2008/1/28

新勢力?・・・  月曜:ちょっと舞台裏

この週末のブログ・アクセス解析を見て気が付いた事がある。

スパマー対応の為に週に一度は解析データを見て招かざる客(スパマー)をブロック。面倒だけど最近のスパムコメントは認証の「はい」「いいえ」まで読んで入って来るからタチが悪い。だいたいはクリック詐欺だから同じIPアドレスから同じワードで連続的にやって来る。面倒な時代になったものだけど、当分は認証式でコツコツ削除するしかない。

さて、そんなアクセス解析の折、リンク元履歴にちょっとした変化があるのに気付いた。

リンク元というのは主に検索エンジンやリンク先からの訪問数がわかるのだけど、ブログのメインページから飛んだ履歴も含まれるので複雑怪奇に数が多い。また常連の人のディスクトップからのブックマークなどは含まれない。
全部見るのは面倒なので上位30件くらいを表示しているのだけど、最近見慣れないURL。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

この、baidu(バイドゥー)ってな〜に?

どこのブログやホームページでも同じだと思うけど、検索で訪問される方の大半はYAHOOかGoogle。このブログでも平均するとYAHOO3割(各カテゴリー含む)、Google2割(.jp以外の.comも含む)で半数を占める。残り半分の中でこの週末になって急に見慣れないbaidu.co/というリンク元が浮上していた。

全体の中ではたった4%弱。
微々たる数字とも言えるけど、ちょっと気になって調べてみた。

検索するとすぐにわかった。

baiduとは百度と書いてバイドゥーと読むらしい。
これは中国の検索サイトで先週から日本国内でのサービスを開始したらしい。

「へえ〜」

売りは検索速度が速い、という事らしい。

ちょっと試してみた。
検索トップの画面は何となくリニューアル前のYAHOOに似てるか。
選択カテゴリーが4つとは随分とシンプル。

ウェブ | 画像 | 動画 | ブログだけ。

少し難解な検索ワードを入れると、
たしかに素早く検索する。

Googleよりも早い。
YAHOOと同程度の速度だけどカテゴライズが少ないので一気に大量のリンクに辿り着く。

本国のページはどうなんだろう?と思って飛んでみた。

あれれ??

これは・・・・

検索カテゴリーに日本版には無い御法度の「MP3」が。。。
噂に聞いていた中国で爆発的に流行っている検索サイトってココじゃないのか?

You TubeやMy Spaceなどの公開動画と違って無断DL目的のMP3検索は僕でも違法だと思う。
日本版ではカットしているけど、簡単に本国のページに飛べるので問題はないのだろうか?
もちろん悪い事だけではないが、業界が恐れている検索エンジンが上陸したわけだ。

ネットの世界はどんどん進化している。
でも、だんだん面倒になっている面もある。

検索エンジンが増えるのは、ネットを辞書代わりに使っている身には歓迎する反面、かつてのYAHOO(カテゴライズなどは手動構築)とGoogle(完全なロボット検索)の違いのような特徴が増えるのならいいが、似たようなモノが増えるだけならいらないような気もする。

YAHOOもGoogleもロボット検索で大差の無くなった時代(カテゴライズでは両者ともに特徴はある)に、baiduならではの検索機能がイリーガルなモノ以外で何なのか、時々使って様子を見てみようと思う。

おしまい



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ