2013/9/24

東口、到達せず・・・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


9月二度目の連休中日の午後。
ちょうど一週間前の連休とは打って変わって安定した空模様に恵まれて朝から外に向かう電車も高速も大混雑。

まぁ、それを見越して早めの出発。

クリックすると元のサイズで表示します

首都高4号新宿線も内行きは思ったよりも流れていてスイスイ。
ひと月に二度も連休があるから落ち着いているのかなぁ、と思ったりしながら・・・

対向車線に目をやると、外行きはけっこうな車の量。

クリックすると元のサイズで表示します

午後4時過ぎなのでこれからお出かけは考えにくいから皆帰りなのだろう。

そのおかげか、こちらはこの先環状線まではスイスイと流れている模様。

クリックすると元のサイズで表示します

初台のランプで下の甲州街道に降りる。
一つ先の新宿ランプは都庁側にしかないから、東口側(アルタ側)に向かうには手前の初台で降りて甲州街道を走り新宿南口を経由して昔の新宿三越新館(現・IDC大塚家具)のところから中に入って行く。

この間、休日となると平日よりも新宿南口付近が渋滞するのは計算済み。

で。。。

山手通りをアンダーパスして西新宿地区の入口にあたる西参道の交差点の手前付近から、ちょっと様相が変って来た。。。

いつもなら、多くても信号二回待ちで通過出来る西参道交差点に一向に届かない。
さっきから停まったままで、遠くに見える交差点の信号は平素の通りに緑・黄・赤を繰り返している。
いわゆる普通の渋滞ではない事がこれで予見出来る。

どーした?

事故か?

トラック救急車消防車パトカーバス車車バストラックパトカー消防車救急車

やきもきしていると、突然スーっと流れだす。

どうも変だ。

やがて交差点の手前まで来ると警察官が立っている。
どうやら交通整理をしているようなので、「やっぱり事故か・・・」と。

やっとの思いで西参道交差点を通過。

。。。

西新宿の中に入ると、意外と空いている。
どこかで事故処理している風でもない・・・・

さっきの渋滞は一体何だったのか?

前方にルミネなどの新宿南口の建物が見え始める。

まぁ、当然ながら南口のところからココまでずーっと車が連なっている。
いつもの光景だ。

が・・・・

あれ? また動かなくなったゾ?

信号は平素の顔して緑・黄・赤を繰り返しているのだが、一向に車が流れる気配がない。

普段なら混んでいても信号の度に最低でも車2〜3台分は動く。
それがまったく動かない。

なぜ?

しばらくすると片側三車線の一番左側から車線変更してコチラに進入してくる車が増えた。

いつもの事ながら、この先に新宿バスターミナルがあり、そこに左折しようとする高速バスが縦列し、左折車が一車線潰しているのだ。

だから皆内側の第二車線と第三車線を走る。
まぁ、連休ともなれば普段この付近を走り慣れていないドライバーが多いのかもしれないから車線変更が多くても仕方ないか。。

そう思って割込み車へも寛容になっていると・・・・

あれ?

警察官が前方からやって来て「右の車線(内側の車線)へ行け」と誘導している。
ヲイヲイ、渋滞を誘導してどーするんだ。

そもそも割り込み禁止と取り締まるのが君らの役目じゃないのか?

と、少し怪訝な顔になりかけた時・・・・

あらら!@@;

コレだったのね〜!@@;

クリックすると元のサイズで表示します

お祭り!

神輿が出ているので甲州街道の第一車線を規制していたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

新宿 十二社熊野神社例大祭。
http://12so-kumanojinja.jp/index.html

三年に一度の大祭にぶつかったのだ。

まぁ、渋滞は渋滞。
でも、この新宿の超高層ビル街と神輿というコントラストには和まされた。

クリックすると元のサイズで表示します

秋祭り。
もうそういう季節。
考えてみればこの連休だって最終日は秋分の日。
秋だ。

クリックすると元のサイズで表示します
運転席から振り返って余裕でこんな写真が撮れる事自体、いかに渋滞しているかがおわかりでしょう


と、、、、

あれ?

まさか、、、、、

この十二社熊野神社例大祭と過去にライブが一度重なってエライ目に会っている。
新宿ピットイン(まだ紀伊国屋の駐車場の所にあった頃)だったか、インクスティック(東口のルイードの地下)だったか忘れたが、随所で楽器の搬入経路が絶たれ、半泣きで靖国通りからヴィブラフォンを三人がかりで運び入れた記憶が甦って来た・・・!@@;

新宿南口に来ても普段とは比べ物にならないほど車が流れず・・・・

やっと旧・新宿三越新館のところからディスクユニオン新宿ジャズ館の前の通りまで入れたかと思いきや、
進路を新宿東口ロータリーに向けた瞬間!!

ガ〜ン!@@;

そのまさか、に遭遇。
ナント1ブロック先から東口に抜けられず「左折せよ」と。。。
左折するとさっき渋滞していた甲州街道に逆戻り。

しかし、それ以外に選択はない。

じゃあ、ぐるりと一回りして靖国通りの大ガードまで回ってアルタ側から入ろう。。。

仕方なくもう一度渋滞する甲州街道に戻り、今度は先と同じ交差点を明治通りに取り、再び進路を北に向けた瞬間!!!

な、な、、なんだ〜!@@:

ここでも大渋滞。

交差点からなかなか進まない。。

やっと進んで新宿通りの伊勢丹の角まで来たら、前から伊勢丹の誘導員が駆けて来て「この車線、只今伊勢丹のお車で埋まっております。申し訳ございませんが右側の車線にお移りください」と。
この先の靖国通りの交差点を左折しようと思っているのに。いいのか?
真ん中の直進車線から左折したのを警察官に取り締まられた時の責任はどーする?

まぁ、法治国家ながら商戦にはノータッチな奇妙な関係で事なきを得たが、いくら歩行者天国で新宿通りが通行止めとなっているからと言っても、この混乱はどうなんでしょうね。問題にならないのだろうか?

な〜んて言ってる暇はなく、当然ながらアドホックの先から東口に左折出来るわけもなく、付近はココで荷降ろしして中まで運ぶはめとなったトラックの縦列駐車で混雑。

大ガードの信号を左折しようとしたら・・・・

あららっ! 通行止めですと!@@;

ちゅー、事は東口に続く全ての経路が断たれているって事。
道理でタクシーも困惑気味にウロウロ、ウロウロ。。

結局反対側の西口の地下駐車場まで大回り。

この間、約40分。

一体なんだったのか、この無駄な時間って。。。

クリックすると元のサイズで表示します
徒歩で西口から東口に向かう途中に撮った甲州街道

あら、空いてるじゃない? ですって!!

この3ブロック先で車線規制されていて車が詰まっているだけです。
結局、この日は車で東口には到達出来ませんでした。。。

不幸中の幸いは、楽器の搬入がなかった事。
もしもあったとしたら・・・・・一時間遅刻間違いなし!
考えるだけでゾッとした瞬間でした







【配信追加情報】2013年 9月4日(火)より


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

御利用ください!




今年はトップバッターです!

クリックすると元のサイズで表示します
【横濱ジャズプロムナード2013】
2013年10月12日(土)〜13日(日)
横浜市内各ホール、ライブハウス、ストリート会場など連日100ステージ超、毎年10万人を超える観客で横浜の街がジャズに染まる二日間。

今年は以下のプログラムで出演します。
出演日時:2013年10月12日(土)12:00〜13:00
出演会場:横浜馬車道・関内ホール(小ホール)
出演:赤松敏弘(vib) meets ハクエイ・キム(p) DUO

クリックすると元のサイズで表示します
 Toshihiro Akamatsu(vib)    Hakuei Kim(piano)
好評の赤松・ハクエイDUO。今年はナンとトップバッター!
二日間のべ380ステージに及ぶ日本最大のジャズフェスティバルのスタートに是非どうぞ!
クリックすると元のサイズで表示します
横濱ジャズプロムナード2013の詳細は公式ホームページ http://jazzpro.jp/でゲット!

さらに!


今年は赤松・ハクエイDUO連発!

クリックすると元のサイズで表示します
■2013年 10 月 6日 (日)
東京・大田区(鵜の木)『アトリエひらり』
開演・午後2時30分
(開場予定:午後2時)
“赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p) DUO”

クリックすると元のサイズで表示します
○会場:東京都大田区鵜の木3-4-15 “アトリエひらり”
    東急多摩川線・鵜の木駅(改札口左へ)線路沿い徒歩8分
○料金:3.000円・完全予約制(お茶とお菓子のティータイム付き)
○問い・予約:03-5482-2838(アトリエひらり担当:つちや)


良い席はお早めに!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ