2011/9/1

パペット  アトリエ日記

幼稚園クラスで、牛乳パックをつかって口がパクパクするパペット人形を作りました。

牛乳パックをせっせとかみやすりでこすり、ケバケバにして、上から白いアクリル下地剤を塗って...と、ちょっと手間のかかる作業をしながら、こども達は、「これ、けっこう大変だなあ。いったい何ができあがるんだ〜??」と形が見えてくるまで、やきもきしました。

でも、、牛乳パックに切り込みをいれて底の部分を折り曲げてみせた瞬間...「ああーー!!パクパクしてる!お口だ!!」と大興奮。その後は、それぞれに自分の好きな動物に仕上げました。動物のおててには、大好物ももたせましたよ。

出来上がったあとは、動物同士でおしゃべりおしゃべりおしゃべり...。
自分でしゃべるより、パペットにおしゃべりさせる方が、楽しいみたい♪
ところで、ライオンが手足に持っている赤いのは何かと思ったら...、なんと、生肉なんですって!
度迫力です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ