2004/9/13

プリンス&プリンセス(’99) AOLメッセージボードスレッド  ヨーロッパ

スレッドマスター:Autumnroom 投稿日時 2004/9/13 3:21
アクセス数:79 更新日時 2004/9/13 3:21

シネセゾン渋谷で今週からレイトショーのみなってしまうので、フランスのミッシェル・オスロ監督の「プリンス&プリンセス」(←関連サイトです)を見てきました。

以前「キリクと魔女」という作品も人気があったようですが、シンプルな影絵で描かれた6話のオムニバスでした。黒い影の中の、ダイアモンドの粒や星の煌き淡い色の花弁などが何気なく美しく、CGや3Dとは趣が異なった味わいが新鮮でした。

江戸時代の日本が舞台の、葛飾北斎の浮世絵をモチーフにした、泥棒に自分を背負わせたまま名所巡りをさせるパワフル老婆!の4話目が一番視覚的にも印象的でした。

その他それぞれプリンセスが登場しますがストーリーは様々で、昔アンゼルセンやグリム兄弟の童話の絵本にわくわくしたようなファンタジーな気分が味わえました。

今回上映されてたのは日本語吹き替え版でしたがプリンセス役が原田知世、プリンスその他は松尾貴史でした。知世嬢の声それなりに似合ってたからまあいいか・・と。もしご覧になった方なる方おられたら感想お願いします。

投稿者: Autumnroom



3「キリク・・」も独特でした

投稿者:Autumnroom 投稿日時 2004/10/3 10:58:47
更新日時 2004/10/3 10:58:47

ハルさん、今後も別SNで投稿されるとのことで良かったです!今後とも宜しくお願い致します。
この作品も、反応ないかもしれないけどアニメファンの方とか一人ぐらいご覧になって投稿いただける方がいるかも・・と思ってスレッド立てたのですが、レスありがとうございます。

「キリクと魔女」はその後ビデオで見たのですが、そうですね、素朴な味わいはあるものの、スーパー赤ん坊キリクの冒険→ラブロマンスへの飛躍!は、子供にはちょっとついていきにくそうで・・やはり今回の作品の方が、恋物語はあっても6話ともお話的にはシンプルで大人も子供も楽しめる気がしました。

映像的には、「キリク・・」は結構普通のアニメのような部分も見受けられましたが、今回の方が本当に黒+色彩のコントラストで見せていた感じで、より「影絵」っぽく、私はこちらの方が好みでした。

パンフレット(開けばポスターに)に記載もなかったので、この作品はジプリ提供ではないようでした。



2『キリクと魔女』は観ています。

投稿者:CLJP haru 投稿日時 2004/9/30 22:56:32
更新日時 2004/9/30 22:56:32

 Autさん、こんにちは!

フレンチ・アニメの『プリンス&プリンスセス』(’99)の感想をありがとうございます。
この作品は、ミッシェル監督の初監督作品だそうで、私は『キリクと魔女』は観ています。
やはりおっしゃっているように影絵の絵本のような作品でしたね。

昨今、立体的なアニメが多い中、作りは素朴な感じがしましたが、内容はやはりおフランス的というか子供向けにしては難しそうで、うまく言えませんがシュールな味わいがありました。
『キリクと魔女』は、あのスタジオ・ジプリが提供となっていましたが、今回もそう?
今回は子供向けの感じでしたか?

                                                ハ ル より
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ