2007/5/21  3:59

記憶と恋愛  映画

2004年度のアカデミー脚本賞を受賞した映画『エターナル・サンシャイン(米)』のDVDを、レンタルして観ました。

脚本賞を獲っているということで、「脚本は素晴らしい」のだと観る前からインプットされていますから、この演出ってどうなんだろう?…という観点でみてしまいました(^^; 映画もドラマもやっぱり監督や演出家の手腕によって面白くもツマラナクもなりますからね。

※私はフジTVの『世にも奇妙な物語』が大好きなのですが、何が面白いってストーリーは勿論の事、やはり演出が凄いと思う。忘れられないのが鈴木保奈美さん主演のもので、ただ公園デビューするというそれだけの部分が見事にドラマチックに表現されていてワクワクはらはらドキドキし、演出の重要性と『世にも〜』の演出の素晴らしさをそこで思い知ったのでした。

この『エターナル〜』は、(寝ている間に見る)の世界に近いものを描いていますから、脚本賞を獲っているいないにかかわらず、私にはとても興味深いストーリーです。ですから夢の世界の描かれ方(演出や撮影、編集の仕方)にもかなり拘りを感じてしまいますね。私ならこうするのに…と思ってしまったところも何箇所かありましたが、凄い!スゴイ!!素晴らしい〜〜〜と絶賛したくなる画もあって、とにかくストーリーが凝っていることもありホント面白かったです。

あの記憶の世界(イメージの世界)を想像するのは簡単ですが、実際に描き出す為の撮影って大変だったでしょうね〜

                * * *

なんか泣けそうになったのは、(自分を裏切った恋人の)記憶を消してもらう為の処置をしている間に、やはり恋人を忘れてしまうこと、つまり(自分の)世界から恋人が存在しなくなってしまうことに恐れをなして、記憶の消去に必死になっている側から、(依頼したにもかかわらず忘れることに抵抗し始めた)主人公が恋人(の思い出)を引き連れて逃げ回っているところです。それが「愛」そのものを表している様にみえて、感動的でした。

そもそもその記憶消去の技術を持つ博士のところに、忘れたい恋人の記憶を消してもらう依頼をしに行く人って、よっぽど消したい相手を愛しているということを示しているんですよね〜。忘れようとしなくても好きじゃなくなれば時間と共に自然と忘れてしまうでしょうに。

現に、何度消しても消してもまた同じ様に相手と出会ってしまったり好きになってしまうところがせつなかった。

出会った縁を大切にすること。
相手を失くしたくないと思ったら、相手の少々の欠点には目を瞑るか欠点ごと愛してしまうこと。
そして直ぐ簡単に消えてなくなってしまう夢やイメージの世界よりも、現実の世界の存在の確かさを有難いと感じること。

そんなことが素晴らしいシナリオやラストシーンの映像から、ひしひしと伝わってきて最後に涙も頬を伝いました。

2007/5/21  1:13

『冗談じゃない!』第6回  テレビ

諺の「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」ではありませんが、人ってちゃんと付き合って話を聴いてみないことには本当に分からないものですよね〜あの店長さんが、実は切れ者でワインの勉強にフランスに行っていたり、ファミレスの仕事も接客のプロというだけではなく、ちゃんと信念と情熱を持っていたなんて。ちょっと素敵なエピソードでした。

思えば今では私の大好きなキャラであるお隣の山田さんも、最初の登場は怪しげなストーカー風でしたものね。偶然お隣の方だと分かって話かけるキッカケになったのでしょうが、そういうことがなければ、エレベーターの中で会っただけでは、どちらかというと暗くて何を考えているか分からない苦手なタイプだったりしているかもしれません。(今日はまた田口さんのお約束の泣きの演技が見られて良かったぁ。)

                * * *

マモンも色々問題アリな方ですが、ちゃんと自分がした失敗の償いというか繕いをしていましたね。つまり店長の冴子さんをけしかけてしまった失敗を、直ぐに機転を利かせてホームパーティに招待することで牽制した感じです。その後の冴子さんのせつなさは、今までには見られないものでしたね…。でも笑顔でホームパーティを切り抜けた冴子さんは、えらいな(^-^)

マモンは前回も自分がバラした元彼との格闘技デートの話で圭太のことがバレそうになったのを、直ぐに「圭太さんとも(格闘技に)行った」という上手い説明で、切り抜けました。

本当は正直に話した方が今後の絵恋にとっても圭太にとっても良い筈ですが(いつどこでバレて困るとも限らない)、今、一時的にでも一緒に暮らしている状態であるこの時期に話してしまうのは自分も居辛くなるし良くないと思ったのでしょう。女の機転ってやっぱり凄い!?

夫婦にはピロートークが大切…と、結婚もしてないのに絵恋にアドバイスした友達の舞ちゃんも、女性としてGOOD JOBな感じ

で、圭太は? 圭太はいつ自らの意思で行動を起こしたり、人に影響を与え得る大黒柱になるの? 相変わらずまだまだなのね…でも少しずつ成長してるのよね〜って感じで、いやとにかく頑張っていました。お疲れ様です。。。

最後の圭太のお客様への心からの笑顔が、本当に良かったですね

2007/5/19  1:46

見た目でドラマの説得力が違ってくる  テレビ

何でしょ? 『帰ってきた時効警察』第6話が始まって直ぐのあの台詞が字幕になってたヤツは(笑)。「今日の台詞ポイントはこれですよ」と言われているかの様でしたので、それに乗って先ずピックアップしてみましょう。

「人は何かの(人生の)節目が来ると、その度に何度も青春にさよならを言う」とかでしたね。…でもそんな風に青春ってものに拘りや価値を見出してばかりいてどうすんの?って感じがしますが(^^;

私の大好きなリリーの恩師がおっしゃっていた「40歳を過ぎるとラクになるわよ」の方が何倍か好きです。なんたって年を取るのが楽しみになりましたから。

…と思っていたら、ちゃんと主人公の霧山くんが、カッコ良く素晴らしい台詞をのたまいました

「年は取れば取る程、いいんですよ」 ←パチパチ…(拍手の音)「ちゃんとこうして生きている証を残したい」「見た目で騙しても仕方がない」「若い芽よりそびえ立つ大木の方がカッコよい」ふ〜む。長く生きれば生きるほど色々な知恵や経験が増えて行くのですから、知恵や経験が豊富な熟年の方が素晴らしいと言っているのでしょう。(と、ドラマを見ながら纏めたら、後でそういう台詞もありましたね。「引き出しが増えて経験値が上がる」とか。)

で、そんな風にせっかく良い台詞だったのに、熊本さんに「老成してるな…」で落とされてしまいました。というか落とされたと感じる私ってどうよ?なワケですが(謎)。老成とかじゃなくて「達観してる」とか「悟りの境地」って言ってもらった方が良いのにと思ってしまう私には、まだまだ言葉として「若い」の方が「老い」よりもイメージ的に嬉しいものがあるということなんでしょうね。

結局、中身は老成していたいけれど、見た目は出来れば年よりも若々しい方が良い様な気が(私は)するってことかな? 若々しいって「生き生きとしている」ってことですものね。そびえ立つ大木と若芽のどちらがビジュアル的に良いかも、個人差があって何とも言えないと思います。見た目の好みって色々ですし、人それぞれに大切なものだから。

                * * *

そして見た目ってやっぱりドラマの中でも本当に大事で、このドラマに説得力が生まれるかどうかは、本当のマユミさん(54歳)の役をされた山口美也子さんと、実は33歳なのに54歳マユミを演じていた西田尚美さんのビジュアルが似ているか似ていないかにかかっていたんですよね〜 似ていましたか? ん〜〜〜‘割りと’似ていたのかなぁ〜? 髪型は似せていましたね。

なので、このストーリーの説得力も、‘割りと’あったということにしておきましょう♪

(独り言)見た目も大事ならもっとダイエットしなくちゃね、私(笑)。

2007/5/18  23:11

夢事典【タイムマシン】をアップしました  夢判断

mackeyさんの【キーワード】リクエスト(4/24)の続きです(^^)/

タイムマシンは、過去(【古代】)や【未来】に旅(【旅行】)するための架空の【機械】ですから、「飛躍的な発展への期待」や「超越的(時代を超えた)な英知への憧れ」等という意味があるでしょう。

それが示していることは「人生や魂そのもの」で、「物事の長期に渡る壮大な連動や運営」や「脳や思考のプロセス」とか「想念の旅」等も表しているでしょうね。

何の為に存在しているかというと、過去や未来を知ることによって、それを現在に役立てる為でしょうし、「方向性を見出す道具」でもあり、それによって「運命を知ること」にも繋がって行くのだと思います。

新たに【タイムマシン】をアップしましたのでご覧下さいね。

2007/5/17  16:33

夢事典【カタツムリ】をアップしました  夢判断

mackeyさん、
【キーワード】リクエスト(4/24)を有難うございます(^^)/

ダイアル式の【鍵】は錠前と同じ様な「自己を守りたい気持ち」や「何らかの緊張感」等を表すと思いますよ。

かたつむりは、【タコ(蛸)】【イカ】【くらげ】等と同じ軟体動物ですが、かなり小さいですし、陸の【貝】と呼ばれていますが、海などの貝殻と違ってカタツムリの殻は脆いですし、どこか【虫】の様なイメージもあるので、「無意識の感情」「ちょっとした秘密」「傷つきやすさと自己防衛」「子供やペット」「煩わしい出来事」なども示すかもしれません。

また動きが遅いとか、季節限定で秋冬は冬眠していて梅雨時のイメージもありますから、「ゆったりした進歩」「期間限定の活躍」、雌雄同体なので「性を超越した仲間意識」という意味もありそうです。

夢の中のカタツムリの様子を思い出してご判断下さいね。

新たに【カタツムリ】をアップしておきますね。上記の【キーワード】も更新ファイル移動させておきます。

2007/5/15  17:03

夢事典【期待外れ】を新たにアップしました  夢判断

ブルーさん、
【キーワード】リクエスト(4/21)を有難うございます(^^)/

期待が外れるとか虚しい夢についてですが、物事に対する過度の期待があったり、結果を出せなかったらどうしようという「不安の表れ」だと思いますよ。

またそういう夢を見るということは、物事が思い通りに進展しなくなるその理由が実際に存在している場合もあります。

そういう時はその原因を究明し、努力して改善することが出来れば、現実では期待通りに結果を出すことも可能になり、期待外れの夢が逆夢になるということが起こるわけです。

大して物事に期待していなかったり結果に対する責任感が欠如している人は、そういう夢すら見ないでしょうし、逆に能天気に大成功する夢を見て油断してしまうことも多いでしょうから、これも逆夢になってしまいますね。

例えば試験に落ちる夢なんかもそうですが、前もって期待が外れてしまう夢をみておくと、覚悟が出来るという効果もあります。

新たに【期待外れ】をアップしておきますね。

2007/5/14  16:12

同属嫌悪にご用心  夢判断

ぴょんきちさんの【キーワード】リクエスト(4/21)の続きです(^^)/

サングラス(【眼鏡】)の人物を見る夢は、何かに対して「警戒心」を持っていることを意味しているでしょう。

【眼鏡】を更新ファイル移動させておきますね。

                * * *

tokuさん、
【キーワード】リクエスト(4/21)を有難うございます(^^)/

その場の状況や人に対し、苦手、辛い、気まずいと感じる夢は、そのままそういう状況や人が苦手で辛く、気まずいのだと思いますよ。

普段はそう感じないのに夢の中でだけそう感じた場合は、普段はその事に気づいてないけれど深層心理の中では実は苦手だということでしょう。

人間関係というものは鏡を見ている様なものなので、ご自分の側にも必ずそうなる原因はあると思います。苦手と決め付けてしまうと上手く行くものも行かなくなったりしますから、「偏見を捨てる必要性」を表しているとも言えるでしょうね。

気まずいなら、気まずくなったり後ろめたくなる原因を取り除いて下さいね。

*摘要【嫌い*】【克服*】等もご参照下さい。「同属嫌悪」というものもあって、ご自分の中にそれと同じ面が隠れていて、それを見たり認めることが嫌なので、苦手だと感じている場合もありますよ。

索引に「苦手 → 【嫌い*】」を加えて更新しておきますね。

2007/5/14  0:08

夢事典【お盆(トレイ)】をアップしました。  夢判断

ぴょんきちさんの【キーワード】リクエスト(4/21)の続きです(^^)/

お茶(【飲み物】)を【運ぶ】為のおぼんは、「潤いを与えること」や「人の要求を満たす事」「協力的な態度」等を表していると思いますよ。「こみあげてくる感情を抱えていること」や「欲望をアピールしたい気持ち」等も示しているかもしれませんね?

お盆は、大皿や盛り皿にもなるので、お盆の状態によっては、お【皿】の表す「家庭生活」「創造性」「女性」等の意味もありそうです。

「お盆の様な月」という表現もありますから、【円形】の「統一性や調和」「完全であること」「偏らない意見」「円満な人柄」なども関係して、丸いお盆は「円満な家庭生活」等の象徴でもあるでしょう。

お盆はマジックや踊りの小道具としても使われますから、「注目させたいもの」や、それによって「肝心なものを隠すこと」を意味する場合も考えられますね。

新たに【お盆(トレイ)】をアップしましたので、ご覧下さいね。上記の【キーワード】を更新ファイル移動させておきます。

2007/5/13  22:10

『冗談じゃない!』第5回  テレビ

今回も、未だ絵恋にバレませんでしたね〜さっさと白状しておけばどうってことないのに、嘘に嘘を重ねたりするから雪だるま式に心の重荷も増えていきますよね。そこがドラマとして面白いんでしょうけれど。

子供達の登場人物って良いですよね〜本当に可愛いし、本音で言いたい事をボンボン言ってくれるから、テンポも良くなりますね。圭太はなんせ、ウジウジしてるからぁ〜

                * * *

こんな風に4人の姉妹や理衣との同居をさせる為に、今までのストーリーが存在していた気がします。ここからやっとこのドラマが始まるって感じ? 第1回〜第4回は壮大なプロローグだったかの様です。

大家族に入り混む新夫じゃありきたりなので、新婚家庭に妻の家族が転がり込んでくる設定にしたのでしょうね?

                * * *

絵恋が圭太にキスしたり抱きついたりしているのを見ても何にも感じなかったのですが、第6回の予告で、圭太が絵恋を後ろから抱きしめているシーンにドキッとしてしまいました(*~-~*)ふぅ〜

ん〜今まで物足りなかったのは、圭太が人に翻弄されてばかりの受身で、自分からの働きかけや能動的な態度が無かったからなんですよね。もっともっと積極的に圭太の意思で動いて欲しい。

まさか、女性陣(妻など)の尻に敷かれっぱなしで居ることが家庭円満の秘訣、それが現代の大黒柱たる夫の理想の姿…なんてことを教えたいとかじゃないですよねぇ〜? 冗談じゃない!(笑)

早く、自ら考え自ら動く男らしい大黒柱な圭太を見せて欲しいものです。きっと来週こそ〜♪ 益々期待が高まって目が離せないドラマですよね

2007/5/12  13:41

夢の中の便座カバーが意味すること  夢判断

お待たせしていますm(_ _)m
ぴょんきちさんの【キーワード】リクエスト(4/21)の続きです(^^)/

便座カバーは、【トイレ】の基本的意味:「排泄」「浄化」「プライバシー」「体調」「セックス関係」等と同様の意味を持っているでしょうし、それが汚れていたなら汚れたトイレと同様の意味が生じます。

単に「便座カバーを交換したり清潔にする重要性」や「便座カバーに対する感情や思い」等も表す場合があるでしょうね?

または、【カバー】するものですから、「プライベートを隠すこと」や「セックスの問題を装うこと」等も意味しているかもしれません。

最近はホット便座や温水洗浄便座が一般的ですが、元々便座カバーは座った時にお尻が冷たく感じるのを防ぐためのものだったのでしょうから(【暖かい】)、「心地よさ」とか「家族の思いやりや気遣い」とその必要性を示すこともあるでしょう。

或いは、便座カバーほど不潔なものは無い…という考え方もあって、トイレの便座を使用する度に除菌ペーパーなどで拭いた方が余程衛生的なので、最近はカバーは便座の蓋にだけつけたりしますよね? ということで「不必要な保護や隠匿」なんて意味もありそうです。

索引に「便座 → 【トイレ】」を加えて、【トイレ】を更新しておきますね。

                * * *

最近、AOLのホームページ(マイプレイス)の機能障害が続いていて、なかなかスムーズにアップロード出来ないので、今は未だ更新できていません

そのうち(と言うか、しつこくトライしていると10回に1度くらい)アップできることがあるので、少々お待ち下さい(^^;



AutoPage最新お知らせ