青百・あしたば仲間

★あしたば(明日葉)は、芽を摘んでも摘んでも明日には新芽が出てくる、雑草のように元気で逞しい行動力のある情報集団をめざし
『あしたば仲間』と命名しました。
Since 2005.1.15

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:青葉の百姓
fu-chan、お早う!
こちらに投稿して頂き有難う。
炊いたあと次第に変化する豆ご飯は本当に神秘的な豆ですね。
ツタンカーメンのエンドウ豆は名前も良いが、何せ3千数百年を歴史を隔てて受け継がれて来た豆のロマンをかみしめて食べる楽しさを味わいました。

昔、無くなった母が私が小さいころ静岡で5月頃にこの豆ご飯を食べさせてくれた事を想い出しました。

http://home.t06.itscom.net/kazu-nx/
投稿者:fu-chan
青葉さん、おはようございます。
tってもおいしそうですね!
三千年の歴史のある津タンカーメンの味ですから。ゆっくりじっくり、味をかみしめられたことと思います。
翌日には綺麗なピンク色に変り、神秘的な
えんどう豆に驚きました。
ツタンカーメンという名の由来にふさわしい歴史と生命力を感じさせられます。
貴重なインフォメーションを有難うございました。きっと、青葉さんのお腹もレアなお豆にびっくりされたことでしょうネ!!!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ