2007/3/9

振り返る  銀次郎


気がついたら、
銀ちゃんがうちへ来てちょうど1年が経っていました。

1年ということで、
急に思い立って、保護当初の写真を見て驚愕。
1枚残らず全部の写真の銀ちゃんの目が据わってます(@_@;)



よっぽど緊張していたんだろうなというのが伺える写真です。
何もせずとも“常にパニック状態”だったのだと思います。


保護から2ヶ月以上経過して、この目。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


いつも焦点が合っていなくて、
眼球自体が真っ赤に見えるほど充血していました。




保護から4ヶ月以上経過しても、
焦点が合わないのは相変わらず。
クリックすると元のサイズで表示します



良い感じにアイコンタクトが出来るようになったのは、
ここ最近、2ヶ月くらい前からです。

それまではどこを見ているのか分かりづらかったのです。

今も緊張すると充血が激しいですが、
焦点が合わなくなるようなことは滅多にありません。

焦点も合っていて、視線が落ち着いています。
心の安定が目に表れているようです。

保護から1年を迎え、
大きく成長した銀ちゃんの、大きくて澄んだ瞳が、
まっすぐ輝く未来を捉えられますように。。。

クリックすると元のサイズで表示します




にほんブログ村 犬ブログへ 銀次の勇気の1歩!1ポチお願いします
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ