2011/4/3  23:15

今から祈りを!  夢判断

天皇陛下は日本神道の頂点、神主の総長の様な方なのです。
宮中祭祀で、いつも日本の為にそして世界平和の為に祈って下さっています。

徳仁皇太子殿下は、大変厳しいと言われる宮中祭祀を「古臭い」と遠ざけ、
「時代に即した公務を」等とおっしゃって、参内もめったにされず、
宮中祭祀もあまり真剣になさっていないというお噂が。
日本や世界平和の為に祈って下さることはないのでしょうね。残念です…。
奥様共々大変アメリカナイズされた自由主義的なお方なのでしょう。

皇后陛下は「皇室は祈りでありたい」とおっしゃっていました。

そして秋篠宮殿下ですが、宮様は紀子妃殿下やお子様達とよく参内なさっているご様子。
ですから陛下の宮中祭祀も立派に引き継いで下さっていることでしょう。

秋篠宮殿下といえば、実にスサノオノミコトに似ていらっしゃる。
皇后陛下も「スサノオのよう」と宮様ご誕生の折におっしゃったとか。


左は妻クシナダヒメ。

* * *

そこでdainさん情報:スサノオノミコトのメッセージです。

ミノリス Minoris のURGENT MESSAGE(緊急情報)
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010

ミノリスさんは、
霊界(地球外生命体?)から様々なメッセージを受け取っていらっしゃるようです。

スサノオノミコトのメッセージ
3/22 http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/e/a8c9b6204531844d6cfc75c9d7106239
3/29 http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/e/dea267214967d52cff6769f88c132c46
要約です:

「人と人とが争うような事が起きるが、挑発にのってはいけない。

東京にテロを起こそうとしているようだが、今はまだ大丈夫だから、
その事にフォーカスしてはならない。

良いビジョンを描くことが大切。

復興には多大な金と、労力、時間もかかるだろうが、
一人一人が少しでもいいから、自分に出来る事を精一杯することだ。
これによって団結力もついてくるだろう。

日本の政府に対する国民の目も変わってきている。
この地震で学ぶ事もたくさんあったはずだ。

もう一度、大地に足を踏ん張り、力強く、生きて欲しい。
たくさんの神々が皆を見守り助けている。

日本の底力をみせよ。」

* * *

そして今夜から10日間、23:32〜20分間、皆で共に祈りませんか!

大勢で祈れば、莫大なエネルギーになると信じています(by dainさん)。

今日から10日間の「地球を光で包む瞑想」シルバーバーチからのメッセージ
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/e/bc437aacb0e87c3de7b6f6eb316a3081
要約です:

「今日の23:32過ぎから20分「地球を光で包む瞑想」を10日間お願いしたい。

火(キャンドル)を灯し、日々の生活、自然に対する感謝をし、
これからの自らの幸せと、世界、地球の幸せを祈ることだ。

日本に対して祈ることは、全世界に光を与えることになる。」


地球を光で包む瞑想
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/e/aaa5d0f13bb083865b5703d038343aa0
要約です:

「今、地球の光のグリッドが弱まっている。

そのために悪い者たちが跋扈し、核戦争が起こったり自然が破壊され、
世界が恐ろしい地獄に変貌したり、人類が絶滅したりする。

それを防ぐための瞑想会。

自宅などで蝋燭を灯し、心を沈めて月の存在を呼び、自分の希望を願う。

次に被災地の方々へ光を送るようイメージする。
福島原発が沈静化し、被災地が徐々に復興する様子を想像する。

余裕があれば、古代から続く光のグリッドが地球を覆っている様子を思い浮かべる。
神に「地球を守って下さい」と願い、最後に月にメッセージを受け取ってもらう。」

* * *

御身体の具合が芳しくないのに祈り続けて下さっている両陛下ばかりに
お任せしているのは、心苦しいではありませんか。

お時間のある方は、共に祈りましょう!
【想念*】の力は大きいです。

もしかすると、ミルカさんメッセージの「ある手段」とは、
両陛下と共に、日本人全体が「良いビジョンを描きつつ祈る」ことなのかもしれませんね。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



AutoPage最新お知らせ