2008/3/17

燃えよ!ピンポン(’07) AOLブログトークスレッド  アメリカ

アクセス数:714
投稿日時 2008/3/17 16:00:11
更新日時 2008/3/18 22:00:20

今週末公開の「燃えよ!ピンポン」(←関連サイトです)の、今日のTOKYO FMホールでの試写会招待券がAOLから届いていて、都合がついたので、見てきたいと。

ハリウッドのアクション・コメディー、普段余り興味おきませんが、題材が卓球、自分が学生時代曲がりなりにも8年程したスポーツで、その作品と言えば邦画「ピンポン」等ありましたが、珍しいし、これもどんなものだろう、とは。

かつてオリンピックで敗北、転落人生を歩んでいた天才少年が、FBIの依頼で裏社会の卓球大会に出場、潜伏捜査をする事になり、カンフー卓球の老師の下で地獄の特訓を受けて、というジェットコースター・ピンポン・ムービー、とのことで、

主演ダン・フォグラー、その他出演は、クリストファー・ウォーケン、マギー・Q、ケイリー=ヒロユキ・タガワ等。やはり、CGも駆使のカンフーアクションも加わった、という卓球シーンが楽しみです。

ご覧になった方、なる予定の方の、率直な感想、批評、コメントある方等、自由にどうぞ!(投稿でもメールでも結構です)



1 美女・怪演・珍品卓球アクション

投稿者:- 投稿日時 2008/3/18 22:00:20
更新日時 2008/3/18 22:05:52

昨日見てきましたが、観客は意外と中〜高年層中心、地味めスポーツ、とは思う卓球を+カンフーでアクションものにしたアイデア、「燃えよ!ドラゴン」を半端に借りた内容、という評などもあるようですが、久々の余り何も考えず、楽しむ系作品。

主演のダン・フォグラーは、ずんぐりした体格や、劇中歌を歌っていたり、とぼけぶり等、この作品でトニー賞受賞の新人コメディアンらしいですが、ジャック・ブラックが重なるようなキャラクター。思えば私はアクションもの新作は「M:i:V」以来でしたが、それにも出ていたのだったマギー・Qの、エキゾチックなスキのない卓球名手美女ぶり。2人のミスマッチなロマンスも、どこかコミカル。クリストファー・ウォーケンが、裏社会の首謀者を怪演。

暗黒界の試合のデスマッチ、という非情なハードボイルド性もありましたが、日本代表が相撲のまわし姿で試合したり、スプーンやハエ叩きの真剣かつバカバカしい特訓、CGでの、初めて見たステージでの「卓球ショー」、台もルールも無視、野外でのラリー等、あり得ない光景の数々。やや記憶薄れてますが「ピンポン」の方が、まだ真っ当に卓球シーンを映像化、今回は卓球はあくまでアクションの要素、という感じ。(検索中、同タイトル「燃えよピンポン」('00)という大阪舞台の邦画もあったと発見)

一緒に行った友人は、大学進学の時上京して、同郷の同じ高校の卓球部でしたが、感想は理屈抜きに楽しめた、という所、特に卓球に馴染みあるから、感慨も深い、という内容でもなかったとは思いますが、まあちょっと珍しいものを見て、やや疲れ気味の脳・心が一時緩んだ、という所でしょうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ