2008/9/9  8:27

[ m ] は唇を閉じる [ n ] は喉を閉じる  英語の発音

m と n の発音の違いですが、
[ m ] は「む」、 [ n ] は「ぬ」とか「ん」だと認識している人が居るかもしれません。
全然、違います。

「む」なら mu だし、「ぬ」なら nu で、どちらも u という母音が入ってしまうので、
それぐらい判るよ、という方も多いでしょう。

ただTV英話の先生でさえ(日本人の方は)、堂々と「ん!」とおっしゃったり。
(判りやすく発音されたのかもしれませんが。)

どちらも子音ですし基本は、音声学的には
[ m ] は唇を閉じるだけ、[ n ] は喉を閉じるだけです。
n は喉を閉じるだけなので、口を開けていてもOKだったりします。
(声に出して発音すると m は「ムッ」、n が「ヌッ」と聞こえたりするでしょうか?)

ですから、続いて母音が来る英文の場合、
例えば、〜 them all とか、than I 〜 等のときは、
「〜(舌を噛んで)デマォー(舌を上前歯の裏につける)」、「デァナエィ 〜」
と繋げて発音することになります。
決して「デム オー」、「デァン アエィ」とは発音しません。

そんな風に切って言うのは、
「その人達(ブレスして)皆んな〜」とか「私(ブレスして)より〜」
って言ってる感じになるくらい不自然ですね。

2008/9/9  0:26

太陽と海の教室(第八話  テレビ

サクサク先生は、本当に良い先生ですよね。

やっかいな生徒は両親や他校や専門家と言う名の別の指導者に押し付けて、
責任逃れをしようとする理事長とは違い、
黙々と自分の出来る最大限の努力で立ち直らせようとしている。

そんな先生の気持ちがこもった手紙を、
破り捨てるならまだしも、鋏で切り刻んで送り返してくるという、
しかもナイフを片手に友達の背後からオカルトチックに微笑む彼女の心は、
もう完全に壊れてしまっていますね。

先生は「君はまだ知らない…」と一生懸命、手紙での説得を試みていましたが、
壊れてしまった彼女の心を分かってあげることは出来ていない。

織田さんがよく、「仕事のストレスは仕事で返す」とおっしゃっている様に、
恋に傷ついた彼女の心を癒せるのは、新しい恋だけでしょう。
その相手にハチを選んでしまった不幸が、そこに存在しますね。

良い先生であっても万能な先生は居ない。

人生には不条理なことや理不尽なことが山ほどある。
それでも人は生きていかなければならないし、
先生は先生として頑張らねばならない。
…そんな事をドラマを観ながら感じていました。

今までは確固たる信念で一段高いところから余裕を持って、
生徒達を指導し続けていたサクサク先生でしたが、
今度は新たな試練が、先生ご自身に降りかかってしまった様ですね。

どうなっていくのでしょうか?

2008/9/7  11:51

【泥棒】の夢は災いを運び出す  夢判断

tackyさん、
【キーワード】リクエスト(5/29)を有難うございます(^^)/

寄りかかる夢ですが、
言葉通り、「頼りにしたり甘えたり」のイメージですね。

抱き寄せるのは、抱き締めるよりは控え目ですが愛を感じる仕草です。

寄りかかったり抱き寄せたりで、「心が寄り添っている」のでしょう。
傍に抱き寄せるというのは近くに引き寄せる状態なので、
【近い】をご覧下さい。

索引に「寄り添う → 【近い】」を加えて更新ファイル移動させておきますね。

                          * * *

まきさん、
【キーワード】リクエスト(5/30)を有難うございます(^^)/

スリの夢は、
【泥棒】をご覧下さい。

嘔吐は、【吐く】ですね。

とちらも「不要なものが取り去られたり吐き出されたりする」
というイメージが共通していますね。

現実のスリや泥棒は許しがたい犯罪ですが、
夢の中では「災いを運び出す人」という意味があるのが面白いですよね。

勿論その他にも意味は色々あって、
恋をしている人の夢なら「心を盗む人」とか、
「自分をさらって欲しい」という願望を示す場合もあります。

索引に「スリ → 【泥棒】」を加えて更新しておきますね。

                          * * *

Kさん、
【キーワード】リクエスト(5/30)を有難うございます(^^)/

バッテリーは、
電池。電池は【電気】を取り出す装置ですね。

索引に「バッテリー → 【電気】」を加えておきますね。

2008/9/7  11:41

[ b ] は破裂音 [ v ] は継続音  英語の発音

今年に入ってジャズコーラスの発表会も含めライブを5回しましたが、
後、予定されているのが3回以上あるので、その準備と練習に追われていて、
相変わらず更新休みがちになっておりますm(_ _)m

偉そうに発音云々していますが、
私は上がり症で本番になると音程が不安定になるので、
発音の前に、音程をなんとかせねばと反省することしきりです

                           * * *

[ b ][ v ] の違いですが、
[ b ] は「ブ」、[ v ] は下唇を噛んで「ヴ」と認識している方が多いでしょう。
どちらも微妙に違います。

英語音声学では、[ b ] は破裂音だと言われているので、
上下唇をピッタリ合わせて「バッ」と言ってみましょう。

※織田裕二さんの『LOVE SOMEBODY』の 〜body の b の発音は、
[ b ] が破裂音であることをちゃんと理解して発音してらっしゃるのが、
プロモーションビデオ等を観ると良く分かりますよ。
唇をピッタリ上下合わせてから 〜body と歌ってらっしゃいます。

そして、[ v ] は下唇を噛むのではなく、
「ヴーーーーー」という継続音だということに(音声学では)なっています。
上の歯の先と下唇の上辺を軽く接触させて声を出し、
その振動で継続音を作るのです。

両方とも全く違う発音なのですが、
その違いがどこから来るのか、これで良く解ると思います。

2008/9/3  8:29

太陽と海の教室(第七話  テレビ

なんかイイですよね〜ホッとしました。

自国の国益よりも隣国の利益ばかり優先する方が、トップじゃなくなって。

いや違って(笑)ホッとしたのは、
サクサク先生と周囲の生徒達の関係が微笑ましくなっていることです。
徐々に先生の教えが理解され、
どんなに先生が自分たちの事を大切に考えているかが分かって、
担任を外されたことを心苦しく感じている。

まともな先生と生徒の関係性が築かれつつあるからには、
先生+生徒=足し算の力ではなく、
(よく織田さんもおっしゃっていますが足し算ではなく掛け算になって)
何倍もの良い影響力を出し合い、困難にも立ち向かっていけることでしょう。

北川景子さんが演じる若葉先生も、いい感じに成長されましたね。
職員室のシーンでは心を動かされました。

サクサク先生は勉強や人生に於ける「宝物を見つけた」と断言したからには、
確固たる信念を持って子供たちを指導するのは勿論のこと、
ご自分が幸せでなければなりません。

隣国を幸せにする前に、自国がちゃんと幸福な状態にしておかなければ、
いつか国が乗っ取られたりとんでもない状態になってしまう様に、
先生(大人たち)もあくまでも幸せで充実していなければ、
子供たちの未来にも希望が持てなくなってしまいますよね。

サクサク先生は掃除をするという一見犠牲的精神を発揮すべき作業でも、
実に楽しそうにイキイキとやっているのが良かった。

先生曰く「掃除のしがいがある学校」とは、
まだまだクリーンにされなければならない問題山積ということですね。

どう問題を治めてくれるのか、今後も目が離せません。



AutoPage最新お知らせ