2009/3/10

プロペラ・カフェ  火曜:街ぶら・街ネタ

療養モード3日めのあかまつです。
今日は昨日の倍以上楽器を弾き、明日のリハーサルに備えました。
まだふわふわエアサス状態ですが、一日毎に復帰中。

療養だからといって部屋に閉じこもっているのは良くない、とばかりに夕方、家人を誘って近所のちょっとした“穴場”へ。

ズバリ!

Propeller Cafe!

クリックすると元のサイズで表示します

小さいとは言え、列記とした民間飛行場。
その端のほうに飛行機の格納庫を改良したカフェが。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな飛行場の端っこに・・・

その名もズバリ!

クリックすると元のサイズで表示します
プロペラ・カフェ

横は格納庫でガラス張りの店内からは駐機中のプロペラ機やヘリコプターが丸見え

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

奥は滑走路に面していて、整備中のセスナ機や離発着便の行き来が丸見え

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

少しでも広々とした所を眺めたい時には格好の場所だ。
東京広しと言えども、こんなにファミリアな空港は他に無いでしょう。
羽田は殺気立っているし、福生は緊張感に包まれているし、ね。

ココから飛び立つのは離島を結ぶ定期便と企業や個人所有のセスナやヘリコプターのみ。しかも全部がプロペラ動力。

クリックすると元のサイズで表示します
また一機到着

「乗り物好き」には二通りあると思う。

大雑把に分けると、「車好き」か「車以外好き」か。

言い換えれば、「乗り物好き」のエリアには車好きは入らないのかもしれない。
飛行機、船、電車、バス、これらと車は一緒の「好き」ではない。

車好きの人には申し訳ないが、いわゆる「レア・カー」も「スポーツカー」も、みんな現実的。
手が届く範囲の趣味だ。つまりは・・・「操作派」。

ところが、船や飛行機、バス、電車となると、特に電車は個人では手が届かない。
届いても自分で動かす場所がない。つまりは・・・大半が「眺め派」。

こんな話しを家人としていた。

「男の子ってそういうところが不思議」だそうな。

人物に憧れるというのが最初にない。

女の子は人物に憧れる比率が高いそうな。
たしかに「お人形さん」相手の遊びなんて、まさしくソレだよね。

男の子は「物」。
ううん、、、納得。

クリックすると元のサイズで表示します
定期の離島便到着

その「物」だって、現実派と非現実派にわかれるくらいだ。

車は仕方なく乗っている。。。
だからといって乗ってる車に不満はない。
それなりに選んで、それなりに気に入っているから。

空いてる道をスイスイと走るのはいい。
渋滞で我慢すると仕事中みたいで運転に飽きてしまうんだ。

ならば電車がいい。
ならば船がいい。
ならば・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機。

自家用飛行機かぁ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

昔、YS−11というプロペラの旅客機に乗った。高校時代にスカイメイトを利用して何度も。
雲の下を飛ぶ。揺れるから怖いという人がいたが、揺れてしなるから安全。

これが実に気持ちよかった。ふわふわ。。。。

ジェット機にはない「安堵感」があの飛行機にはあったなぁ。
エンジンが停まっても、グライダー飛行出来るというのだから飛行中の墜落の確率は低かった。
ジェット機は翼が小さいから浮力に欠けエンジンが停まればそれまでだ。

クリックすると元のサイズで表示します

目の前で小さな飛行機の整備が始まった。

クリックすると元のサイズで表示します

なんかソソラレル。

クリックすると元のサイズで表示します

エンジンを回して・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おお、すごい、すごい!

クリックすると元のサイズで表示します

3〜40分間はエンジンを回しながらの点検だったか。
やがて、エンジンを停め、再び格納庫に撤収されるのでした。

ううん、、、プロペラ・カフェ。

何時間いても飽きないかも・・・

スペシャルライブのお知らせ
★2009年3月15日17:00開演(開場15:45)
○会場:横浜・関内「KAMOME」

http://www.yokohama-kamome.com/
○出演者:赤松敏弘/vib 川嶋哲郎/ts 生沼邦夫/b 小山太郎/ds
○チャージ:¥4,000
ご予約・お問い合わせは、主催者・森本まで。  
(TEL)046-248-8185
(e-mail) m22327@beach.ocn.ne.jp
taka2525@s2.dion.ne.jp

★25-25プレゼンツ・ライブ第5弾! 「赤松敏弘meets 川嶋哲郎、with 小山太郎、生沼邦夫」
赤松敏弘と、 テナー・サックスの雄、川嶋哲郎の初共演です。 どんな展開になりますやら!乞うご期待!

[アクセス] 市営地下鉄 関内駅 徒歩3分。 東急東横線直通 みなとみらい線 馬車道駅 徒歩5分。 JR 関内駅 徒歩5分。横浜市中区住吉町6-76


赤松敏弘MySpace

そして、

新装!オフィシャルサイト
赤松敏弘Vibraphone Connection

チェキラ!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ