2008/6/17

にょっきり  銀次郎





人慣れ皆無で人の存在を受け入れられず、
一挙手一投足に息をのみ、存在を消していた銀次郎。

人間にその存在を知られないために、体を動かすことをやめ、
その体は自分の体重に押され無数に血が滲んだ・・・・



その時を越えて今。






  にょっきり
クリックすると元のサイズで表示します
  ぎ:「お兄さんたちボクに会いに来てくれたの?」






。。。。いや、違うから



お世話になっている営業さんの間からこんにちはの銀次郎くん。
打ち合わせをしてても営業さんの膝にどっかり座っています(-_-;)



ぎんじぃ〜
人慣れ問題なしを通り越して図々しくな〜い?



にほんブログ村 犬ブログへぎんじに1ぽちを
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ