2008/6/11

初夏の深夜の風物詩・・・?  水曜:これは好物!

汁、もとい、梅雨ですね。

どうも食べ物ネタの日だからか、最初からパソコンも変換が食寄りなようで、、、

箱庭のような・・・という形容は日本の文化を表す代名詞でしょう。
食べるペースとテイストのコントラストを順番に楽しむフレンチ、多少大雑把でも主義主張と合理性がハッキリとしたアメリカン、次々と大皿を取り分けながら振舞う感じが楽しいチャイニーズ、、、そうなるとやはり箱庭のようにちょっとずつがたくさんのジャパニーズ、細かい仕事なら世界有数。

で、やっぱり出てくるのが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『吹き寄せ弁当“青葉の宴”〜平成二十年〜』(日本レストランNRE・大増製)1300円

期間限定ではなく季節限定でこのところ毎年四季折々の食材を使うNREの吹き寄せ弁当シリーズ。毎年少しずつ食材が変わるという事からファンも多いのです。
今年も“青葉”の季節。
NREは最近ベーカリーにも熱心で、エキナカコンビニのNEWDAYSやらエキナカベーカリーのサンピエロなどで、ちょっと街のコンビニよりも美味しめのブレッドや調理パンがラインナップ。東京駅のサンピエロで僕の大好きなラウンドパンを売ってたのにはかな〜りソソラれましたが、深夜の寝台個室でのささやかな夕食としてはやはり駅弁に。

クリックすると元のサイズで表示します

見た目以上に味が多彩なので深夜に弁当かよぅ〜、という“わびしさ”は微塵もありません。
茶飯(秋田産あきたこまち)が例によって“ほっこり”と炊き上がっているのがやはり嬉しいですね。上に散らされた小海老と大根菜がいい塩梅(あんばい)。

バタバタと夕飯もそこそこに駆け込んだ旅人にはもってこいです。

クリックすると元のサイズで表示します

煮物はあっさりと、それでいてちょっと関西とは違うシンプルな味付け。僕は関西の煮物のほうが好きなんですが、このNRE大増の味付けはお気に入り。南蛮漬けなども酢を控え目に上手くまとめています。

クリックすると元のサイズで表示します

有頭海老と小茄子田楽に隠れてちょっと控え目に見える枝豆松風はなかなかのもの。枝豆は他にも枝豆蓮根挟み揚げでも登場して季節を代表する食材に。

クリックすると元のサイズで表示します

あっさりモノが続く中、合鴨スモークが全体をキリリと引き締めてくれるわけです。

いやはや、いろんな食材がそれぞれ異なる味付けで調理されて並ぶ、正に“食の箱庭”。旅のお伴に是非。

ブログのお伴はコチラから
赤松敏弘MySpace
世界のミュージシャンに直結!

って、一つだけ・・・
原油価格高騰のせいか、青葉の宴の容器がちょっと“やわ”な感じになったのはいた仕方のない事かな。。
食材を落とさずにという企業の努力を感じる“やわ”さ、、、なり。

食文化は箱庭的でいいけど、社会全体の志向は箱庭的にならないように。

おしまい



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ