2014/11/22

抽象画と創作詩の世界2  スタッフ紹介

☆Y.Yちゃん☆

クリックすると元のサイズで表示します

『メルヘン な せかい』

きょうは 雨だけど 水たまりで

チャプチャプできるよ 楽しいな

ペロペロキャンデーに リボンや 星や

草の ばしょも あるよ

楽しいな


*先生のコメント*

優しい色合いのオシャレな作品になりましたね。
雨の日もカラフルな気持で過ごすことができそうな
詩がとても素敵です。





☆S.Hちゃん☆

クリックすると元のサイズで表示します

『緑のおか』

緑の おかに そよ風がふいた

そのそよ風は どこにいくんだろうか

そのおかに 雨がふった

花びらが ちっていった


*先生のコメント*

目にみえないはずの風に色が感じられるような詩ですね。
点描のタッチが絵に広がりをあたえていて、とても良いと思います。




☆M.Hちゃん☆

クリックすると元のサイズで表示します

『魔女のお城』

お城に魔女が1人いる

魔女は朝2時にあらわれる

魔女はお城をキレイにするためにあらわれる

なんのためにお城をキレイにするかは、だれもしらない

とても不思議

不思議でこわい



*先生のコメント*

スイスの画家、パウル•クレーの絵を思い出させるような
とても色彩と線のハーモニーが美しい絵になりましたね。
明るい色彩と、魔女という秘密めいた言葉が意外な組み合わせになりました。


1

2014/3/23

抽象画と創作詩の世界  アトリエ日記

長かった冬も終わりにさしかかり、街のあちこちに春の芽吹きが感じられる様になってきました。なかなか更新がままならないアトリエブログですが、お立寄いただいて、ご覧くださりありがとうございます!

昨年秋から小学生クラスで取り組んでいた、抽象画と創作詩のシリーズが完成したのでご紹介します。

この課題は、何かを描くというようなものではありません。
何かを描くというとき、風景や人や物などをよく見て描くこともあれば、物語のワンシーンや頭の中にあるイメージを描くこともあります。また具体的に描きたいものが決まっていて、それを資料をみながら描くこともあります。心の中にある漠然としたイメージを表現しようとすることだってあります。
そうやって何かを描こうとするとき、私達は、画材をつかって、色や線や形(フォルム)によって描きたいものを表現しようとします。

今回の課題は、そうしたことから、ちょっと離れて、

色・線・かたち と、きままに遊ぶ。楽しんでみる。ということをしました。

偶然が生み出す、色や線や形の面白さを楽しんだり、あらたな発見をしたり、それらの響き合いにみとれてみたり、、そんなことをしました。同時に、クレヨンや絵具の使い方もとても自由にやってみました。そうして出来上がった絵は、上下左右からも自由な抽象画。それらにあとから、自分で、天地(上下)を決めて、そして、のんびり眺めながら、「なにに見えるかな〜。どんなイメージかな〜。。。」と思いをめぐらせて、その瞬間のひらめきを大切に、題名を命名し、それから、その絵に、詩をかいてみました。

アトリエの授業で、たまに詩をかきますが、こんな風にきちんととりくんだのははじめてです。いつも、言葉から自由になって制作してきたみんなが、言葉を紡ぎ出すとどんな風になるんだろう??と思って、私もスタッフもドキドキしました。みんなの詩の世界はとっても素敵。 読んでいると、ふと、ああ、この子の中に、こんな世界があったんだ、、と、未だ知らない宝の鉱脈を掘り当てたようなそんな気持になりました。

この課題は、1人3枚の抽象画にとりくむこと。そして、一本の線で描くこと、3枚を全部違う色や形、雰囲気にしましょう!という きまり をつくりました。また、 色のひびきあい を大切にしましょう!という きまり もつくりました。みんな、ペースはいろいろですから、 仕上がるのも、ゆっくり、じっくりな子、サッサとうかぶ子、 いろいろです。画材も、基本は、扱い易いクレヨンと絵具ですが、中には、色ペンや鉛筆をつかってみた子もいます。

とても素敵な作品がたくさん生まれたので、最後には、それぞれのクラスで保護者の方々もお招きして、みんなで発表会&詩の朗読会&鑑賞会をしました。
絵や詩を人前で発表するのは、とても照れくさく恥ずかしいことですが、でも、やってみると、いつも以上に、クラスのみんなと、見えない絆でそっと結ばれていたんじゃないかと思います。自分の事をおしゃべりするのが恥ずかしいみんなも、そっと、「あ、あの子はあんな感じなんだー」と楽しんだみたいです。

また、人の作品にも、コメントをいいあったり、保護者のみなさんからもコメントをいただいたり、 感じることや、お気に入りをみつけたり、もしお部屋に飾るならどれがどこがいいかな?どれかもらえるならどれがいいかなあ?と
ドキドキしながらお話し合い。一枚の絵、一つの言葉の世界に、 ああでもない、こうでもないと 感じたことをわかちあうことは、とても豊かな時間だったと思います。

たくさんの作品群を一度に紹介は難しいですが、これから、どんどんアップしていきますので、是非お楽しみになさってくださいね。
では、まずAクラスから... 5つの作品を、ご紹介していきましょう。


☆T.Rくん☆(もうすぐアトリエを卒業します)

クリックすると元のサイズで表示します

「一日」

一日のはじめに 朝日がのぼり
一日の最後に 月日がでる。

それは毎日くりかえされる。

でも、一日、一日は ひとつずつちがう。




クリックすると元のサイズで表示します

「星の動き」

星は、毎日少しずつ動いている。

そのつみかさねで、 地球や太陽

などの近くにいるのだ。



クリックすると元のサイズで表示します

「深海のネッシー」

一日中ずっと夜のような深海の中で

ひっそりくらすネッシー

仲間もいなく まっ暗な深海でずっとすんできた

くらすぎてくらすぎて

ひっそりくらすネッシー

さみしい・・・




*先生のコメント

Tくんの作品から、忙しくいきる毎日の中で、
ハッと立ち止まることの
大切さを教えてもらった気がします。
折りにふれて、何度でも読み返したいと思いました。
行ったこともない、
どこか遠くのところ、アラスカやアマゾンに
行ったような気持になり、先生はとても嬉しかったです。

また、青をベースにした色の世界が、
直線的な雰囲気や、曲線的な雰囲気の違いや、
線の色味の違いによって、
本当に豊かな輝きを放っていますね。
その瑞々しい感性は、
誰にも真似することのできないTくんだけの
素敵な世界です。ずっと大切にしてください。
Tくん、素敵な作品をありがとう。





☆M.Sちゃん☆

クリックすると元のサイズで表示します

「夜空」

きらり。
あっ、星だ。
この空にもっともっと近づいていけば、
今はちょっとしか見えていないけど
たくさんの星達に出会えるのかな。

ぽつり。
あっ、空が泣いてる。
悲しいことがあったんだね。
空高くふってくる涙は
一体どこから来てるんだろう

じわり。じわり。
あれっ、さっきまで赤かったのに、
あっというまに暗くなった。
さっきまで赤かったところは うすい青に、
それよりも上にある空は こい青になってる。
空には、いろんなお部屋があるんだね。

夜空はとっても素敵だけど
ふしぎがいっぱい



クリックすると元のサイズで表示します

「十人十色」

人間たちと同じように

葉っぱの世界も十人十色

葉っぱにも性格や心があって

それが葉っぱの色に表れている

葉っぱにも顔と命があって

それぞれにいろんな顔がある

葉っぱはみんな十人十色




*先生のコメント

この作品をみて、他のみんなも私も
四角い画用紙の上に、たった一本の線で、
こんな風な形が生まれるなんて思いもしなかった!
と、嬉しいびっくりを体験しました。
つまり、大発見です。
青い絵も葉っぱの絵も、本当に素敵です。

青い絵は、世界をそっと遠くからみているような気持になりました。
葉っぱの絵は、葉っぱの元気な生命がせまってくるような
気持になりました。

Sちゃんの詩は、絵とぴったりで、
目を閉じて詩の朗読を聞いていると、
情景が浮かんでくるような気がします。
先生は、詩を読んでSちゃんを尊敬しました。
大切な作品を作ってくれてありがとう。
4

2013/5/25

アトリエだより5月  アトリエ日記

木々の緑が気持よい5月。
ブログをご覧のみなさん、お元気でいらっしゃいますか?
アトリエの子ども達は、相変わらず元気に、表現のお洒落を楽しんでいます。

羊毛クラフトをさらに深めたり、自由制作をしたり、絵を描いたり。

そして、春から夏へと移り変わるこの時期、これまでアトリエのお馴染みだった
メンバー数名が、卒業して巣立っていきました。前回にアップが間にあわなかった、羊毛刺繍バッグをはじめに、自由工作や、塗り絵制作などのフリープログラムに加えて、思いのこもった卒業制作作品をご紹介します。


◆羊毛刺繍のバッグ2◆

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

飛行場の電光掲示板が大好きなKくんの作品。飛行機会社のアルファベットや、ナンバーが効果的な模様になっています。



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

赤い虫と、6月のカエルが可愛らしいSちゃんの作品。梅雨の季節に持ち歩きたい素敵なカバンに仕上がりました。



クリックすると元のサイズで表示します

昨年アトリエ卒業したMちゃんの作品。入試を無事に終えて、春休みにカバンを作りにきてくれました。柔らかい色使いが、変らずあたたかな雰囲気で嬉しく思いました。楽しい中学生活がおくれますように!


◆羊毛フェルトソープ◆

石けんの周りに羊毛の綿をつけてつくるフェルトソープをつくりました。お湯をつかって羊毛クラフトをする一番最初の基礎にぴったりな課題です。出来上がったフェルトソープは、普通に石けんとして使う事もできますが、洋服ダンスの中や枕元において、ほのかな芳香剤としても使えます。

いろんな色のフェルトソープが出来上がり、とても良い香がお教室の中に広がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


◆フェルトのペンダント◆

羊毛を丸めて圧縮させ、革紐を使って素敵なアクセサリ−をHちゃんとMちゃんがつくりました。
自分の顔色に似合うお気に入りの色で仕上げましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


◆フェルトポーチ◆

ゴムボールの周りを羊毛で包み込んで、暖かい石鹸水でコロコロコロコロ...たくさんこすって、まんまるの形をつくり、チャックをつけてポーチをつくりました。なんだか、ちょっと...不思議な生き物??みたいに出来上がりましたよ! チャックを縫い付けるのが大変でした。...どれが誰のポーチかわからなくなってしまって、ごめんね...。

クリックすると元のサイズで表示します

チャックを付ける前はちょっと、パックマンみたいです。


クリックすると元のサイズで表示します

カエルの上にのっけると...ちょっと恐い?


クリックすると元のサイズで表示します

お花畑の中にいれると...不思議な感じ?


クリックすると元のサイズで表示します

向かい合って、何をお話してるのかな?



◆自由制作◆

フェルトクラフトをさらに発展する子、あまりの素材で自由なオブジェをつくった子...自由課題では、自分の好きな制作をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

Mちゃんの作ったフェルトボールのモビール。ユラユラして、とっても素敵ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

切手の帽子を被っているマックロクロスケ。ポケモンのストラップ。マリオの消しゴムスタンプ...。 切手の帽子が不思議です!!Sくんの作品です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

羊毛綿から作った大作。フェルト製のカバンです。デザインも自分で考えて、紐の部分も羊毛でつくり、一カ所も縫わないで作ってあります。とっても大変だったけれど、頑張りましたね。Sちゃんの作品です。



クリックすると元のサイズで表示します

ドングリで表現した鳥の絵...じゃなかった、恐竜の絵! ドングリの形を吟味するのに、た〜っぷり時間をかけました。Jくんの作品です。



◆卒業制作◆

長年アトリエに通ってくれた子ども達が、数名卒業していきました。ずっと一緒にいたお友達とお別れは、寂しい気持もあるけれど、前を向いて、新しい進路に向かって頑張ってね! 卒業を意識した作品は、どれも、自分の等身大の力で頑張って仕上げました。みんな、元気でね♪



クリックすると元のサイズで表示します

工作用紙を使って、小さな町を作りました。3月に卒業したKちゃんの作品です。お勉強に音楽に、頑張ってね!


クリックすると元のサイズで表示します

2月に卒業したHちゃんの作品。いつもブルーの色合わせがとても素敵でした。最後は、透明のブルービーズや石をつかってとっておきのブレスレットを作りました。いくつになっても使えそうですね!


クリックすると元のサイズで表示します

同じく2月に卒業したKくんの作品。いつも明るく元気一杯でアトリエのムードメーカー&太陽のようだったKくん。 シンプルだけれども味があって、オイルパステルの引っ掻き技法を使った高度な技満載の素敵なモダンな時計を作りました。センス抜群のKくん。元気でね!


クリックすると元のサイズで表示します

アトリエに長く長く通ってくれたSくんの作品。いつのまにか中学生になりました。いつも破壊的?な恐い作品を作ったいたのに、最後の作品はニッコリスマイリーになりました。新しい学校へいっても、笑顔を大切にいてくださいね!


クリックすると元のサイズで表示します

引っ越しをしてやめていったKぼう。遠くなっても、最後の作品を仕上げるまで頑張って新しいお家から通ってくれました。卵形のランプ。星や月の形の窓がついていて、とっても素敵にしあがりました。いつも紫色の大人の色使いが素敵でしたね。新しいお友達がたくさんできますように!



◆自分でデザインする塗り絵ポスター◆

お部屋に飾れる大きな塗り絵ポスターをつくりました。
真っ黒のペンで線画を描き、その上から色のハッキリしたペンで彩色しました。
名画がどんどん生まれています。早くし上がった2枚をいち早くご紹介。


クリックすると元のサイズで表示します

中学生Hちゃんの作品。ハロウィンのような素敵なファンタジーワールドをデザインしました。ペンで彩色するときに、さまざまなハッチングの技法をつかい、とても素晴らしい作品になりました。


クリックすると元のサイズで表示します

モンスターをデザインするのが大得意なRくんの作品。左右色違いのゼブラ模様が、洗練された雰囲気を醸し出しています。モンスター達は、いろんなキャラクターがいて、おしゃべりをはじめそう。力作になりました。


*****************************

アトリエでは、いつもたくさんのカラフルな作品達が生まれます。なかなか、その全てを紹介することはできないけれど...。
次回は、塗り絵の続きと、低学年クラスのドングリ工作をご紹介します!
お楽しみに☆
3

2013/3/17

麻紐の動物と羊毛刺繍のバッグ  アトリエ日記

寂しげだった枯れ木達に、ポツポツと蕾がついて、お日様もポカポカになってきました。もうすぐ春がやってきます。


すっかり、ブログ更新がのびのびになってしまっていましたが、昨年のアトリエは、

「手間ひまかけて、素材と向き合い、格闘する」ということを一年間かけて行ないました。

これまで、瞬間的なひらめきや持ち前のセンスを最大限に生かしながら制作してきたアトリエメンバー、手間ひまのかかる作業、特に、なかなか進みが実感できないような単純作業には、トライしたことがありませんでした。

そこで、ちょっと趣向を変えて、扱うのに根気がいる素材を使った制作に取り組んでみました。幼児クラスは、針金細工を芯にした麻紐の動物、小学生クラスでは、ニードルフェルト刺繍のエコバッグを作りました。

以前から、小さなお針子の貯金箱作りでも、単純作業が続く制作は、「疲れたーー!」と文句がでることもしばしばあったため、これはなかなかの挑戦でした。

でも、ずっと同じことをするのではなくて、制作をしながらも、みんなでナゾナゾ遊びをしたり、素敵な絵本作りのワークショップや自由工作、羊毛工芸の発展バージョン、、、なども途中に織り交ぜながら、一人一人のペースにあわせて、ちょっとずつ、ちょっとずつ、、、

一年かけて、ようやく全員の作品が仕上がりました!!


最後の1人ができあがったとき、お〜。。。おおお? おー。。。???
と子ども達も私も今イチ実感がわかず。。後からジワジワ。。。

お〜〜!!完成!! と万歳三唱。

よかったよかった。

「気乗りしないときでも、まあ、手を動かしてみましょうよ大作戦」で、みんなで何回しりとりをし、だじゃれクイズをしたことか。先生達もいろいろ詳しくなりました。

「固くて歯で噛めないパンはなに?」「フライパ〜ン」などなど。。

やっと仕上がったみんなの作品。是非是非、ご堪能ください。とても素敵な作品ばかりです。よく頑張りました。


☆麻紐でつくる動物ワールド☆ (4歳〜7歳)

クリックすると元のサイズで表示します

Rくんの作品。まんまるなカタツムリくんです。背中に、仲良しの2人がのっています。実はカタツムリくんには、この世界の他に、別館のお家もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

Tくんの作品。オレンジ色のバッグがお洒落です。でも、笑っているオレンジ色の口が上を向いている、、ということは動物がひっくり返っている...?!
ダイナミックです!!

クリックすると元のサイズで表示します

Hちゃんの作品。丸く立体的に猫の顔を作るのがとっても大変だったけれど、よくがんばりました。お洋服や、マフラーもとっても素敵です。周りの世界は,お家に遠近感があってお洒落です♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Wタロウ、、もしくはタロウコンビ、、もしくはタロウズ??の作品です。
長い時間をかけて完成させてみたら、途中にお休みも入ったり、どっちがどっちの動物?どっちがどっちの世界? ちょっとわからなくなってしまった2人。
最後は、気に入った方をそれぞれ持ち帰りました。

クリックすると元のサイズで表示します

Yちゃんの作品。猫のワンピース作りに苦戦しました。空に浮かぶ雲がピンク色でとても幸せな感じです♪

クリックすると元のサイズで表示します

Sちゃんの作品。アルマジロのような、、?モグラさんのような、、?なんともいえないユーモラスな背中です。モザイク模様のカラフルな世界がとっても素敵です。


☆ニードルフェルト刺繍のエコバッグ☆ (7歳〜12歳)


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Eちゃんの作品。片面は、くるくるした線をカラフルに彩った遊び心満載のデザイン。裏面は、リボンとウサギでガーリーに仕上げました。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Rくんの作品。ベレー帽を被ったなぞの6本足くん。裏面は、イニシャル。面白お洒落です。赤い羊毛は何色かありましたが、悩んでその中から一色の赤を選んだこだわりの一品です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Aちゃんの作品。両面色違いで、違った雰囲気を味わえます。このバッグを持って街にお出かけにいきたくなるような、ウキウキな感じに仕上がりましたね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Sちゃんの作品。片面は音楽の世界、裏面はシンプルに名前のイニシャルで仕上げました。楽器を奏でるのがとても上手なSちゃん。バッグからも、音楽が聞こえてきそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

Hちゃんの作品。片面だけしか写真がのこっていなくてごめんなさい。ギリシャのエーゲ海を思わせるようなブルーの色使いがとても上手なHちゃん。長い間アトリエに通ってくれてありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します

Sちゃんの作品。こちらも写真は片面のみ。でも、両面同じデザインでした。カラフルな水玉がとってもポップです。何歳になっても使えそうで、可愛いですね♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Sくんの作品。先生にはわからない世界。。ポケモン。。てっきりカラフルなCDもしくは、ドーナツ?ベーグル?なのかと。。 
しかし、作りがしっかりしていて、いい感じです!!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

高学年のSくんの作品。表裏で全然違うデザインが粋です。そして、この撮影、、Sくんと仲良しのKくんが協力してくれました。顔と体がおもしろくくっついた写真になりましたね!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Kくんの作品。鳥と恐竜が合体したような不思議な動物が、真っ白なリネンの生地の上で踊っているみたいです。Kくんワールド、かっこいい!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Hちゃんの作品。なんと、二枚も刺繍バッグを制作しました!すごいガッツです!一枚は、月やユニコーンなどの幻想的な世界。もう一枚は、美味しそうなスイーツを夢見る可愛い猫のバッグ。どっちも欲しいです!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Mちゃんの作品。バナナを持ったおさるさんが、真っ赤な太陽の下でお散歩しています。ほのぼのとした雰囲気が素敵なバッグです。バナナが食べたくなりますね♪

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Rくんの作品。野球とアトリエの両立がなかなか大変な中、時間をかけて丁寧に仕上げました。イニシャルに☆をいれたところが素敵です。もう片面は、太陽の下で魚介類がダンスしています!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Jくんの作品。片面は海の世界、裏面は東京スカイツリー!まったく違う二つの世界を、時間をかけて一生懸命作りました。一針一針チクチクするのは、長い道のりだったけれど、大人っぽいブルーのセレクトで、とってもお洒落に仕上がりましたね!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Kくんの作品。デザイン画を描くときは、サクサク進んで楽しかったけれど、刺繍をはじめてみたら、「なんだ、この時間のかかる作業は!!!」と一苦労。。
でも、黄色いエイのシャープなラインが、本当にカッコいいです。よくがんばったね!写真がピンボケになってしまって、、、ゴメンネ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Mちゃんの作品。まだ低学年のMちゃん、「こんなに小さな音符の刺繍は大変なんじゃない?」と何度か声をかけたけれど、「大変でも、音符が好きだから、頑張る!!!」といって、必死で仕上げました。すごい!偉い!感動しました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Mちゃんの作品。究極のバッグ。いや、、実はのんきバッグ?毎週お家にもって帰り、丸一年。チクチクチクチク。チクチクチクチク。とってもパンチのある元気でお洒落で力強いバッグが完成しました!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Kちゃんの作品。取っ手の部分にも素敵な刺繍をして、水色とオレンジの色づかいがふんわりとしたハーモニーを奏でています。私もこんなバッグが欲しいです♪眺めていると、ほっこりします。


☆番外編☆

バッグを作っていないMちゃんは、羊毛でポーチを作りました♪大人っぽい色合いで素敵です。

クリックすると元のサイズで表示します


久しぶりのアトリエ作品集、いかがでしたか?
子ども達もブログをご覧のみなさんも、更新はゆっくりですが、これからも、楽しみにしていてくださいね!

みなさん、素敵な春を!


10

2012/1/11

アトリエ展覧会のお知らせ  アトリエ日記

クリックすると元のサイズで表示します

新年あけましておめでとうございます。

昨年は日本中が大きな不安に包まれた一年でした。
そして今なお、突然投げかけられた影の中で、
それぞれに毎日を一生懸命に生きていることと思います。


さて、谷根千こどもアトリエの展覧会を
HGURE 17-15cas comtemporary art studioにて、
1月18日〜1月22日まで開催いたします。
(12:00〜19:00・会期中無休)

地図:

http://maps.google.com/maps?q=higure&oe=utf-8&ie=UTF8&hl=ja&hq=higure&hnear&ll=35.729914%2C139.765856&spn=0.011096%2C0.018926&z=16&iwloc=A&cid=9686672881424652301

日独修好150周年を記念する、ベルリンー東京のこども達の合作空想動物作品や、夢のお家、ビニール壁画、まっくろ画、手作りおしゃれ額縁画など、、、

2010年から2011年でに、アトリエのなかま達が一生懸命作った作品を展示しております。

また谷中銀座の近くにあるHIGUREギャラリーは、屋上に大きなラクダがいる、とても素敵なところです。

キラキラした展示を見に、是非遊びにきてくださいね!

5

2011/9/7

未来へ向けた平和の絵  アトリエ日記

未来の人達へのメッセージとして「平和」をテーマに絵を描き、広島市民球場跡地利用研究会(http://nori3200.web.fc2.com/に寄贈しました。

「平和ってなんだろう?」
「どんなとき平和だなあと感じるんだろう?」
「どんな世の中であれば、平和に生きることができるんだろう?」
「平和な未来って、どんな世界のことなの?」

そうした対話を何度も積み重ね、時間をかけて作品を仕上げました。

こども達は、大きな意味での平和の意味も、日常のなかにある幸せや平和の意味も、よくわかっているようです。

広島に届けられたこの作品群の活用は、広島市民球場跡地利用研究会にゆだねてあります。

画家であり詩人でもある被爆者の上田由美子さんにも、研究会を通じて見ていただき、あらためて平和の形を問い直す「未来への伝言板」としての活用が検討されています。


クリックすると元のサイズで表示します

手と手をさしのべあうこと。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2枚の連作。平和を祈る行進を世界中のみんなで一緒にすること。


クリックすると元のサイズで表示します

大好きな人と一緒に虹を眺めることができること。観覧車にのって楽しい時間を過ごせること。鳥の羽ばたきが眩しいこと。太陽がサンサンと照っていること。


クリックすると元のサイズで表示します

大好きな人と手をつなぎながら、虹の空の下を歩くこと。木にリンゴが実っていること。たくさんの花が咲きほこっていること。

クリックすると元のサイズで表示します

虹も、雲も、鳥も、猫も、ライオンも、女の子も、みーんなみんな、お友達がいて一緒に楽しいこと。

クリックすると元のサイズで表示します

美しい虹の下で、わんぱくぼうずたちが、ワイワイすること。

クリックすると元のサイズで表示します

くいしんぼうの僕がどんなに食べてもなくならいリンゴがみのっていること。
僕も君も、笑顔でいられること。

クリックすると元のサイズで表示します

仲良しのお友達とゲラゲラ笑ってピクニックすること。モンスター達もゲラゲラ笑っていること。

クリックすると元のサイズで表示します

白いハトのカップルが愛しあっていること。素敵な音楽が流れていること。
海がきれいなこと。

クリックすると元のサイズで表示します

水と緑の豊かな美しい公園があること。みんなが笑顔で安心して集えること。

クリックすると元のサイズで表示します

戦争は、悲しみの涙であること。

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろなフルーツジュースを美味しく飲めること。

クリックすると元のサイズで表示します

爆撃はペケ×であること。青空の夏はマル○なこと。

クリックすると元のサイズで表示します

となりあって、笑顔で一緒にブランコをこぐこと。
14

2011/9/6

日曜クラス開設  アトリエ日記

5月より、毎月第3日曜日に、低学年向けの新しいクラスができました。おかげさまで、早速満員になりました。色や形と遊びながら、各回完結の作品をつくっています。

【5月 なんのかたち? より】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

【6月 ビー玉でレターセット作り より】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


【7月 デカルコマニーのモビール作り より】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2

2011/9/5

夢のお家1  スタッフ紹介

もし、自分の好きな風に、思い通りの家をもつことができたら、好きな広さで好きな形の土地を手にいれることができたら....。

そんな思いを胸に、お家シリーズ完成しました。まだ撮影終了していない子の作品は、またあらためてアップします。

お家づくりは、数年おきにおこなっていますが、アトリエ開設当初から比べると、想像を現実に変えて行く技術と根気が、みんなのなかで成長しているのを感じます。ほんとうに、よく、頑張りましたね。ちなみに、お家のほかに、かならず自分の分身も制作しましたよ!

クリックすると元のサイズで表示します

左でお昼寝している猫はワタクシ、みほ先生。右でドングリポールで遊んでるワンちゃんは、アサコせんせい。そして、柵の外を眺めているペンギンが自分なんだそうです。3人3様。マイペースですなメンバーですね...。

クリックすると元のサイズで表示します

とてもモダンでお洒落な住まいです。木の上の鳥は、作者にそっくりなんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

花びらの色がカラフルな植物って素敵ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

絵描きモンスターハウスです!お庭がいい雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

猫のパン屋さん。本当に力作です。ひとつひとつのパンがとても精巧につくられています。

クリックすると元のサイズで表示します

チョコレート屋さんとデコ屋さんが合体した、お洒落なお家です。デコ屋さんは、なんでも美しく飾り付けてくれるとっても素敵なお店なんですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

テントウ虫の2人組が暮らしているスイーツハウス。真珠が不思議な雰囲気をだしています。

クリックすると元のサイズで表示します

ネズミ型の土地にたたずむストライプハウス。60年代風水玉模様もかっこいいです。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと!オレンジジュースのプール付き豪邸です。屋根の小枝使いが上手ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

自分専用のサッカー場があります。影にひっそり猫がたたずんでいます。芝生がとっても気持良さそう。

クリックすると元のサイズで表示します

お城のような、郵便局のような??? 門があるところがカッコイイ〜

クリックすると元のサイズで表示します

自分の家の敷地内に、電車が走っている憧れのハウス。キラキラしています。

クリックすると元のサイズで表示します

マンション風のお家。特大テレビと、壁掛け時計がご自慢です。

クリックすると元のサイズで表示します

モールで作ったミツバチがブンブンとんでいます。クマが食べるパンケーキは、きっと蜂蜜たっぷりで美味しいんだろうなあ〜
9

2011/9/4

クレヨンのひっかき画  スタッフ紹介

アトリエおなじみのクレヨンのひっかき画。画面いっぱいにノビノビとカラフルなくれよんを塗り終わったあとは、

「もうこれで完成でいいんじゃない?」
「こんなにきれいなのに!真っ黒にしちゃうなんて、もったいないよ、やだよ!!」

とほとんどの子がいいます。

クリックすると元のサイズで表示します


でも、思い切って真っ黒にして、息をひそめながら釘でひっかいていくと...

真っ黒の中から見えてくる色とりどりの線画も、やっぱり、とってもキレイ。
そして、楽しいのです♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
8

2011/9/3

モザイク画  スタッフ紹介

アトリエの幼児クラスでは、この間の3月に、アトリエ楽象帆(http://www.artstudio-jp.com/rakuzoo/)主宰の、「あそびの造形展」に作品を出品予定にしていました。

はじめての大きな展覧会準備。こども達も、スタッフも、ドキドキワクワクしながら、とても集中して、一生懸命にモザイク画を仕上げました。みんなが根気強く完成へむけて励む姿は、サポートする側もグッとくるものがありました。

予期せぬ大震災によって出品を諦めることになり、残念でした。でも....被災された皆様のことを思うと、仕方ありません。きっとまた発表の機会がやってくるでしょう!

卵の殻を、たくさん集め、一つ一つに色をぬり、下絵を描いた段ボール板の上に、ヒトかけらずつ丁寧に丁寧に、はっていきました。とても美しい作品ができあがり、みんな、大満足。その中から、4月でアトリエ幼児クラスを卒業したこども達の作品をご紹介します。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ