2018/6/1


前夜のGPSY VIBSとの共演が面白かった静岡といえば「さわやか」に、未練を残しながら旅立ち。あいにくの愚図つき気味な空模様。晴れ男の移動日としてはまぁマァ。静岡インター(ここにも「さわやか」が・・・)から一路東名を下る。

クリックすると元のサイズで表示します

東京とか名古屋とか、誰でも知っている地名が表示されている時は心配ないが、時々あまり知らない地名や、遠すぎてイメージが湧かない表示もある。特に国道のバイパスとかに多いのだけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

東名〜名神と考えていたのだけど、名神では工事のためか途中渋滞が発生していたので急遽伊勢湾岸〜新名神〜京滋バイパス経由に変更。いつもなら名神の草津で給油だが、いじわるな造りの草津サービスエリア(サービスエリアの直前に京滋バイパスの入り口があるので入ると名神にしか出られない・・・)のおかげで給油ポイントは御在所サービスエリアに。昨日東京を出て静岡で本番の後再び南下、ここまで418キロ。出だしで圏央道を使った分だけ大回りかな。

クリックすると元のサイズで表示します

渋滞もなく、順調に京滋バイパスで名神に京都の先で合流、ここからは新名神の新規開業区間を使って一気に神戸の先までスルー。大阪近郊の渋滞常習区間を通らずに行けるようになって非常に便利になった西行き。西宮北の先で山陽道に合流。日中でも渋滞なしなので30分t〜1時間は短縮出来たのではないかな。

クリックすると元のサイズで表示します

給油以外ではノンストップで来たので岡山インターの先の吉備サービスエリアで遅めの昼食に。岡山といえばデミカツ丼以外の選択肢はありません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

いつもは上り線の吉備サービスエリアの利用でこちらは滅多に入らないのでデミカツ丼にも上下線で違いがあるのが新鮮。
こちらのは「おん玉のせデミカツ丼」でした。トローリと玉子をほぐしていただくせいか、味はやや塩分を感じ上り線よりはデミグラスソース度が高い気がする。個人的な好みとしては塩分控えめなあちら側かもしれないな。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、山陽道から瀬戸中央道に入って20分ちょっとで・・・・
この短い「ブタ鼻トンネル」の先に見えているのは・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

トンネルを抜けると、そこは鉄橋だった・・・
瀬戸大橋。ここは橋の展覧会の如く、吊り橋あり、斜張橋ありと形状を眺めながら通るだけでも楽しい。一直線ではなく、島伝いに海を越えるのでこれから渡る橋が右に、左に、見えてくる。

クリックすると元のサイズで表示します

最後は二連の北備讃大橋と南備讃大橋。

クリックすると元のサイズで表示します

これで四国入り。実は車だと海よりも空と橋桁ばかり眺めることになる。海が間近に見えるのはこの下を走っているJR瀬戸大橋線だ。
橋を渡るとラストスパート。ここから松山までは130キロぐらい。

クリックすると元のサイズで表示します

午後5時過ぎに松山インター通過。 予定通りのドライブになった。今日はこの後、午後7時から実家でヴィブラフォンのレッスンがある。

クリックすると元のサイズで表示します

松山にも外環道がある。松山インターを抜けるとすぐにそのアプローチ。ただし、外環と書いて首都圏のように「がいかん」とは読まずに「そとかん」と読ます。ずーっと「がいかん」だと思っていて今日初めて気が付いた。sotokanjo-doroと書いてある。内環状線は僕が中学の頃に出来てガラガラの郊外大通りだったが、今や渋滞常習道路。 地球環境のことは棚上げだね。

クリックすると元のサイズで表示します

外環とはいえ対面なところが松山。それでも無いよりはマシでこのまま空港と直結するらしい。確かに外周道路の整備で実家界隈の慢性的だった渋滞は随分解消された。

クリックすると元のサイズで表示します

松山インターを出たところで東京を出てから893キロ。実家に着く頃には900キロ越えは確実。 今回は通常よりも40キロの大回りコース。

クリックすると元のサイズで表示します

信号待ちで堀越しに松山城。 街の真ん中の山頂に城がある。山を取り囲むように街が形成されているので独特の光景。皆愛着を込めて「まっちゃまじょう」と呼ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

オレンジ軍団(市電や路線バスが最近オレンジ一色塗りに変更されている)が闊歩する実家界隈に到着。静岡から約750km。さぁ、休んでいる暇は無いぞ。荷物を降ろしてレッスンの準備だ。


いよいよ明日、そして明後日!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年 6月2日 (土) 〜 3日(日) 愛媛県内各地
高橋直樹The YOUNG CATS アルバム『First Visit』リリース一周年記念ラリー・ツアー
ファーストアルバム発売一周年を記念してヤングキャッツがプロデューサーの赤松を迎えて愛媛県内各地へと馳せ参じます!! どうぞお楽しみに!! 松山MONKではマスターせきやまさしとの夢の響宴も!!
クリックすると元のサイズで表示します
2018年
■6/2(土)19:30-
松山「MONK」ヤングキャッツ guest 赤松敏弘(vib) せきやまさし(g)
■6/3(日)13:00- 宇和「池田屋」ヤングキャッツ plus guest赤松敏弘(vib)
■6/3(日)20:00- 今治「神戸洋酒倶楽部」ヤングキャッツ plus guest:赤松敏弘(vib)
The YOUNG CATS / 高橋直樹(b) 武田玄也(p) 河北洋平(ds) plus:矢野元(g)
各地の詳細はリンク先に。

おしらせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の七夕の夜は池袋!
2018.7.7(土)
○赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p) w/市原ひかり(tp)
19:30開演(19:00開場)

クリックすると元のサイズで表示します
MC:3600円+od (学割:2600円)
場所: Absolute Blue (東京・池袋)
話題のアルバム「Majestic Colors」(2014年)と「Synonym」(2017年)
これらのフロント・トリオによる2018年七夕の夜の宴!!
他では聴けない、観れない、ここだけのライブを!

問い・予約 03-5904-8576(absolute blue)
東京都豊島区西池袋1-15-6 豊島会館B2F (池袋西口から徒歩30秒!)

★メール予約開始!良い席はお早めに→

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Coming Soon!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリックすると元のサイズで表示します


NEW!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たくさんの御要望にお応えして、Amazon Digital Music と Apple Music 及び iTunes で前作(14作目)『Majestic Colors/赤松敏弘』(vega/2014年リリース)の全曲配信が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します
お馴染み赤松=ハクエイDuoに、市原ひかりのトランペットとヴィブラフォンの本邦初のデュオ、クァルテット二種(vib+p+b+ds、tp+vib+b+ds)、さらに自身のピアノとヴァイブによるセルフデュオを収録!

メンバー : 赤松敏弘 (ヴィブラフォン)、ハクエイ・キム (ピアノ)、市原ひかり (トランペット&フリューゲルホーン)、小山太郎 (ドラムス)、澤田将弘 (ベース)、生沼邦夫 (ベース)
■収録曲
01. The Empty Chair 1977 (Toshihiro Akamatsu)
02. A Ripple (Hideo Ichikawa)
03. E.S.P. (Wayne Shorter)
04. Yup or Nope (Toshihiro Akamatsu)
05. Stella by Starlight (Washington / Young)
06. The Gleaner (Toshihiro Akamatsu)
07. Blow In (Toshihiro Akamatsu)
08. White Forest (Hakuei Kim)
09. Revokement (Toshihiro Akamatsu)
10. 【Epilogue-1】 Brown Eyes (Toshihiro Akamatsu)
11. 【Epilogue-2】 Selection (Toshihiro Akamatsu)
全11曲。

試聴&ダウンロードはコチラ→
Amazon Music Unlimitedの30日間の無料体験実施中!





これで(株)ベガ・ミュージック・エンタテインメントのApple music、iTunesからのアルバム配信は、

「NEXT DOOR」(CDリリース年2000年11月)
「SYNERGY」(同2005年6月)
「FOCUS LIGHTS」(同2005年10月)
「TIDE GRAPH」(同2007年8月)
「STREAM OF LIFE」(同2008年1月)
「SIX INTENTIONS-complete edition」(2002年TBM盤リイシュー/同2007年12月)
「AXIS」(同2010年10月)

に続いて8枚目となります。どうぞ御利用下さい。

NEW ALBUM!!

只今絶賛発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『SYNONYM/赤松敏弘』(株)ベガ・ミュージックエンタテインメント/2017年9月29日発売/VGDBRZ0067/3,000円(税抜き)
クリックすると元のサイズで表示します

メンバー:赤松敏弘(vib) ハクエイ・キム(p,moog) 市原ひかり(tp,flh,vo) 小山太郎(ds) 酒井麻生代(fl) 佐々木優樹(g) 平石カツミ(b) 須川崇志(b)

通算15作目、渾身のアルバム登場! 新メンバー参加の赤松・ハクエイ・市原のクィンテットをはじめとした様々な組み合わせで綴るオリジナルからスタンダードまで「わくわく」「どきどき」のハイパー・ジャズ。ハクエイ・キムの名曲に市原ひかりが作詞しボーカルを披露するシーンや、新人・酒井麻生代とのデュオなど、とにかく「グッとくる」凄いのを一枚に納めました!

クリックすると元のサイズで表示します
左から:佐々木優樹、酒井麻生代、小山太郎、平石カツミ 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/29/2017

クリックすると元のサイズで表示します
左から:須川崇志、ハクエイ・キム、市原ひかり、小山太郎 後方:赤松 @Sound City Setagaya Studio on Jun/30/2017

曲目: (曲名をクリックすると曲毎のレコーディング・ルポにリンクします)
1.Avenue-II / comp by T.Akamatsu
2.Synonym / comp by T.Akamatsu
3.Giant Steps / comp by J.Coltrane
4.Flash of Genius / comp by T.Akamatsu
5.Six-N / comp by T.Akamatsu
6.Pleiades / comp by T.Akamatsu
7.Reminiscence / comp by Hideo Ichikawa
8.Lost in Newtown / comp by Hakuei Kim, lyrics by Hikari Ichihara
9.Baby won't you please come home / comp by C.Williams

ライナーノーツ:
児山紀芳

録音/2017年6月29日、30日 @ Sound City Setagaya Studio

クリックすると元のサイズで表示します

店頭で売り切れの場合はお店で取り寄せ、または各ネットショップへGO!

Amazon.jp 
Disk Union
Tower Records
HMV Records
他、でどうぞ!


■只今発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Jazz Life 11月号 (10月14日発売号)


クリックすると元のサイズで表示します
Jazz Life 11月号(2017年10月14日発売)

JLの先月号でアルバムのレビューを書いていただいた長門竜也さんがインタビュアー。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
全国の書店、またはネット通販で!!

■只今発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JaZZ JAPAN 86号 (9月22日発売号)

クリックすると元のサイズで表示します

赤松敏弘インタビュー、ニューアルバム・レコードレビュー等掲載!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

全国の書店、またはネット通販で!!


★New release(参加アルバム)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★プロデュース&ゲスト参加アルバム
2017.7.26(水)発売
○『Tower -誕生-』GPSY VIBS
クリックすると元のサイズで表示します
静岡発!独自の感性でマヌーシュジャズからブログレ、コンテンポラリーなオリジナルを自在な編成で綴るジプシーヴァイブスのセカンドアルバム登場!
プロデュース&ゲストにジャズ・ヴィブラフォンの第一人者・赤松敏弘を迎え、前作のカオスな世界からより一段と洗練されたサウンドで、想像力と情感溢れるサウンドを聴かせてくれる。 (熊谷美広)

GPSY VIBS[ Tower -誕生- ]
1. 黒衣  2. 花の野 3. 蒸し暑い日の夜 4. 洗濯機 5. SNOB 6. 夜明け前 7. All or Nothing at All 8. Tower -誕生-
佐々木優樹 (ギター) 
石川裕子 (マリンバ、ヴィブラフォン) 
柴田鑑 (サックス) 
中司和芳 (ベース)
ゲスト / 赤松敏弘 (ヴィブラフォン) 
サポート / 中筋タイキ (パーカッション)
録音 Sound City Setagaya Studio 2016年11月30日&12月1日
定価 2500円 (税抜き) 
カタログナンバー GIPV-0002
発売元 MARUKE RECORDS

好評発売中! → GPSY VIBS Amazon shop

2017年8月9日配信開始!
クリックすると元のサイズで表示します

他、2017年8月9日より(株)ベガ・ミュージック・エンタテインメントからapple music、iTunes Store他で配信開始!

GPSY VIBS WE