2007/10/18  8:27

シリーズ『踊る大捜査線3』への期待 - その3  踊る大捜査線3へ

フジテレビ開局45周年記念ドラマ・木曜劇場『白い巨塔』は2003年に放送され、好評と高視聴率を得た素晴らしいドラマですが、原作は40年以上も前に書かれた山崎豊子さんの長編小説で、以前にも映画化・ドラマ化されていますから、リメイク作品でもあります。

山崎豊子さんは、インタビューで「40年も前の作品が今も通用する事に驚きを覚えている」という様なことをおっしゃっていました。言い換えると40年前に問題提起した医学会の闇の部分が、今も改善されていないことが恐ろしいという意味です。

それはその作品が‘問題提起するだけに留まっていた’から。

当時は、問題提起するだけでも画期的なことで、『白い巨塔』は勿論センセーショナルな価値ある作品でしたが、もはや21世紀の現代これからの作品は、「ではどう対処し、どんな風に問題解決して行くべきか」つまり問題提起した、その先をも描くべきだと思うのです。

                * * *

ドラマ『真夜中の雨』では、‘その先’である理想的な医療のあり方を最後に提示していて素晴らしいと以前も書きましたが、映画『県庁の星』では理想的な県庁のあり方が描かれていなくて残念だったとも書きました。

描かれていたのは一県庁職員=主人公の前向きな姿で、それはそれで評価に値しますが、県庁のあるべき姿を今後、何かの作品で是非見せて頂きたいものだと心から希望しています。

何故、理想的な姿を描けないのか…それはノーアイデアだから、です。

偉そうに言っている私も、「じゃあお前が理想的な県庁を描いてみろよ」と言われても描けない。県庁のしくみ自体をよく分かっていなかったりするし(^^; けれども県知事や県議会議長があんなことではイケナイことぐらい、小学生でも分かる。

(※酷い知事や議長の姿も、反面教師として功を奏していたとは思いますが。)

                * * *

‘その先’を描いていないからと脚本家の方個人を責めているのではありません。作品の企画に携わる全ての人がもっと何を描くべきかということに意識を集中させ頭脳を結集しアイデアを出し合って練って頂きたいと願っているのです。

それだけ映画やドラマなどの芸術作品が持つ影響力の大きさを、高く評価し期待しているということ。

虚構の世界でさえ思い描けない理想なら、永遠に現実化することは不可能って事ですものね!

『踊る大捜査線3』でそれ(理想の警察)が描けたら、名実共に素晴らしい作品となり高い評価が得られることでしょう。

2007/10/17  12:26

シリーズ『踊る大捜査線3』への期待 - その2  踊る大捜査線3へ

警察官だった父がよく言っていた事で覚えているものに、「新聞記者が犯罪をおかしても、絶対に新聞に載らない」というのがあります。

なので幼い頃からそういう話を聞かされ続けていた私には、‘マスメディアの不公正さ’というものが既にアタマに刷り込まれていた気がします。

今ではネットが普及して、誰でも真実を追究しようとさえすれば物事には裏があることが分かるのです。一方向(提供される)だけではない、(氾濫する)情報を自由にこちらから採択出来る環境は、本当に良い傾向だとは思っています。

が、未だに新聞やテレビ・雑誌から提供される報道を鵜呑みにして、ロクに自分で調べようともしない人達も大勢居るのですよね〜残念です。

                * * *

中堅刑事になった青島さんも、警察官なら当然そういう理不尽さを山ほど見てきている筈ですから、脚本家の方にも是非そういった闇の部分を暴き出して描いて頂きたいと思いますが、もしかしてマスメディアを敵に回す(!)と仕事が出来なくなってしまう現状があったりするのでしょうか〜?

そう考えると最も権力を持っているのはマスメディアであり、それを支配しているらしい闇の勢力が今現在も情報操作している限り、もう日本とお人好し日本人の暮らしは、とっくの昔に某勢力に乗っ取られていると言っても過言ではないのかもしれませんね。

                * * *

はぁ〜こういう時、警察はどう動くべきなのでしょう? 警察までもが闇の勢力に牛耳られていて良いのかしらんっ!?

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』でのパパのライバル:ビフの台詞が蘇ります…

‘I own the police!’

闇の権力者が警察をも私物化し自由に動かしている、というワケです。

                * * *

和久さんが「青島が居る限り、警察は大丈夫だ」(正確には「こいつが居る限り警察は死なねえぞ」)って言ってくれたんですけどね〜

せめて、フィクションの世界(映画やドラマ)の中だけでも理想の警察のあり方を描いて欲しいものです。それが素晴らしいものなら、フィクションが現実を導く指標にも成り得ると思う。

…うあぁぁかなり重いですねぇ〜私の期待

2007/10/15  12:12

シリーズ『踊る大捜査線3』への期待  踊る大捜査線3へ

踊る大捜査線3は、絶対に制作されると思う。何故ならあんなに収益を上げられるコンテンツをフジテレビが封印してしまう筈がないから(^^; そして作るんなら今しかない、でしょうね。

いかりや長介さんが亡くなられて、そのショックで「(暫くは)続編の事なんか考えられない」と言っていた織田裕二さんだって、7,8年前のインタビューでは「続編は(どんな作品でも)安易に作るべきではないが、青島の5年後、10年後は見てみたい」とおっしゃっていたのですd(^-^)

そして先週まで繰り広げられていた怒涛の踊る再放送祭り。満面の笑みでの織田さんの「またあれから5年経ちましたね(ソワソワ)」発言…。

これはもう作られるでしょう、いや是非作って欲しいっ!…というワケで、10年間踊る〜を見守ってきた一ファンとして、作られるのなら絶対に良い作品を!と願って止まない熱い思いを、ここに綴ることに致しました(^^ゞ

                * * *

思えば10年前、テレビドラマシリーズが始まった頃です。娘リリーと二人暮らしで塾講師としてバタバタと仕事と育児に追われていたある朝、リリーを「朝よ」と起こすと、リリーが「今日は『踊る大捜査線』の日だぁ〜♪」と飛び起きた時の事は、今でも忘れられません。

今日は大好きなテレビがある。…それだけで、一日人に頑張らせる力を与える事が出来るドラマって凄いです! そんなドラマは後にも先にも踊る〜だけ。

最初は、これどんなもんやねんと斜に構えて観ていた私も、2話、3話と回を追う毎に面白くなるストーリーと織田さん演じる魅力的な青島くんに、徐々にどっぷりとハマっていったのでした。斜に構えて観ていた理由は、実家の父が元警察官だからです。が、そんな父も当時、面白く観ていたらしく「織田裕二くん、頑張ってるな〜」と誉めていたのです…懐かしい(涙)

人に元気を与えることの出来る素晴らしい作品というスタンスを貫きつつ、和久さんの「人の希望になってやれ」な青島が、踊る〜3でもまた観られることを本当に心から嬉しく思います(もう作られるって決めてるし)。

                * * *

さて、そんな織田さん曰く「未熟だけれど、やるときはやる青島くん」ですが、10年経ったら「かなり成長した頼れる青島さん」になっていて欲しい。織田さんが以前おっしゃった「青島の5年後、10年後は見てみたい」という言葉は、「青島の成長を描きたい」ということに他なりません。

青島のさらに成長した姿や警察機構の進化を描くからこそ、続編が意義有るものになるのではないのか、と私は思うのです。

残念ながら、(以前このブログにも書きましたが)踊る〜2では、5年後の青島の冒頭は成長どころが振り出しに戻ってしまっていましたが(ストーリーの中でいつもの青島君に成長していた)、40歳になった青島は中堅刑事として大人な魅力に溢れていて、後輩の育成にあたっている位じゃなきゃウソですよね?

                * * *

さてさて、こんな風に(私を含め)外野がかなり煩くなり、大きくなり過ぎて‘作品が一人歩きしている’感が強い踊る〜の続編制作企画ですが、一体この先どんな展開を見せてくれるのでしょうね〜

つづく



AutoPage最新お知らせ