テール」でFM愛媛までお寄せください。
宜しくお願い致します。

さて、

いつになくテキストまみれになりながら、気が付くともう10月が始まっていました。
こんな秋の始まりが、過去にも一度・・・・
そう、いまから9年前の2007年の秋の始まりがそうでした。

その時のテキストまみれの要因は・・・・

コレでした。

本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)

実はこの著書が、

王冠王冠王冠
今回めでたく出版社(ヤマハ)の関連部門の販売で第一位に!!

テキストみまれで明けた月に相応しいグッドニュースとなりました

たくさん御支持いただいたみなさまに拍手拍手拍手拍手

今日までずーっと売り続けていただいたヤマハ・ミュージック・メディアさんに拍手拍手拍手拍手

そして、テキストまみれになりながら書きあげた九年前の自分に拍手拍手拍手拍手

だから何だという事ではありませんが、九年コツコツと積み上げた成果に感謝。

テキストまみれになりながら、さぁ、次は何をしましょうか、と考えつつ今夜だけは祝杯をあげたいと思います。

皆さま、ありがとうございました。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.03(月)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
第五回・温故知新ではないけれど.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.08(土)
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)+小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)SPB@横濱ジャズプロムナード2016
前売り/4300円 当日/5000円 ペア券/8000円
二日間通し券/8000円 みらいパス/1000円 他
出演会場: 関内ホール小ホール (神奈川県)
出演時間: 正午〜60分ステージ(トップバッター)


2016.10.09(日) 改編特番のため深夜に変更
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト:栗田敬子さん
第二部ゲスト:吉岡英雄さん
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.10(月・祝)
○コラム『Something's Coming』 赤松敏弘
最終回・サムシングス・カミング...何か起こりそう.
愛媛新聞芸能欄


2016.10.10(月・祝)
○赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS@シュガービレッジ2016 (松山) (各会場19:00開演?23:00終演)
赤松敏弘(vib) 高橋直樹(b) 竹田玄也(p) 河北洋平(ds) 小林直人(ts)
出演会場: 松山市三番町「一番ガーデンカフェ」
出演時間: 20:00?20:50(2nd set) 22:00?22:50(4th set)
チケット: 089-948-1005(一番ガーデン)
アクセス:愛媛県 松山市三番町3丁目8-4
伊予鉄道市内線1系統、2系統、3系統、5系統、6系統大街道駅徒歩5分


2016.10.16(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月8日(土) 『横濱ジャズプロムナード2016』
出演時間・会場:正午から(60分セット) 横浜馬車道・関内ホール小ホール
出演:赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/市原ひかり(tp)小山太郎(ds)生沼邦夫(b)SPB

今年も日本最大のジャズフェスティバル、横濱ジャズプロムナードにレギュラーメンバーで出演します。


今年はトップバッター! ジャズ三昧の二日間のオープニングに是非!

クリックすると元のサイズで表示します

全容詳細は以下のオフィシャルサイトで。

全体スケジュール
横浜市内会場マップ

今年も秋の横浜で盛り上がりましょう!
乞う御期待!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月10日(月・祝) 『シュガービレッジ2016』
出演時間・会場:20:00、22:00(各50分セット) 松山三番町・一番ガーデンカフェ
出演:赤松敏弘(vib)meets高橋直樹(b)The YOUNG CATS
今年のシュガービレッジでは松山の若手実力派が集結した新バンド・高橋直樹The YOUNG CATSとの初共演! 昨年オープンしたお洒落な一番ガーデンカフェでの初ステージ! 初ものずくしでお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
会場:一番ガーデンカフェ
(松山市三番町★大街道から松山中央郵便局に向かって一つめの角)

出演:赤松敏弘(vib)
with The YOUNG CATS
高橋直樹(b)
武田玄也(p)
河北洋平(ds)
小林直人(ts)

■松山市内各会場で19:00よりスタート。各会場50分4回ステージ(最終ステージは22:00-)
○料金:前売り¥3.000(1 day pass) 当日3.500円 前売り券は開催各店舗にて発売
★★一番ガーデンカフェ/松山市三番町3-8-4
●伊予鉄道市内線大街道駅出口から徒歩約5分●
○伊予鉄道市内線市役所前(愛媛県)駅出口から徒歩約8分○
電話番号 089-948-1005(一番ガーデン)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★

2016/10/2

今夜放送JOEU-FM『Nose to Tail』第四回は!!  メディア

今夜10月2日(日)放送のJOUE-FM「ノーズ・トゥ・テ―ル」は!

▼▼今夜は特別番組放送の為深夜1時からの放送です▼▼

パーソナリティー:赤松敏弘(ジャズヴァイブ奏者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第一部『The 談会』 
対談ゲスト:聴く派代表オーディオファイラー「対談対決!オーディオ・ファイラーの巻・最終回」/菅勝昭さん、村上哲義さん、西村隆さん 

クリックすると元のサイズで表示します
(ジャズ喫茶「パウエル」で収録)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第二部『High and Low』
テーマ:ニューグループ“高橋直樹 The YOUNG CATS”に聞く!
今回は10月10日(祝)に松山で開催される音楽イベント「シュガーピレッジ2016」で僕と初共演する松山の新世代ミュージシャンが集結した新しいグループ、高橋直樹The YOUNG CATSのメンバーに、地方での音楽活動や事情、これからの展望などを聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します
後列左から: 小林直人(ts) 武田玄也(p) 河北洋平(ds)
前列: 高橋直樹(b/leader)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日の
【ちょっと聴いてよ!】
・・・・BGM、されどBGM。
声に言葉は重ねない・・・・ちょっとした事ですが
音を生業にした人間のごく当たり前な感覚。
こちらでは番組のトークで使ったBGMを御紹介。
ゲストの“人となり”に相応しいと思う音楽を
赤松がセレクションさせていただきました。
メインの曲は本放送で御紹介致します。
.......................................................
【The 談会】BGM

M-1.「Time After Time」 Stephane Grappelli / Afternoon In Paris
M-2.「All Or Nothin' At All」 Kurt Rosenwinkel / East Coast Love Affair
.......................................................
【High and Low】BGM

河北洋平'S
M-3.「One Month」 Mark Guiliana Jazz Quartet / Family First
武田玄也&小林直人'S
M-4.「RING - make A Round」 Toshihiro Akamatsu / Next Door
高橋直樹'S
M-5.「When Face Gets Pale」 Miroslav Vitous / Infinite Search
.......................................................
【High and Low / NA BGM】
「Dominant Emotion」 白石才三/Mystic Moment
.......................................................
【『Nose to Tail』Theme Song】
「Twist Flower」 Toshihiro Akamatsu / Six Intentions
━━━━━━━━━━━━
【Director】
Kenichi Inobe (JOEU-FM)
Takuya Yoshimoto (JOEU-FM)

【Producer】
Toshihiro Akamatsu
━━━━━━━━━━━━
全国どこでもスマホで聴くならこのアプリ
・ドコデモFM
・auスマートパス

━━━━━━━━━━━━
FM愛媛(JOEU-FM) http://www.joeufm.co.jp/timetable/
松山79.7MHz 川之江80.0MHz 新居浜89.2MHz 今治80.6MHz 大洲78.8MHz 八幡浜77.6MHz 城川80.2MHz 宇和島82.1MHz 愛南78.8MHz
━━━━━━━━━━━━


クリックすると元のサイズで表示します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.09.23(金)発売
○『追悼 ボビー・ハッチャーソン』 構成・文:赤松敏弘 対談:赤松敏弘、藤井寛
「JaZZ JAPAN vol-74」 9月23日発売号
発売元:(株)シンコーミュージック・エンタテインルント
発行元:(株)ジャズジャパン 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016.10.16(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
“今夜はダブル・ひろしです・・・”
・第一部ゲスト:伊賀上ひろしさん
・第二部ゲスト:藤井寛さん(東京インタビュー)
・シュガーピレッジ・ライブ-1(10月10日松山市三番町「一番ガーデン」で収録)
25:00〜25:25
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.23(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
・第一部ゲスト:堤宏文さん
・第二部ゲスト:佐藤亜矢子さん
・シュガーピレッジ・ライブ-2(10月10日松山市三番町「一番ガーデン」で収録)
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

2016.10.26(水)
○赤松敏弘(vib) 守屋純子(p) Duo
20:00開演(19:00開場)
MC:3800円+od (会員:3500円 学割:3300円)
場所: BODY & SOUL (東京・南青山)
予約: 03-5466-3348 (BODY & SOUL)
今年5月の初顔合わせが好評で再演!
乞う御期待!


2016.10.30(日)
○赤松敏弘『Nose to Tail
パーソナリティー:赤松敏弘
第一部ゲスト1 高宮守さん
第一部ゲスト2 秦正義さん
第二部ゲスト 小田瞳さん
シュガービレッジ・ライブ-3 (10月10日松山市三番町「一番ガーデン」で収録)
19:30〜19:55
場所: FM愛媛 (愛媛県)
全国どこでもスマホでFM→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Live - Pickup Infomation
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年10月26日(水)東京・南青山 Body & Soul
開演・午後8時 (開場・午後7時) 料金:3,800円+od
赤松敏弘(vib) meets 守屋純子(p) DUO
ジャズ・ヴァイブ維新 特別編 !



ゲイリー・バートンさんの愛弟子で4本マレット奏法を駆使する数少ないビブラフォン奏者。5月に守屋さんとのデュオを組んだのですが、実はその夜、私が聴くことができませんでした。その直後、当店で中継配信している USTREAM をご覧になった方が、とても素晴らしかった、とおっしゃって…それで今回、再びのステージになりました。ぜひ私と一緒にお楽しみいただきたいと思います。  Kyoko (BODY&SOUL 関京子ママの紹介文より抜粋)

http://www.bodyandsoul.co.jp/

問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)
◆メール予約フォームはコチラ →http://www.bodyandsoul.co.jp/event/161026#content2

東京都港区南青山6-13-9 B1
地下鉄銀座線、半蔵門線、表参道駅より徒歩15分
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)w/小山太郎(ds)+生沼邦夫(b)BAND最新動画・試聴

動画閲覧はこちらをクリック↓NHK横浜放送局の公式ブログに飛びます

2015年02月25日放送 スペシャル ジャズライブ(動画)
「赤松敏弘meetsハクエイ・キムwith小山太郎+生沼邦夫」

配信曲:「The Gleaner」

音源試聴はこちらをクリック


NHK横浜放送局『横浜サウンド★クルーズ』セットリスト

演奏;:赤松敏弘(ヴィブラフォン)ハクエイ・キム(ピアノ)小山太郎(ドラムス)生沼邦夫(ベース)
2015年2月25日放送

番組テーマ・・・What Am I Here For(Duke)
1. The Gleaner (by T.Akamatsu)
2. Stella by Starlight 1964 (by V.Young)
3. Pleiades (by T.Akamatsu) /赤松 ヴィブラフォン独奏
4. White Forest (by H.Kim)  /赤松・ハクエイ ヴィブラフォン+ピアノDUO
5. Sound of Focus (by T.Akamatsu)
6. E.S.P. (by W. Shorter)
アンコール1曲 (音源未収録)

NHK横浜放送局夕方の人気生番組『横浜サウンド★クルーズ』出演の時の模様です。番組ナビゲーターは柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)、司会はNHK横浜放送局の佐久川智キャスター。

【聴きどころ】
華やかなオープニング・ナンバーの「The Gleaner」(動画あり)、ハクエイ・キムのスリリングな演奏が冴える「Stella by Starlight 1964」、ヴィブラフォンにしか出来ない独奏の世界を開拓する「Pleiades」など。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
各紙絶賛! ニューアルバム。好評発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
清新の気を注ぐが如くの若手とのインタープレイと聴き手の心を揺さぶる円熟のコラボレーション。ヴァイブのクールな音色の内に表現意欲の高まりを凝縮した深遠なる音の世界が秘められている【児山紀芳/ジャズジャーナリスト】

クリックすると元のサイズで表示します
『Majestic Colors/赤松敏弘』
レーベル:VME(ベガ・ミュージックエンタテイメント株式会社) VGDBRZ-0057 ¥3.000(税別) (2014年11月26日発売)

真打ち登場! ある時はトランペット、ある時はピアノ、そしてある時は自分自身と。それぞれのミッションで真打ちが登場するかのように次々とヴィブラフォンの新しい世界が展開されて行く。通算14作目のアルバムとなる「マジェスティック・カラーズ」は一粒で二度も三度も美味しい新境地のヴィブラフォン・ジャズ!!
「出色の出来、世界水準のジャズ」・・(児山紀芳/ジャズジャーナリスト)

■演奏:
赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)

■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

■2014年8月録音/クレッセントスタジオ (エンジニア:今関邦裕) マスタリング/音響ハウス(石井亘)■解説/児山紀芳

★ネットでのお求めは
Amazon.co.jp
ディスクユニオン
山野楽器
YAHOO!ショッピング
タワーレコード
セブンネットショッピング
HMV
auショッピングモール
楽天ブックス
Neowing
DeNAショッピング
TSUTAYAオンラインショッピング
価格.com
紀伊国屋書店ウェブショップ
ヨドバシ.com
DMM.com
他で好評発売中。どうぞ御利用下さい。


海外の方はコチラでどうぞ→CDJapan
『TOSHIHIRO AKAMATSU/Majestic Colors』Catalog No.VGDBRZ-57 JAN/ISBN4571131981224 (US$ 25.39)

※全国のジャズコーナーのあるCDショップでお求めになれます。お近くのCDショップでお求めの際は予約で店頭受け取りをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ジャズライフ12月号』(2014年11月14日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/四半世紀にわたって日本のジャズ・シーンを牽引してきたヴィブラフォン奏者、赤松敏弘が吹き込んだ最新アルバムは、市原ひかり(tp)、そしてハクエイ・キム(p)のそれぞれをフィーチャーした2セッション。さまざまなチャレンジやアイデアに満ちたアルバムについて、赤松敏弘が語る・・・(インタビュアー/石沢功治)

・アルバムCDレビュー/市原ひかりとハクエイ・キムという、今最も注目の若手を迎えて制作された、ヴィブラフォン奏者赤松敏弘の14枚目にあたる新作は、意欲的で刺激的な、聴き応えのある作品としてここに結実した・・・(北原英司)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................

『Jazz Japan 52号 / 2014月12月』(2014年11月21日発売号)
クリックすると元のサイズで表示します
・インタビュー/我が国にもヴェテランから若手まで、多くの有能なヴァイブラフォン奏者がいるが、その中で、現在もっとも先進的であり、オリジナリティに富んでいるのが赤松敏弘だ・・・(インタビュアー/小針俊郎)

・アルバムCDレビュー/これは、いいジャズ・アルバムだ。奇をてらわず、自分の考えるジャズを瑞々しく積み上げていく様にはほれぼれ。ここには今を生きる本物のジャズ・マンがいる・・・(佐藤英輔)

他、掲載。お求めはお近くの書店、インターネットで。クリックすると元のサイズで表示します
..................................................................................................................


CDジャーナル・レビュー:『Majestic Colors/赤松敏弘』
日本を代表するジャズ・ヴィブラフォン奏者の14作目。ジャズ・シーンで注目を集める市原ひかり(tp)、ハクエイ・キム(p)の二人を迎え、白熱のインタープレイを繰り広げる。ヴィブラフォンの包み込むような優しい音色とモダン・ジャズ・マナーを踏まえた作曲で、円熟したプレイを聴かせる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


只今来てます! 売れてます!!
コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【只今配信中】

ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』他配信中です。どうぞご利用下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中

Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)



ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『BEST LIVE 2011(動画)』

2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目


★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]


★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]


ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!



只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://www.au.kddi.com/mobile/service/featurephone/lismo/lismo-music/

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー

【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ ★vibraharp ★ヴァイブラハープ ★
タグ: ラジオ テレビ 新聞



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ