2014/3/17

残り物には(高いけど)福はある? 緊急出動の巻・・・  月曜:ちょっと舞台裏


2014年3月16日(日)午後2時の私・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やや疲れ気味に楽器の前でスタンバイ。
なぜ疲れ気味かと言うと・・・・・



【2014年3月14日(金)午後10時】

2014年3月14日午後10時少し前・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あれ? 昨日(13日)の朝にサンライズ瀬戸で戻って来たんじゃなかったですか? って。
そうです。

ところが・・・・
その夜の深夜、14日午前2時過ぎに瀬戸内海で地震が発生し各地の震度が5レベル。
実家のある松山も震度5弱と表示。

ちょうど14年前に芸予地震が起こり震度5強の揺れでかなり室内の物が散乱し母親からSOSが入って駆け付けた事がある。その後には東日本大震災など大きな地震が続発する時期に掛かり、地震には皆敏感。
今度も片付けなどが必要なら手伝う他に僕じゃないとわからない建物のチェックも兼ねて向かう事に。

ただし、僕の時間が空けられるのは15日のみ。
16日の午後には東京に戻ってなければならない。

さぁ、どーする?

・飛行機で往復
・新幹線で往復
・いつもの寝台特急で行き帰りは新幹線

今日(14日)は午後7時半までスケジュールが入っているので飛行機の最終便には間に合わない。すると明日(15日)土曜日の便となるが・・・折からの春休み真っ最中とあって、ネットを見る限り飛行機は望みの時間に空きが無い。
夕方発の便だと到着は午後7時半。こりゃ意味がないな。
ううん・・・・

15日6:00発の新幹線なら指定が無くても自由席で何とか向かえて松山到着はお昼だ。

ほぼ新幹線で考えている中で念のために今夜(14日)の寝台特急サンライズ瀬戸に空きがあるかJRの窓口で聞いてみた。

「満席ですねぇ」

だろうなぁ、週末だし、春休みだし、じゃ、新幹線の切符を買おうと思ってふと「サンライズ出雲はどうですか?」と聞いてみた。
東京から岡山まではサンライズ瀬戸と併結される列車だ。
岡山で四国行きの特急に乗り継げる。

すると・・

「あ、一室だけ空きがあります。えー、シングルデラックスの喫煙室なら」

こう言う時に限って普段なかなか取れないプラチナチケットの部屋が・・・・
禁煙希望だが個室なら自主禁煙室にすればいい。
残り物には福があると言うじゃないか。
これに乗って行けば悪い事は無さそうな気もする。

じゃ、それ、決まり!

今夜の予定をそのまま終えて、余裕で東京駅に向かえばいい。到着は明日(16日)午前10時過ぎ。東京からちょうど12時間掛かるが、大半はベッドに転がっているのだから楽だ。そして、滞在時間を見ると結局これが一番時間を有効に使えるわけなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがにこれだけの短時間で再び寝台特急の人となるのは・・・・初めて。
昨日の朝、乗って降りたばかりだ。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機よりも、新幹線よりも、寝台特急が早く着くというのは実はよくある事。
夜中に移動すると本当は効率が良いのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

11号車に乗りこむ。
昔ながらの側廊下式の寝台列車はなぜか落ち着く。

部屋のステップを四段上がると24番室。

クリックすると元のサイズで表示します

ドアを開けると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いつものシングル部屋の倍の広さ。

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中から左半分がデスクと椅子とシンク

クリックすると元のサイズで表示します
右半分がベッドスペース

荷物を片づけて、ちょいと記念ショットを・・・

クリックすると元のサイズで表示します

緊急でなければこのまま出雲にでも旅に出たいところだ。

シングルデラックスは久しぶり。シングル部屋は毎月何度も使っているがシングルデラックスはちょうど一年振りだ。以前に比べるとテレビが無くなったり、リーフレットも無くなってしまったりで、いくつかサービスダウンの感は否めないが、やはりこの広さは何物にも代えがたい。

クリックすると元のサイズで表示します

出発早々に車掌の検札は終わってしまったので、後はずーっと誰にも邪魔されない時間。

クリックすると元のサイズで表示します

この部屋のアメニティー・グッズは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
シャンプー、リンスにタオル、石鹸、髭そり、スリッパ、歯ブラシまで、なんでもござれ

それにしても、よく当日にこの部屋が取れたものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そう言えば一年ちょっと前に山陰の米子から東京に戻る時にもサンライズ出雲のシングル・デラックスを使っている。米子から岡山を特急、その後サンライズ瀬戸のシングル部屋のチケットを持っていたのだが予定が替わり、米子から直接東京までサンライズ出雲が使える時間帯になり、岡山までの別の特急料金分が浮くのでちょっと足せばシングルデラックスの料金になるので使った。
その時も米子駅に夕方着いてすぐ窓口で聞いたら1室空きあり、だった。

→『2013/1/23ブログ 山陰からの帰りは居酒屋個室と移動ジャズ喫茶で・・・・』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20130123/archive

と言う事は、サンライズ出雲のシングルデラックスは直前のキャンセルが多いのかもしれない。

ともあれこれは助かる。

午後10時に東京駅を出発、横浜、熱海と停車する。

クリックすると元のサイズで表示します

早速ベッドを準備していつでも転がり込める状態に。

クリックすると元のサイズで表示します

窓の外は小雨

クリックすると元のサイズで表示します

残りものには(高いけど)福はある、な。

クリックすると元のサイズで表示します

残りものには(高いけど)福はある、絵画調ショット

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンのiTunesからお気に入りのBGMを流しつつ・・・
寝間着に着換えて、いざ、ベッドへ。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は一日どうなるかわからないので今夜は体力温存の為に早めの就寝モード

ちょうど列車は日付の変わる寸前で間もなく「富士」駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

それでは、みなさま、お休みなさ〜い!



【2014年3月15日(土)午前6時】

おはようございます。。。

クリックすると元のサイズで表示します

列車は姫路を出て岡山県に入ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

熟睡しましたねぇ。
約五時間半。
普段と比べ物にならないほど。

さぁ、そろそろ岡山に着きます。
出発の準備も整った。

クリックすると元のサイズで表示します

時刻通りに走る日本の鉄道だから寝台列車が新幹線よりも早く着くなんて芸当ができるんですよね。

午前6時半。岡山駅ホームに降りる。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜の我が家の証は・・・・ペットボトル(笑)

ちなみに我が家の下は・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ツインベッドの部屋

なかなかこちらもプラチナチケットで入手困難な部屋。
二人ならこの部屋がお薦め。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、今日の編成はリニューアル前のオリジナル仕様編成でした。

降りると前方は黒山の人だかり。
毎朝岡山駅で行われる儀式。

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中でこっち向いてる人が有名人なわけではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ロミオとジュリエットのお別れです。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュリエット(サンライズ瀬戸)はロミオ(サンライズ出雲)を残して瀬戸大橋を渡って一路四国の高松へ。

クリックすると元のサイズで表示します

また今夜ね〜、ロミオ様〜、とかなんとか。
今夜再びココで落ち合って二人して東京へ逃避行だ。

それにしても朝の6時半だ。
皆元気だなぁ。

ひとしきりしてこちらは次の列車に乗り継ぐ。

クリックすると元のサイズで表示します

松山行きの特急「しおかぜ1号」入線。

クリックすると元のサイズで表示します

この特急の“顔”ってどことなく・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

初代新幹線の流線型に似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

JR東海の窓口で切符を買ったら・・・・。リニア・鉄道館かぁ。いつかは行ってみたいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

ドトールな朝!
ちょうど駅のドトールが開く時間なのでホットコーヒーで快適な朝の旅。

クリックすると元のサイズで表示します

30分ほどで瀬戸大橋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

一週間で二度目の朝の瀬戸大橋。

クリックすると元のサイズで表示します

10分ちょっとで瀬戸内海を渡り四国へ。

流石にちょっとウトウトしていたら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

反対側の山の頂には雪!!

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬信州を走っているみたいな景色が続くが、反対側は海だ。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りは西日本で一番高い石鎚山の麓になる。

クリックすると元のサイズで表示します

伊予西条駅では隣りのホームに「アンパンマン特急」が入って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

予想通りとは言え・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アンパンマン特急にスーツ姿のビジネスマンは・・・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

このアンパンマン特急も来年には松山から先でしか見られなくなる。新しい特急電車が走り出すとアンパンマン特急が置き換えられるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

松山の手前で海岸線に出る。

クリックすると元のサイズで表示します

山から海へと目まぐるしく景色は変る。

クリックすると元のサイズで表示します

実はあの白い三角形の標識・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2003年度のスイングジャーナルのジャズディスク大賞日本ジャズ賞にノミネートされたアルバム・・・

クリックすると元のサイズで表示します

『STILL ON THE AIR』のジャケットに使ったものだ。
但し当時は木製の趣きのあるものだったけど、最近取り替えられてあまり趣きはなくなった。
ここまでロケハンしたものなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

この区間で連続するいくつもの短いトンネルの最後を抜けると松山の北の堀江の港。昔は国鉄連絡船が広島県のニ方駅との間に就航していたところだ。瀬戸大橋の出来る前に廃止になった。

ここまで来るとあと10分。

クリックすると元のサイズで表示します

午前10時5分、松山駅着。
東京を出てちょうど12時間の旅。
いや、今日は旅じゃない。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前から市電に乗ろうと電停に行くと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あらま!

旅行気分じゃない時に限ってこういうシーンに出くわすものだ。
観光用の“坊っちゃん列車”。

露出そのままでちょっとレトロチックに。

クリックすると元のサイズで表示します

最近ホントに増えた鉄子さんがそこかしこに・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
一瞬昭和生れの路面電車に埋め尽くされた感じのJR松山駅前電停

ここから電停6つ15分で最寄りの大街道電停に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

まさか三日後に再びここに降り立つとは、ねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

取りあえず実家に直行。
周辺から内部、屋上までいろいろとチェック。

クリックすると元のサイズで表示します

裏にも回って建物の隅々までみたが外見的には異常なさそう。
ただし、若干塗装の剥げた跡が見られるので予想よりも揺れたみたいだ。
実際には二階建ての家では大したことなかったと言うし、12階建てのマンションの6階に住んでいる人の話では無茶苦茶揺れて怖かったと言うし、こればかりは同じ街でも場所によってかなり違う。
母親も揺れは凄かったと言っている。

室内では二階はまったく物が倒れていなかったのに対して、三階は不安定なものが倒れていた。
また、壁も古くなった部分が一部剥げ落ちていたので修繕を業者と相談する事に。
やはりこればかりは実際に見ないとわからないものだから、やって来て正解だ。

ともあれ大事には至らなかったのでまずは一安心。
業者への手配も終わり、夜は夕飯後にウォーキングがてらに家人の実家へ顔を出す。岡山で買ったおみやげの他に通り道の“万寿”で名物の焼きたての餃子を仕入れて夜食の差し入れ。三日前に訪問したばかりでホントまた来ました〜!(笑)。こちらは大した揺れでは無かったと言うし、歩いて30分くらいの距離なのに同じ街でも場所によって随分違うものだ。帰りはまっすぐなハズがなく(笑)近所のキーストン・バーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

今夜は土曜日レギュラーのギターの矢野元氏が加わったピアノの渡部由紀さんのカルテットが出演している。
実は夕飯を食べに近所まで出た時に三番町通りでバッタリとすれちがいビックリしていた。
そりゃそうだ、東京に帰ったばかりのはずだもの(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ドラムはキーストン先代マスターの櫻井康雄氏

白熱の演奏は、ブレ具合でわかる!

クリックすると元のサイズで表示します
キーストン二代目石原マスターが何処かへ行ったので留守を守るスタッフと石原マスターの噂話しに華が咲く(笑)

この“ハコ”で聞く矢野氏のギターの音は最高にいい。ゴキゲンなサウンドがポンポン聞こえて来て楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

このまま最終ステージまで聴いていたいところだが、残念ながら明日が早いので日付の替わった午前1時前までには実家に戻った。



【2014年3月16日(日)午前6時】

おはようございます。。。

クリックすると元のサイズで表示します

午前5時半起床。
午前5時50分にタクシーでJR松山駅に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します

今日はここから一気に東京へもどり、すぐにヴィブラフォンのレッスンだ。

午前6時13分発の特急しおかぜ6号で岡山を目指す。

クリックすると元のサイズで表示します

これはこの日二番目の特急。

クリックすると元のサイズで表示します

この後続々と出発するのでどのホームにも特急がスタンバイ。

始発なので自由席にした。
万が一寝過ごすかもしれないから・・・(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ブルーが自由席車と色分けされている

クリックすると元のサイズで表示します
発車の案内アナウンスと共に定刻に発車

クリックすると元のサイズで表示します
まだ眠そうな早朝の瀬戸内海沿いを駆け抜ける

クリックすると元のサイズで表示します
遠くに島影のような巨大なタンカー

しばらく快調に走って・・・

午前8時半過ぎに瀬戸大橋へ

クリックすると元のサイズで表示します
いつ通っても何かしら新鮮味のある瀬戸大橋

クリックすると元のサイズで表示します
この時間、潮の流れが勢いを増している

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに船

クリックすると元のサイズで表示します

見るからに潮の流れがキツそうだ

クリックすると元のサイズで表示します

10分ちょっとで四国から本州に

クリックすると元のサイズで表示します

午前8時59分、岡山駅着。

クリックすると元のサイズで表示します

皆三階の新幹線ホームへと向かう

クリックすると元のサイズで表示します

岡山発9時18分の「のぞみ122号」の指定席が取れた。

おや? 隣りのホームには・・

クリックすると元のサイズで表示します

「のぞみ」からは撤退した500系新幹線が山陽新幹線のローカル便に就役中。
でも今の700系よりも遥かにインパクトがあるしカッコいい。

クリックすると元のサイズで表示します

実はこう見えても(鉄分多めの割には)昔から新幹線にはあまり興味がない。
すでに高校のころから東京と岡山を新幹線以外で帰れないものか、と思案していた。

最初の頃の0系という新幹線の時代や食堂車、二階建て食堂車が登場した頃はちょっと好きになった。
でも「のぞみ」が登場してからは再び興味が無くなった。
単純に車窓が退屈極まりないからだ。

でも唯一の救いは、何と言っても・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

富士山!

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線からの富士山の眺めは天下一品

クリックすると元のサイズで表示します

ここだけは車窓の楽しみがある。

僕は一つだけこだわりがあって、富士山を撮るなら富士山に向かって真っすぐな道と一緒に撮りたい、というもの。

時速250キロは超えている車内から狙うのはかなり至難の業なのだけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します

キタねー!

クリックすると元のサイズで表示します

キター!

それにしても・・・

クリックすると元のサイズで表示します

新東名高速・・・・目立ち過ぎ!?

クリックすると元のサイズで表示します

これじゃ景観での世界遺産登録は無理だよなー。

それなりの景色ではあるが・・・

などと言ってる間に、

クリックすると元のサイズで表示します

午後12時43分東京駅到着。
松山から6時間半ピッタリ。
岡山駅で一本遅らせたのと、通常よりも停車駅の多い「のぞみ」だったので30分ほどロスがあるが、この後の予定に影響はない。

クリックすると元のサイズで表示します

到着後、本日のレッスン。

最初と二番目は、hitomi嬢、そしてYoshitomo嬢と続く。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、靴を見るだけでもいろいろと個性があるねぇ。いいゾ!
どっちがどっちとは書きませんが(笑)

一番得をする(?)のはレッスン生だ。
なぜなら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今朝、岡山駅で乗り換えの時に買った岡山・備前名物の“大手まんじゅう”がお茶うけにもれなく付いてくる!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

高校の時、岡山に住んで美味しいと思った薄皮まんじゅう。ほとんど皮なし。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな感じで、いつになく慌ただしい週末を終えて今週が始まったところなのです・・・・

ふうーっ




予約情報

只今以下のお薦めライブの予約受付中です。
良い席のお求めはお早めに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年3月19日(水) 19:30- (open 19:00)横浜・関内エアジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリックすると元のサイズで表示します
★出演:市川秀男(p)Trio ゲスト:赤松敏弘(vib)

★〜ここでしか聞けない!!市川オリジナルソング集。絶品〜
(エアジン デイリーコメント by 二代目マスター うめもと實)
日本ジャズ界の巨匠・ジャズピアニスト市川秀男さんのマンスリーライブ。ピアノとヴァイブのDUOから、ピアノトリオ、クァルテットと 変幻自在な組み合わせでお届けするスリル満点のステージ。

出演:市川秀男(p) 上野哲郎(b) 二本柳守(ds) ゲスト:赤松敏弘(vib)
Live charge ¥2500+drink(¥500〜)/学割¥1500+drink(¥500〜) /高¥1000/中以下無料
事前予約割引→200円キャッシュバック


★ 問い・予約 045-641-9191 (エアジン)★
 ┗http://yokohama-airegin.com/contact.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年3月24日(月) 20:00- (open 19:00)東京・南青山Body & Soul
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリックすると元のサイズで表示します
★出演:福井ともみ(p)Trio ゲスト:赤松敏弘(vib)

★昨年11月の12年振りのリユニオンが大好評だった人気ピアニスト福井ともみさんのライブにゲスト出演します。お見逃しなく!
・・ CD発売記念ライブでは当店を超満員にしたともみさん! 今回は最高のヴィブラフォン奏者、赤松さんを迎えてのステージ、また超満員か !・・(ボディー&ソウル デイリーコメント by 松本昌樹)

Live charge ¥3500+drink(¥500〜)/学割¥2500+drink(¥500〜)
出演:福井ともみ(p) 俵山昌之(b) 藤井学(ds) ゲスト:赤松敏弘(vib)

★ 問い・予約 03-5466-3348(ボディー&ソウル)★
 ┗http://www.bodyandsoul.co.jp/schedule/
又は、http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/bodyandsoul_schedule.html?num=1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
只今開催中!! レーベルからの超目玉情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリックすると元のサイズで表示します
(株)Vega Music Entertainment (VME)
厳選のCDセットが定価の半額以下!このチャンスにぜひお買い求めください!商品は全国送料無料!!


★赤松関連のセットは以下の二種類5セット

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS』
VGDBRZ0044
定価:¥3,000(税込)

最新盤『AXIS』と以下のVMEからリリースした4枚のリーダーアルバムを組み合わせたセット販売です。

1. 『SYNERGY』 VGDBRZ0016 / 定価:¥3,150(税込)
2. 『FOCUS LIGHTS』 VGDBRZ0017 / 定価:¥3,150(税込)
3. 『TIDE GRAPH』 VGDBRZ0029 / 定価:¥3,150(税込)
4. 『STREAM OF LIFE』 VGDBRZ0030 / 定価:¥3,150(税込)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓特価!お得なセット↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

『赤松敏弘セット1』
『SYNERGY』 +『AXIS』 定価:¥6,150(税込) → 特価:¥2,500(税込)

『赤松敏弘セット2』
『FOCUS LIGHTS』+『AXIS』 定価:¥6,150(税込) → 特価:¥2,500(税込)

『赤松敏弘セット3』
『TIDE GRAPH』+『AXIS』 定価:¥6,150(税込) → 特価:¥2,500(税込)

『赤松敏弘セット4』
『STREAM OF LIFE』+『AXIS』 定価:¥6,150(税込) → 特価:¥2,500(税込)

さらにお得な3枚組み合わせのプレミアムセットもあります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓特価!お得な3枚セット↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『赤松敏弘プレミアムセット』
クリックすると元のサイズで表示します
定価:¥8,000(税込)
セット価格:¥3,600(税込)

御購入、詳細はレーベル(VME)のショッピング・サイトへ!GOOD!
VME CDセール サイト→http://www.vme.co.jp/vmenew/CD_SALE.html

お見逃しなく!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






【配信追加情報】


ご要望の多かったiTunes StoreやAmazon.co.jpでのアルバム『AXIS』の配信が2013年9月4日より始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
『AXIS/赤松敏弘』
1. Return To Forever (Chick Corea)10:51
2. Over Again (Toshihiro Akamatsu)7:53
3. Sound Of Focus (Toshihiro Akamatsu)8:23
4. Axis (Toshihiro Akamatsu)07:49**
5. Silent Butler (Toshihiro Akamatsu)5:18
6. Cheerful Flight (Hideo Ichikawa)6:09
7. Havona (Jaco Pastorius)7:19
8. I Thought About You (J.Mercer-J / Van Heusen)4:47**

Toshihiro Akamatsu(vib)
Koichi Sato(p)
Masahiro Sawada(b)
Kodai Higuchi(ds)
**guest : Nanami Morikawa(vo)
発売元:(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント(VEGA)

iTunes Store 赤松敏弘ディレクトリー

iTunes storeでは6アルバムからセレクトされた44曲を配信中


Amazon 赤松敏弘 MP3専用ディレクトリー

amazon.co.jp MP3ストアーではアルバム『Axis』収録全8曲を配信中

全曲試聴可。
若手メンバーとのフレッシュな演奏を、DSDレコーディングによる最良の音質でお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します
赤松敏弘(ヴィブラフォン)佐藤浩一(ピアノ)澤田将弘(ベース)樋口広大(ドラムス)

どうぞ御利用ください!






★CDを“ドスドス”探したい人の味方!
クリックすると元のサイズで表示します

ジャズ全体http://www.hmv.co.jp/artist/rank/0/genre/800/

【楽器別】
ヴォーカル
トランペット
トロンボーン
サックス
フルート
クラリネット
ピアノ
オルガン
ビブラフォン
ギター
ベース
ドラム


★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ