2007/6/5

家庭犬定義  銀次郎

今日の題名「家庭犬の定義」
その答えとは?



そこそこ人馴れしていてそこそこの躾が出来ていて。。が家庭犬?


きっとこれってものはなくて、
それぞれに色々な思いと形があるのだろうな〜と思います。



ところでこのブログの1番上の文章ですが、
最初の頃と変えたの分かりますか?

「家庭犬を目指す」の文章を消しました。


ちゃんと食餌をとり、立ち上がり自分の足と意思で歩き、
犬用おもちゃで遊び、食べられるものとそうでない物の区別がつき。。

銀ちゃんは、
今日と同じような平凡な日を、
明日も穏やかに迎えられるということを知りました。

明日が来ることをごく当たり前のこととして、
安堵の中で暮らす子を家庭犬っていうのかなって思っています。

おもちゃで真剣に遊ぶ銀ちゃんも立派な家庭犬です。

犬用ロープを狙う銀次。
クリックすると元のサイズで表示します
ぎ:このロープ大好き!


イジワル杏に耐えかねて、
ロープを持つ腕ごと抱えてバックドロップしちゃった銀次。

クリックすると元のサイズで表示します
ぎ:ほわちゃぁぁ〜!




あんなに頑なであんなに情緒不安定だった銀次も、
時が過ぎればただの甘えん坊ちゃんでした☆


ぎ:ぼくも撫でてけろ
クリックすると元のサイズで表示します



ぎ:もうちょいワキも頼むけろ
クリックすると元のサイズで表示します



赤ちゃん返りかのように無邪気に甘える銀ちゃん。

なんとなんと!

好きな子だって出来ちゃいました♪


ぎ:チューしてもええやろ。。?
クリックすると元のサイズで表示します



初恋の如く、感情をうまく伝えられない銀ちゃん。
気持ちを押し付けすぎのときもあり、
遠まわしすぎてストーカー気味なときもあり。。^^;




とにかく銀ちゃんが恋をするなんて。。。。。






            淋しい限りです






にほんブログ村 犬ブログへ 愛に目覚めた銀ちゃんに1ぽちを♪
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ