2007/12/15  2:39

『脱線者』を読んでU  

色々用事を済ませて映画を1本観てから、また本の続きに戻り、今読み終わりました〜(^-^)

織田さんのアタマの中には、仕事に対する情熱やアイデアが沢山詰まっていて、創ってみたい作品や、やってみたい番組がいっぱい。そういうところも凄いですね。それはもう単なる演技者ではなく、間違いなくプロデューサー。モノを企画して作り出す人です。

けれども一度、演技に入ってしまうと、今度は全力投球で俳優としてより良い演技を、さらに素晴らしい作品に〜と、気が抜けない方なんですね。命がけなの?とさえ思えました。そこが私が今まで観たどんな俳優さんとも違う、と感じさせます。

また、この本には織田さんご自身で撮影された写真も沢山掲載されているのですが、その写真が私は好きです。…織田さんの‘視点’がみえるから、かな? この風景のこちら側には間違いなく織田さんが存在していて、織田さんと同じ観点で「その風景」を捉えることが出来るんですよね。その画のアングルもとても素敵です。

で、織田さんはうまい役者だとかプロデュースや企画もするとかアーティストで写真も上手いとか、そういうファンの賞賛を尻目に、実際、織田さんが成りたいのは‘選手’なんだそうです。それがまた面白い。

「人の心を動かす選手を目指している」っていかにも織田さんらしくていいですよね。私達素人が分かり得ない様な撮影現場での空気感や、そこで織田さんが考えてらっしゃることが綴られていて、とても新鮮に読むことが出来ました。

                * * *

そのお仕事との出逢い、ご自分との関係を、凄く分かりやすい喩えで書かれている一節は、ホント織田さんってセンスいいって思えます♪

ただご結婚に関しては、あれは勢いでやるものですよ〜と私はご助言申し上げたい(^^ゞ

仕事だけではなく趣味にも恋愛にも、結婚観についてまでも色々と真面目に真剣に織田さんらしく考え込んでらっしゃるんですよね〜感動しました。

                * * *

良いものを創りたい、決して諦めないという執念にも似た情熱が、織田さんと織田さんの作品を非凡なものにしているのだ、ということが改めて分かりましたし、いつも前向きでエネルギッシュな姿勢の織田さんは、心から尊敬するに値する人なのだと再認識させてくれる本でした

またエッセイをいっぱい書いたり人生観を語ったりして下さいね

明日は、また『椿三十郎』に逢いに行きます!!

2007/12/14  13:24

織田裕二著『脱線者』を読んで  

さっき届いたので、今、読んでいるところです。

                * * *

自分はこの世界でしか生きられないと思い込んではいけない…という織田さんの言葉に、初っ端から心を鷲掴みにされました。それからずうっと本の世界に引き込まれて行って、即、15歳の織田少年の心境に感情移入してしまい涙が出そうになる事も。

いいわぁ〜織田さんの文章。泣きそう…と思っていたら、クスッと笑わせてくれたり。

自分を変えようと決意し、今までの自分を殺し(と言っても自殺ではなく)新しい自分に生まれ変わり再生しようとする過程の中で、一体、織田さんはどんな風に精神的に成長していったのかが、順を追って正直に綴られているところが、織田さんの素晴らしさを物語っています。

普通なら、誰でも自分を良く見せたいので、言葉を飾ったり簡単な事を難しく表現しがちですが、織田さんの言葉はシンプルで分かりやすいけれど言っていることは奥が深い。

そして、自分の心を丸裸にして素直に文章を書くことが出来るのは、織田さんの精神が純粋で素晴らしいものだから、なのです。心に少しでも邪悪さがあると、心を丸裸には出来ませんからね。

                * * *

肉体が死んだらそれでお終いで死後の世界は無いという考え方は、だからこそ今この人生を精一杯生きようとする織田さんの哲学に繋がっている気がします。死後の世界を信じて自殺する若者も増えたことを思うと、織田さんの地に足がついた生き方こそ、見習うべきものですよね。

(※ここで、死後の世界を信じる私の意見も勝手に書かせて頂きますと、人生は‘不滅の魂’という形で、次の人生に繋がって行くので、今この人生でしでかした罪や失敗は、次に生まれ変わった人生で償わされたり再びチャレンジしなければならなくなりますから、自殺しても意味は無いのです。寧ろ、人生の課題や残した宿題の量が増えてしまいますね。…そういう考え方が正しく理解されずに誤解されたまま、不滅の魂を信じる若者が簡単に「リセット」するつもりで自殺してしまう事は、本当に残念ですよね。)

織田さんは墓石が嫌いなので、死んだら木を植えて〜というのもユニークで面白いです。皆がそうすれば、墓地は美しい森になりますものね。

でも石はどんな事があっても大概残りますが、木はたまに枯れてしまうことがあるけど、そういう場合はどうするんだろ〜?(笑) いや寧ろ自然淘汰されるなら、その方が良いですね。残したいなら墓石も造り変えることが出来る様に、木も植えなおそう、うん。

つづきは、また明日。今日も用事があるので、出かけます…

2006/12/1  15:33

Amazonアソシエイトに入りました  

アフィリエイトには興味がないと言っていた私ですが、随分以前からアマゾンは利用していてホームページのリンクでも紹介させて頂いていたので、遅ればせながらAmazonアソシエイトに入ってみました(^^ゞ

これで、夢事典や占いに関する参考文献を皆様にお知らせ傍ら、それらのお役立ちご本の「宣伝」にも一役買うことが出来るので、一挙両得ならぬ一石三鳥って感じですよね♪♪♪

広告が目障りな方は、無視&スルーお願いいたしますね m(_ _)m

2006/7/17  23:05

事典編纂と参考文献について  

読者さん、コメント(7/17)有難うございます(^^)/

重要な問題ですので、先にお返事させて頂きますねm(_ _)m >皆様

マドモアゼル愛さんの『夢の辞典』(1999年発行/409頁)は参考文献にさせて頂いておりますが、『夢の辞典』に限らず参考文献のものをそのまま載せているつもりはありません。

そして、ご指摘の同じマドモアゼル愛さんの『「あなたの夢」でわかるあなたの運命』というご本は今まで見たことも聞いたこともありませんでした。調べてみたら、630頁もあって2002年に出版されたものの様ですね。私のサイトは2000年から運営&夢事典作成しているので、どちらが先でどう影響されているのか、水掛け論になりそうです。お互いに「知らない」と言い張ればそれまでの様な…(((^^;

そのご本の中で、私の事典とどの部分がどの様に同じなのか教えて頂ければ大変有難いです(^-^)

私の場合、私の手元にある膨大な量の参考文献を要約添削して、私自身の考えを加味して作成しているところが大きいです。しかしながら事典というものの性質上、要約すると最終的に‘同じになってしまう’ということも少なからず有り得るでしょうね。

今私はまだ事典の作成中で完成形ではないのですが、本に纏めて出版する際には、著作権保護問題も考慮して、その筋の専門家の先生とも相談の上、色々と対処した上で出版したいと思っております。

未弐の夢事典は、このサイトに来て下さる皆様の夢の【キーワード】リクエストにお応えする形で、私の体験や考え方と、それから当然のことながら数々の参考資料のお陰で作り上げてきたものですし、これからもこのサイトはその方向でより良い事典編纂に向けて続けて行くつもりです。今後とも宜しくお願い申し上げます<(_ _)>

ということで、*参考文献*は以前から明記させて頂いておりましたが、分かりやすく表紙にもリンクしておきますね。



AutoPage最新お知らせ