2007/8/27  13:35

世界陸上開会式の織田裕二さん  音楽

お盆の行事で主人の田舎に帰ったり、その後、実家に足を伸ばして父の看病の手伝いをしたり、帰京してからはジャズコーラスのレッスンや夏のライブの自主練をしたりで、更新をお休みしておりましたm(_ _)m

                * * *

ところで、世界陸上開会式での織田裕二さんの‘All my treasures’お聴きになりましたか?

私は残念ながら丁度自分が夏祭りライブの当日だったので観られなかったのですが、勝手な身内意識で「織田さん緊張してないかな〜上手く行ったのかな〜」と気が気でなく、帰ってから恐る恐るこっちが緊張しつつ録画で拝見しました。

が、流石織田さん。大舞台でこそ本領を発揮される方ですよね〜♪ 歌が素晴らしかったです 織田さんの歌は感情がこもっていて暖かく、それでいて力強くて愛に溢れていますよね。オーケストラ・アレンジもとても良かったので、感動すら覚えた ジーンとしました。良かった〜〜〜 テレビの録画でさえ感動したのだから、生だったら尚更でしょうね。長居競技場で聴きたかったぁ〜

あまりにも上手いし安定しているし、音声と口が微妙にズレているしで、一瞬「口パク? 織田さんにしては珍しいけどこういう大舞台では当然なのかな?」等と思いましたが、シッカリ息を出してブレスを大きくしていましたし、本当に生で歌ってらっしゃいますね、あれは。

ライブで歌うとよく経験することなのですが、私はモニターが全く聞こえないので会場に響き渡る音を聞きながら歌ったことがあって、リハーサルでは問題なかったのに、本番でお客さんが入ったら環境が変わるのか、ドラマーの動きと聞こえてくる音が明らかにズレていたのでビックリしたことがあります。

PAの中継タイムラグもあるのかもしれませんが、あれは会場に響き渡るこだま効果でズレて聞こえるんですよね。競技場でも独特のこだま音が響き渡ります。それを上手く処理して放送していましたが、少しズレが残っていた感じです。

昔、国体の開会式パーフォーマンスで、私は鼓笛隊として出場し小太鼓をたたいたこともありますが、やはり聞こえてくるのは、こだまで反響したズレた音でそれを聴いてしまうとドンドン遅くなるので、本当にやりづらかったのを思い出しました。

織田さんはイヤーモニターをつけてらっしゃいましたから、その辺は完璧で、気持ち良さそうに歌ってらっしゃいました。本当に癒される素晴らしい歌声です(*~-~*) 早速テレビの音声をMP3に変換して、只今再生リピート中です

その様子はこちらでも↓ご覧になれます。
TBS「世界陸上大阪」世陸 ザ MOVIE



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ