2009/1/29

小さな手  銀次郎



地球(床)を掴む銀ちゃんの小さな手。

クリックすると元のサイズで表示します



地球はあまりにも大きい。
時間は銀ちゃんのためだけに回っているわけではないけれど、
銀ちゃんのためにもある地球。平等に、誰にでも巡る時間。

誰かが誰かの都合で勝手にその時間を止めてはいけないし、
地球は誰かのため「だけ」にあるわけじゃない。




センターリポート



不都合・不合理があるから生きているものを排除する・・。
その上に成り立つ「都合」「合理」ってなんだろう。



この小さな手がしがみつく大きな地球のうえに生きているのは、
私たちニンゲンだけじゃない。


クリックすると元のサイズで表示します



この大きな世界で、
この小さな生き物が自分の生をまっとうするだけ。

そんなことが とても難しい。






『命を大切にしなさい』
『命を粗末にしてはいけません』
子供のころ、先生や大人が教えてくれたこの言葉。



大人になった私が次の世代に同じことを伝える。

「じゃあどうして犬や猫はこんなに沢山殺されるの?」

って聞かれたら、私はなんて答えればいいんだろう。

子供のころの私が同じ質問をしたら、大人はなんて答えてくれただろう。




銀次の頭を撫でながらそんなことを考えてみる。
銀次はいつもの通り、何も言わず、身を寄せてくれるだけ。


伝えたいのは、
このぬくもりの大切さ。かけがえのなさ。イノチの重さ。

5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ